FHF
8月4日は、二の丑ということで、
またぞろ、コンビニやスーパー店頭が
にぎやかになってきました。

第70回放送終わりました。
本日は平賀源内の話の続きです。

本草学者で医者で山師で作家で発明家で画家である
多才な人です。

30歳過ぎてからフィールドはいよいよ広がって
33歳で伊豆で鉱床発見
34歳で湯島で五回目の物産会を開催
35歳で「物類品隲」を刊行し、本格的にオランダ博物学に興味を持ち
蘭書を買いあさり、その資金稼ぎ半分、他人を驚かせたいの半分で
文芸活動を行います。
ほかに、ブローカーや山師としても積極的に動き
45歳の時に、秋田藩に招かれて鉱山開発の指導を行う片手間で
藩主佐竹義敦や、藩士小田野直武に蘭画の手ほどきを
しています。これが、いわゆる秋田蘭画です。
48歳の時に、長崎で手に入れたエレキテルを復元し
50歳で人を殺して牢に入れられ
52歳で獄死しております。

死に際して、「解体新書」の著者で親交のあった杉田玄白は
墓碑に
「嗟非常人 好非常事 行是非常、何死非常」
(ああ非常の人、非常の事を好み、行いこれ非常、何ぞ非常に死するや)
と綴っています。

うむ、さもありなん。

でもって源内先生の魅力を
ケレンみたっぷりにつたえたのが
時代劇「天下御免」
僕のバイブルのマンガ「風雲児たち」

トンでも平賀源内の最右翼
ナショナル時代劇「跳んでる平賀源内」
(平賀源内を西田敏行、田沼意次を藤岡琢也が演じていて
源内が難事件を解決するという話。4ヶ月で打ち切り)
を紹介しました

で、あと私、本日生放送でミキサー初体験
あきちゃん教官にみまもられながら
仮免ドライバー状態で何とか乗り切りました
教官、来週もよろしくお願いします

あとしずかさんから「メール」を頂きました。
ありがとうございました。

やはりナマはいいですね。



♪今日かけた曲♪

♪「Brilliant Dream」 中川翔子
TV「吉宗」Op
 新ブログの女王しょこたんこと、中川翔子の
 (一応)デビュー曲です。(Go for itは「瀧鈴音」名義ですので…)
 Go for it同様に、アップテンポな元気になる曲です
 ちなみにしょこたんのお父さん「故中川勝彦」さんは
 僕の中でのマイフェイバリッと沖田総司俳優ナンバーワンです。
 (日テレ時代劇「白虎隊」で演じられておりました
 「新撰組!」がでるまでは、新撰組幹部トリオの配役でも
 近藤勇=夏八木勲 土方歳三=近藤正臣、沖田総司=中川勝彦が
 ベストでしたから)

♪「キミヘ ムカウ ヒカリ」 新居昭乃
 カップリングの「Aquarium on the moon」をかけようと
 思ったっけ、間違えてこの曲かけちゃいました
 さすが、生放送
 アレンジを担当している「保刈久明」さんは、
 8月18日に富良野に来る小峰公子さんとユニット
 「karak」を組んでいました。
 あと、よく見たらジャケットに
 「*ノイズ風な音が入っていますが、アーティストの意図に
 よるものですのでご了承ください」って
 書いてありましたよw


♪「風待ちジェット」 坂本真綾
 FURANO History Factory 7月のマンスリーパワープレー
 TV「ツバサクロニクル」Ed
 一ヶ月間のお付き合いでした。
 いいね、坂本真綾。

♪「秘密ドールズ」中原麻衣 清水愛
 TV「ストロベリーパニック」Ed
 「まちぶせ」の系列な正当アイドルポップサウンドで
 これに、ランティスの歌詞職人畑亜貴さんの
 作品世界とリンクしながらも、アイドルポップの作品論に
 基づいて作られています。
 ウマいですね。さすが職人
(でも気がつけば、畑亜貴作詞のCDが増殖しているんですけど)

♪「ノーサイド –additional track-」 Fonogenico
 7/17OA「Reason」カップリング
 ご存知松任谷由実さんの名曲「ノーサイド」のカバーです。
 ただでさえ、いい感じで泣ける曲なのに加え
 Fonogenicoボーカルの高山奈帆子さんの、艶っぽくて
 少々けだるい感じの歌い方が、よくあってます。
スポンサーサイト
2006.07.30 らじりば終了
ラジオふらの日曜3時30分からの人気番組
「らラジオリバティー」のコーナー
「FRCあの人にあいたい」の出演が終了しました。

これは、「FRC=FURANO RADIO CLUB」
のメンバーをゲストに招いて、いろいろインタビューされる
という内容のコーナーです。

パーソナリティーのマコPさんやしずかさんと
番組内で絡ませてもらうのは初めてなので
少々緊張したのですが
さすがの仕切りで、楽しく話を展開することができました。
話も、膨らませてくれるし、本当に喋りやすかった。
しずかさんのツッコミも良かったですしね。

内容についても、本当に色々な話をしましたが
中でも、アニソンについて、
以前このブログでも書いたような
音楽業界で低く見られているので、
積極的に「FHF」の番組内でOAをしている
といったような話ができてよかったです。

また、番組内で、やっこどんさんや、木村先生から
メールをいただきまして

有難い限りです。

「FHF」の宣伝もできたので
そのような点でも良かったです。

改めて、パーソナリティーのまこPさん
しずかさんにはお世話になりました。


今日コーナー内でOAした曲
♪ アンジェラ・アキ「THIS LOVE」

♪ 平野綾「God Knows」
 ↑この曲、金曜日もかけましたね。
  好きなんです。

おまけ
 明日の「FURANO History Factory{FHF}」は
 予告どおり、生放送です。
 宜しければ、午後四時、77.1MHzにチューニングを
 あわせてください。

コモン
2006.07.30 お疲れ様~
へそ祭り、終了しました。

土曜日の私はお知らせどおり、
生まれて初の実況中継
あきさんとコンビを組んで
サテライトスタジオを出て金星ストアーの前でに立つ二人…

それにしても、ナマの声と、ラジオの声のタイムラグが
微妙だったり、
こっちが聴きにくいので、向うも聞きにくかろうと思ってか
やたら声がでかかったり、
(例えるならば、ヘッドフォンステレオをして
他人に呼ばれたときにデカい声で「あ゛~」と
応えるみたいなものか)
そもそも密閉式のヘッドフォンを持ってきたにも関わらず
聞きにくくって、スタジオの呼びかけをスルーしたり
しかも、コメント詰まったら、あきさんに
ハイってバトンのようにマイク廻して
(あとで聞いたら、あきさんもそうだったって言ってました…
あれか、時限爆弾ゲームか、)

そんなわたわたぶりだったのですが

皆さんのフォローでつつがなく終了しました。



へそ祭り、参加された方、参観されたかた
お疲れ様でした。
また中継を担当したFRCの皆さんも
お疲れ様でした。


この後、「ラジオリバティー」の
FRCあの人に会いたい、の
ゲスト出演が控えております…。

どーなることやら…
富良野は15時現在
気温は27度 天気はハレ時々曇りといったところ。
へそまつりも、2日目
数多くのイベントを消化しております。


私自身も先日、みこしの担ぎ手さんや
繰上賞の受賞者の取材などをこなしたり
生放送でコメントを言ったりと
なんとかつっかえつっかえですが
つつがなく終了しました。
疲れましたが、なかなか興奮できる体験でした。

今日も、このあとへそ踊りなどがあるのですが
予定では7時からへそ踊りの模様の
実況を担当する予定です。

どうなることやら…。

もし富良野にお越しのさいには
交通安全に気をつけてください。


旭中小近辺では、×自×粛×
(「交通安全の呼びかけでーす
道道上富良野旭中富良野線の旭中小学校近辺を
富良野方面に走行中のドライバーさぁん
スピードで過ぎていませんか。」ってやつです)

しかも鳥沼公園から富良野側に
1キロぐらい進んだところには

牧草ロール

が落ちてましたよw

いくら北海道とはいえ、滅多に無いぞ、こんなの…



くれぐれも交通安全に気をつけてください。
2006.07.28 四日連続の…
FBCコモン ラジオ強化期間
4日連続、ラジオふらの出演の1日目


金曜日(28日)
「へそまつり・ヒストリー・ファクトリー」
終了しました。
それで、
この後、17時以降にお祭りの取材に行きます。
インタビューなどもします。
そんな様子も流れる予定です。


土曜日(29日)は
へそまつり特番で、19時からサブパーソナリティーとして
サテライトスタジオに入ります。
ひょっとしたら実況とかやることになるのかも…
よろしければ聴いてください。


日曜日(30日)は
15時30分から始まるラジオふらのの人気番組
「ラジオリバティー」の中の、16時より始まるコーナー
「FRCあの人に会いたい」にゲスト出演します。
メインパーソナリティーまこぴーさんに、
いろいろ暴かれるらしいです。
よろしければ聴いてください。


月曜日(31日)は
レギュラー「フラノヒストリーファクトリー」(第70回)の日です
ナマ放送決定でおとどけします。



ということで、火曜もどっかの番組にササれば、
6日連続になったりして…
どうなりますことやら。
FHF
FURANO History Factory(FHF=フラノヒストリーファクトリー)
の号外版
「へそ祭りヒストリーファクトリー」の放送が終わりました。


昭和41年、富良野が山部町と合併し、市に昇格したとき
あわせて市民憲章を策定しようとしました。
が、この時に富良野市統合の象徴は何か、
富良野市民としてのアイデンティティーとは
何かという問題に直面しました。

喧々諤々の議論の末たどりついた答えが
「北海道の中心」という自負でした。
そこで、昭和44年7月に制定された
富良野市民憲章には
「私達は北海道の中心標の立つ富良野市民です」
の一節が盛り込まれたのです。

市民憲章の文案を考え、北海へそ踊り考案に
中心的な役割を果たしたのが
「横尾栄治朗氏」「森田藤八氏」「繰上秀峰(本名秀雄)氏」の三人。
この三人は親愛の情をこめて「へそ三羽ガラス」と呼ばれています。


祭りを行うさいで拘ったのは、まずは
「祭りにはユニークさが必要だ。へそを活かした踊りをしよう」
ということ。
これはすずらん商店街の皆さんが考えましたが
最初はなんとかかんとか若者11人集めて
躍らせたそうです。
ま、YOSAKOIソーランも最初は本当に
出場者が少なかったですからね。


あと一つのこだわりは、開催日です。
道内のイベントの多くが土日開催で
へそ祭りも当初は8月15日開催でしたが
第3回以降は、7月28.29日に決定しました。
北真神社の例大祭としての意味合いもありましたし
中心標・へそといったことを大切とした祭りということで
開催日を固定させたというわけです。


へそ踊りの曲「北海へそ音頭」
作詞したのが「へそ三羽ガラス」の一人繰上秀峰氏。

この方は、富良野で最初に稲作を試み、
周囲の反対を避けず家族だけで造田事業に取り組んだ
繰上貞次さんの血を引きます。
20歳のとき補充兵として旭川第七師団に入隊
満州に移駐した時に、関東軍とソ連機械化師団が
激烈な戦闘を繰り広げ、関東軍が壊滅的な打撃を受けた
「ノモンハン事件」に従軍しケガをしてしまいます。

その後、40歳で「くりや菓子舗」を創設
50歳を越えて北海へそ音頭を作詞したというわけです。
へそ音頭以外にも、短歌や詩作を数多くしておりました。


最初は11人で始まった祭りは、第五回の時1000人を超え
第30回大会の時は2日間で140.000人と過去最高の観光客数を記録。
記念では2004年度は観光入込み客数25.000人、
参加者4.400人という、道央有数の夏祭りになりました。

参加数だけではなく、多くの道内の祭りが
出身県の芸能を持ち込んだのと異なって
まったく富良野の独創というのが
道内のその他の祭りとの違いです。

YOSAKOIも出身県ではないですが
高知の郷土芸能ですからね。

しかも、道外に影響を与えたのかも…

今年21回目をむかえたのが
群馬県渋川市の「へそ祭り」
これもメインは「へそ踊り」ですから
21回前って…、「北の国から」の放送は
もう始まってますから…

ひょっとして…

ま、そんなイロイロな観点で楽しめるのが
へそ祭りです。
今年はどんなお祭りになるのか…


今日のOn Air曲

♪「God Knows」 涼宮ハルヒ @中の人 平野綾
「涼宮ハルヒキャラクターCD」
 元々番組の中で、学校祭でロックバンドが演奏するという
 設定で作られた曲、ということで
 王道のガールズロックテイストの曲でした。
 平野綾の歌い方もロックボーカル意識がキマっていて、
 ウマいです。
 オリコン初登場5はこの手のジャンルの曲では珍しい。
 
♪「Shily-go-Round」 Fiction Junction YUUKA
 TV「.hack//roots」Op
 今年上半期では一番おきにいりの曲です。
 梶浦さんの旋律も、歌詞も、アレンジも
 間奏の胡弓の旋律も、南里さんの歌声も
 すべてイイですね。

♪「ラブ・ランデブー」 白石涼子
 アルバム「R」より 
 アンジェラの曲は歌唱力を必要とするのですが
 それを自分なりに吸収して自分のものとしていて、
 自分の個性を出しながら、アンジェラの世界に
 いい形でリンクして、自分の血肉にしています。
 白石涼子さんの魅力が良く出た一曲です。

♪「RAINBOW」
  ROUND TABLE featuring Nino
 TV「ARIA the ANIMATION」Ed
 今日かけた曲の中では少しだけ古い曲ですが
 番組のシメには良く似合う
 まったりした落ち着ける曲なので、クロージングナンバーとして
 選曲しました。
 穏やかな曲調にNinoさんの鼻にかかったような
 かわいい甘い声がよく似合いますね。


ということで、宜しければ本放送も
おつきあいいただいたらありがたいです。

コモン
西浦の三回裏の攻撃も気になるのですが、
楽しみにしてる高校野球マンガがあと一つあって
それが
「実録関東昭和軍」(田中誠 週刊モーニングに連載中)

ま、「おお振り」の対極にある非サワヤカ系高校野球なんですけど。

田中誠さんといえば、傑作競輪マンガ「ギャンブルレーサー」で
知られてます。
競輪のかけひきを軸に、人の底意地の悪さとかを
露悪的かつコミカルに描いてるマンガですが
そのテイストで高校球児を描いています。

思えば「ギャンブル~」の主人公「関優勝」の長男「優一」も
高校球児あがりで、高校野球の描写もあったのですが
そのエキスをさらに濃く煮詰めた感じのテイストで話は進みます。

西東京にある一流半の野球強豪校「関東昭和高校」を舞台に
血と汗と涙w の高校球児の物語ですが
出るキャラ出るキャラ揃って脂っこい。
しかも、ここに描かれている練習内容とか、先輩後輩の人間関係とか
何時代の高校野球…、今日日ここまで、ヒドくねーよと思いながら
笑い飛ばせるところがいいです。


ただ、先日高校野球を見ている時のこと
後ろの席に座ったお客さんが
「こいつら、一生懸命あーとかおーとか言ってるけど
ヤることヤってんだべ、俺らのころの野球部も
そーだったもの」
とか言ってましたが
それはどうかなぁと僕は思いましたが

でも、そんな人が少なくなくって
そんな人が、この話を「ギャグ」や「ネタ」として捕らえずに
「ほんとーにどーせこーゆーかんじなんだべ」
なんて感じで捕らえられたら
どうかなぁと、思わないわけではないのですが。

ただし、一概にそうとも言い切れないところがあって
甲子園出場を決めた駒苫も倉吉北も
部の不祥事で出場辞退してましたし
高知大会の決勝に進出した明徳(結局決勝では高知商にまけましたが)
も言うに及ばず。

と、はいうもののすべての高校球児がそうだというわけでは当然なく
かといって「××高校だから」というわけでもなく
物事すべて、悪いヤツがいていい人がいてという
だけだと思うのです。

「××だからこうだ」「◎◎だからこうに違いない」
といった考え、いわゆるラベリングやレッテル貼りは、
偏見を助長し、自分の視野を狭めるだけだと
思います。

でもマンガとして「実録関東昭和軍」が
面白いのは変わりないです。

五週連続連載ということで、
ひとまず今回は完

と、思いきや

8月31日発売号から
連載決定。

またモーニングを読む楽しみが
増えました。
いやー駒苫は強かったっスね。
準決の北照戦はなかなか接戦でしたけど
その他の試合は力の差を感じました。

決勝も、光星がどうというのではなく、
(普通にウマいチームだと思いました)
それ以上に駒苫の力が圧倒的だったというか…
(余談ですが、光星は、選手の中のメガネ率が
高かったような…)


にしても、リアルの高校野球がアツいと
すっかり「アフタヌーン」の発売日のこととか
意識からとんでて、
職場のKちゃんに「今日発売日ですか」と
前日(24日)に聞かれるまで忘れてました。

ということで、今月の「大きく振りかぶって」です
以下はネタバレ傾向の話ですので
ネタバレが × な人はご遠慮ください。



そうそう、みなさまのお陰で
1000Hit超えました。
本当にありがとうございます。
... 続きを読む
某ラジオパーソナリティーの女性が
自分のことを謙遜して
「あたしは、電波芸者ですから」などと言っておりまして、
なかなか面白いと思いまして

電波を通じてリスナーの御機嫌を伺う。
女性が芸者なら男性は幇間か

っつーこって
あっしも
電波幇間のはしくれとして、
お座敷に声がかかるっつーのが
ありがたいもんでゲスよ。

ということで、ありがたいことに
他番組から、出演のオファーがありました。
お座敷かかりました。

ということで、告知三連発です。

告知①
金曜日(28日) 12時より
ラジオふらの、へそ祭り特番の一貫として、
「へそまつり・ヒストリー・ファクトリー」と題して
45分のへそまつりの特番をします。
普段の「フラノ・ヒストリー・ファクトリー」の番組フォーマットで、
話す内容がへそまつり。のことと
アフターへそまつりはどこへ行くのか?
なんて話になります。
よろしければ聴いてください。

告知②
日曜日(30日) 
15時30分から始まるラジオふらのの人気番組「ラジオリバティー」の中の
16時より始まるコーナー「FRCあの人に会いたい」にゲスト出演します。
メインパーソナリティーまこぴーさんに、いろいろ暴かれるらしいです。
こちらもよろしければ聴いてください。

告知③
へそ祭り関連であと一つ。金(28日)・土(29日)の
19時以降に、取材で街へ出て
インタビューなどをします。
そんな声もラジオから流れるかもしれません。

ということで、今週末金・土・日は
ラジオふらののあちこちに
出没いたします。

また、ひょっとしたら月曜の「フラノヒストリーファクトリー」は
ナマ放送かもしれません。
FHF
先日、講談社 月刊アフタヌーン誌に連載中
高校野球マンガの傑作「おおきく振りかぶって」の
「西浦 対 桐青」戦をめぐり
言い争いになって、勝敗を巡ってうなぎを約束した結果、
無事せしめた私です。
(何人かで話したのですが、負けたのは一人でした。一人負けか。)

第69回放送、終わりました。
陰陽五行思想に基づく土用
その中で丑の日。

中でも夏の土用丑の日には
うなぎを食べるというのが、気がつけば日本人の常識と。

もともとは民間伝承で
土用丑の日には、う、のつく食べ物を食べると
いいという。
なんでも、「万葉集」には大伴家持が夏バテの友人に
うなぎを食べることを勧める和歌があるとか…
どんな和歌だ…

にしても、この家持は、防人斡旋の仕事をしている時
防人から聞いた歌に感じ入るところがあって
万葉集に載せた張本人だそうで。

ま、そこは納得出来るのですが、
「藤原仲麻呂(恵美押勝)」排除の策謀を巡らせたり、
(この時の相方が、漢詩で有名な「石上宅嗣」だったり…)
最期は、陸奥で客死したのですが、その後
「藤原種継(長岡京の遷都と造営責任者)」暗殺に
連座したってことで、埋葬されなかったりして

奈良・平安の歌人が政治に絡むのは
紀貫之だけではないってことで…。


ということで奈良時代にすでにある習慣を
知っていた(と思われる)平賀源内が
夏場に売り上げが落ちることを愚痴った鰻やの店主に
「「本日、土用丑の日」って書きな」
と、アドバイスしたことから
物知りの源内先生が言うことだから…ってことで
流行ったとのこと。

平賀源内は、本職が博物学ですし、本草学ですから
鰻の薬効とかも知っていたのでしょう。

ま、夏の鰻は旬ではないので
鰻自体がヤせてはいるのですが…
でも、滋養満ち溢れる食材であることは変わらず

でも平賀源内先生のスゴさは
こんなもんではないんですね。

そのスゴさとは…

まぁ、それは、
来週の放送でのお楽しみ、ってことで。


今日かけた曲

♪「パラレルDays」 涼宮ハルヒ @中の人 平野綾
「涼宮ハルヒキャラクターCD」
 王道のガールズロックっぽいテイストが◎の元気な曲。
 間奏からサビ前のブレークのつけ方とか
 リズムアレンジや、ギター・リフといい
 コーラスといい、終わり方といい、
 もー、サンキューって感じ。
 歌い方は、「God Knows」と「でしょでしょ」の
 中間くらいで、改めてウマいなーと思いました。

♪「大事♡Da・I・Ji・ R.style」 白石涼子
 アルバム「R」より
 TV「まほらば」Opのセルフカバーです。
 (佐伯美愛さんとの2人バージョンがディフォ)
 ちなみにこの人の声、好きかもって、最初に意識したのは
 「トウキョウブギーナイト」で聞いた、この曲かもしれません。
 アニメは何度か見て、スルーしていたので…
 にしても、聞くからに、キングのアニソンですね、

♪「風待ちジェット」 坂本真綾
 TV「ツバサクロニクル」Ed
 FURANO History Factory(FHF)
 7月のマンスリーパワープレー
 この曲をかけるのもあと1回です。

♪「春の日」 yozuca*
 某月某日OA 「キラメク」カップリング
 yozuca*さんの曲ながら、転調なく
 展開する曲ですが、サビの入り方の絶妙さ
 ワクワクする感じや、リフレインでサビのアレンジを
 カッコよく変えるのが、yozuca*さんの真骨頂。
 声もカワイくて、色んな声でいいですね。
 

♪「NEW WORLD」
 ROUND TABLE featuring Nino
 TV「.hack//黄昏の腕輪伝説」Op
 「Rainbow」「夏待ち」とは違って元気な曲です。
 ギターのカッティングもいい感じですし。
 Ninoさんの鼻にかかったキューとな声もカワイい感じで
 これはこれで、って感じです。



ということで、
今回はガールズロック分豊かな
元気な楽曲中心でしたね。


ではまた、来週、ごきげんよう。

追、ラジオ関連の告知があります。
詳細は明日の当ブログで。
その①
ベンベラネットワークカンパニー(札幌市中央区) 

ご存知行列&スープ切れ覚悟の、超人気店。
この時は午後6時50分ごろ行ったのですが
僕意外のお客さんは2人しかいなかった。本当珍しいことです。

この店の内装は、スープカレー屋に多い
意図的にガチャガチャさせています。

僕の持っている「アランジアランゾ
(=キッコロ・モリゾーのデザインでも有名)」
の写真集「ともだちのへや」の中にある「わるもの」の部屋みたいで
そこがまたアジ。長居したくなる感じです。

ここでは、
トマトチキンのインドネシア風スープ(エピローグ)の4番(大辛)
温泉卵をトッピングして、一緒にビールをいただきました。

スープには、メニューにあるチキン・トマト以外に
ニンジン・コーン・ヤングコーン・シメジ・マイタケ・キャベツ
ウズラ卵・フォーが入ったニギヤカな内容。

ハバネロの辛さが攻撃的で刺激的ですが、
酸味と辛みのバランスがすごくよくとれた
オイシいスープに
目玉焼きをのせた穀物入りターメリックライスが
よくあってウマいですね。

にしても、ウズラ卵・目玉焼き、温泉卵は
少々クド過ぎ?と思ったものの
食べてみたら、イケますわ、全然。
やっぱ半熟の卵の黄身とスープカレーのコラボって
最高のアクセントだと思います。


その②
カトマンドゥー(帯広市西帯広)

店の中休みあけ、夕方の開店時間の五時少し過ぎに
着くように行ったら
(糠平温泉から、ことのほか早く移動できたので
それまで宮脇書店で時間をつぶしていました)
店に電気がついてなくて、
「あれ?やってないの?」と思ったっけ
店を覗き込んだら灯りがつきました。

店内はまず広々として、カヌー、薪ストーブ、楽器、マイクスタンド
といったものが無造作においてあり、
多分簡単なライブくらいなら出来そうな感じ。

ものの本によると店長は昔、ネパールやインドなどを
旅行していたそうで、店名の「カトマンドゥ」も
ネパール好きのためだそうです。

店の看板には、インドカリーと書いてあったのですが、
立派なスープカレーでした。
しかもスリランカ系のさらさらタイプってことで
「カトマンドゥ」の店名からイメージしていた
北インド系のこってりしたスープカレーとは
少々ちがいました。

ここでは、「チキンと野菜のカリー」を注文。
辛さの中にコクがあって、スパイスもパンチが効いている
スリ狂にもあい通じる感じのおいしいスープ。
具のチキンはあくまでも食べやすく、
ジャガイモ、ニンジンはとても甘い。

さすが農業王国十勝。

おいしくいただきました。


ちなみに

道東(日勝・狩勝・石北峠以東と考えていただきたい)で
スープカレー5傑と言えば
僕としては

ワムウ(帯広)

カレーリーフ(帯広)

黒魔術(釧路)

辻谷食堂(弟子屈)

と、あとはここかなぁ。

ありきたりで申し訳ないのですが
参考になれば…

あなたのオススメのカレーやさんはどこですか?
教えてください。



因みに、黒魔術は「ラジオふらの」のしおみさんと
縁があるお店だそうです。
(店内にラジオふらのの名刺が貼ってあったので、
聞いてみたら、お世話になっていた時期があったとのこと。
先日東京中野のカレー屋さん「伽哩人」に行って
落書き帳をみたら、ここにも「しおみさん」の名前が
書いてあって…さすがだ…)

辻谷は、知り合いの同級生がやってる店だということを
先日高校野球観戦の時に12年ぶりに合った知人から聞き
知りました。
 
世間は狭いですね。
2006.07.22 遠軽高校は…
甲子園予選 北北海道大会決勝戦
遠軽高校は残念でした…


そんなにスコアほど
チーム力の差は感じませんでした。
やはり一つ一つのプレイの微妙な差が
影響してくる
野球と言うのは、改めて難しいスポーツです。

とはいえ、主戦の西村君は2年生
なかなかいいボールを持っているので
新チームも楽しみです。

選手のみなさん(特に今までチームを引っ張っていた3年諸君)も
林監督、佐々木部長も、
応援にいったみなさんも

本当に、ご苦労様でした。
ドミニカの後は、札幌に行って
ヲ買い物をしました。


西村しのぶ「下山手ドレス(別室)」祥伝社「アルコール 2」集英社
「メディックス」小学館
山東ユカ「ヒミツの保健室 4」少年画報社
季刊「札幌人」2006夏(特集札幌鉄道図鑑)
高関義博・坂東忠明「北海道わが心の木造校舎」北海道新聞社
青池保子「エロイカより愛をこめて 33」秋田書店
川原泉「レナード現象には理由がある」白泉社
吾妻ひでお「うつうつひでお日記」角川書店
本田透「アストロ乙女塾 星のプリンキビア上」集英社
今野緒雪「マリア様がみてる 仮面のアクトレス」集英社
日高トモキチ「みぞれの教室」角川書店

CD 「涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部番外編CD 1」
   「涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol1~3」
中川祥子「Briliant Dream」
瀧鈴音(中川祥子)「Go for it!!」
中原麻衣・清水愛「秘密ドールズ」
Fonogenico 「Reason」


これらの、戦利品を持ちつつ
ベンベラネットワークカンパニーでカレー。
(感想は後日述)
札幌でヲチマす。


翌日、ホテルで朝食後
夕張に向かって、財政再建団体に指定された後で
はじめて行った夕張で、
旧市街・大夕張・南部・清水沢の発電所といった
いつものコースをたどりました。
なんか心なしかさびしさがましていた
ような気がしました。
(マスコミの報道で「さびれた夕張観」を出すために
あえてヒドいところを映していたのは
閉口しましたが…)
これからも機会があれば
何度も訪れたいものです。

ちなみにお金は残念ながら130円しかオとしませんでしたが
(セコマで買ったジュース代)


その後、日勝峠を越えて
十勝清水のそば屋「目分料」へ

ここでは、冷やしかきあげそばを食べました。
店に入ると、まずは、大きい石臼と水出しソバ茶がおでむかえ
ソバは、1日150~250食程度しかないそうで
11時開店、14時閉店ですが
閉店時間前になくなることも多いそうです。

この日に行ったのは11時30分くらいでしたが、
なかなかの混み方で、
中でも、背広や作業服っぽい格好の人が多かったです。
目の前に、清水町役場や文化ホールが目の前にありますし。

日々のランチがここなんてウラヤマシーですな。

ウマい麺もさることながら
ツユがしょっぱすぎず
しょうゆしょうゆしていないところが好き

それにしても、営業が14時までなのに
メニューに
「久保田」とか「八海山」が
ありました
いいなー
ここで飲みたいものです(またかい)
あと、次は辛み大根のソバを食べたいものです。



その後、「山田温泉」に入ろうと思い、然別湖を越えたら
「山田温泉」は現在改装中で7月20日まで入れないとのこと。

そこであきらめて糠平温泉にいって
最初は「湯元館」に行ったのですが
運悪く清掃中ということで風呂には入れず。

その代わりとして、「中村屋」か「糠平館」で迷ったのですが
河のせせらぎを聞くことが出来る露天がいいので
「糠平館」へ。

ここの露天風呂「仙境の湯」は
ホテルの本館から離れた場所にあり
糠平川のすぐ横にあるので
河のせせらぎの音がいい感じです。
泉質もいかにも糠平って感じで
しっとり感がずっと続く、いいお風呂でした。


その後、帯広に出て西帯広の「カトマンドゥー」でカレーを食べて
(感想は後述)
おうちに帰りました。
遠軽高校が
夏の甲子園北北海道予選の決勝に進出。

今春選抜出場校で
下馬評では圧倒的に有利とされていた
旭川実業を下してですから、
その実力もホンモノでしょう。

というわけで、明日の北大会決勝戦
対白樺学園戦を
応援に行きます。

甲子園まであと一つ。
頑張れ遠軽っ!
富良野~札幌間の車での移動は、
よっぽど吹雪いたり、路面がツルツルだったり
「ママズキッチン」のカレーが食べたかったり(これ大切!)
ということでもない限り三笠経由の道を利用します。

この道を通ると、幾春別市街地外れ、奔別炭坑の巻き上げ機の
威容を見ることが出来たり
特徴のある炭住の建物があったりと、
道中もなかなか見所が多くて好きな道です。
職場の同僚は「うらぶれた感じで、夜は通りたくない」などと
言っていました。ま、わからんでもないですけど
僕は、そこも含めてアジだと思います。
(ただ三芦トンネルあたりのシカは怖いですがね)

ま、好むと好まざるとに拘わらず
富良野の人は札幌へ車で行くのに
この道を使っているのではと思いますが

そんな多くの人が、富良野から幾春別市街に入る前で
ある看板が気になっているのでは?
(うちの職場でも話題になりました)
「ドミニカ料理」「ドミニカ10m」「→ドミニカ」
という、茶色に白で書かれた看板が…。

で、先日機会があって、その三笠の10mで着くドミニカへ
行ってきました。

お店の名前は「Pa‘Mi Casa」
「ドミニカ料理とコーヒーの店」だそうです。
「Mi Casa」とは、ドミニカの公用語スペイン語で
(私の家)という意味だそうです。
ま、店はミカサにありますしね。そんなダブルミーニングでしょう。
なかなか秀逸。
で、中にはいると(たぶん)マスターであろうドミニカ人(推定)の人が
「いらっしゃいましー」と、
関根勤がモノマネをする輪島功一みたいな声で、お出向かえ
午後3時と少々遅い時間だったせいもあり、
「これとこれとこれしかないネ」と言った
指の先にあったメニューの
「ドミニカ定食」を注文しました。

定食の内容は、
ワンプレートの上に、ライス(白飯)・鶏肉のトマト煮(ちょっとスパイシー)
サラダ・揚げバナナがのっていて、
別のカップに豆のスープ(かなりスパイシー)があり、
ライスに豆のスープをかけて食べるとのこと。

僕はスープカレーを食べるときにするように、ライスをスープに
浸して食べました

カレーほどスパイス遣いは複雑ではないのですが
カレーにはないちょっと面白い使い方で、
塩味をベースにした素朴でシンプルなとこが気に入りました。
揚げバナナも、若干塩味がついていて、
揚げ芋(サツマのテンプラ)みたいでこれまたイケル。
ビールが欲しくなりました。

店内も清潔だし、何より外の緑がいい雰囲気で、
テラスで食べたりするのも
このシーズンならではの楽しみでしょう。

基本、料理屋の料理ではなく、多分、家庭料理だと思うので
好き嫌いもあるでしょうし、万人におすすめする味ではないですが
僕は気に入りました。
ま、今度また次のメニューを食べによるでしょう。

ちなみにBGMにかかっていたのが
ラテンアレンジの「オネスティー」でした
少し、こんなところにも
脱力しながらも、ゆるめました。
(この曲を聞きながら、敬愛する田尾和俊先生(「恐るべきさぬきうどん」などの
著作で知られる麺通団の団長にして四国学院大学の教授))が
自著「超麺通団2」で紹介していた、香港でツカまされたパチモンのカセット
「ビリー・ジョエー」=筆記体で書いてある最後の字ℓが、アイマイになっていて、
一見すると見分けがつかないという巧妙なパチを聞いて
腰砕けになったという話しを何の脈絡もなく思い出しました。)

先日の続きです
実は野球を見る前に、吹上温泉露天の湯に行きました。
(またですか!というツッコミあり。知ってるよ)
この日も朝5時に着くように行ったら、地元人ばかり
そこに観光客風のカップルが2組登場。
その女の子のほうに、地元の人が特等席をすすめて曰く。

「いや~、今日もりえちゃん来てくれた~、ってさ~
いい席譲るんだよ~」



地元のオヤジさん流の女の子コロガシを
目の当たりに出来ました。
それにしても「りえちゃん」って…


話は変わって
先日知人に
「富良野近郊で、フツーに女子大生とか喜びそーな
温泉ってドコっスかねぇ」
と聴かれて
「カミホロ荘」と即答したのですが

「凌雲閣」は、登山客とかメッサ多いのと
(特にこの時期ならなおさら)
僕は好きなのですが、あの赤茶色したタオルも染まるお湯が
評価のわかれるところ。
フロントの周りも登山客がフツーにくつろいでいるせいで
少々騒がしい感じがして、そこも好き嫌いがわかれるのでしょう。

「吹上温泉」は、そもそも自炊ですからね
そこがどうなんでしょう。

「フロンティアフラヌイ温泉」の冷たい温泉も
僕は好きですが、僕の職場でも苦手な人がいたりと
好き嫌いがあります。

「ラ・テール」や「ハイランド」は、循環で結構塩素臭がキツいのであまりね

その点、「カミホロ荘」は、
客室のことは知らないのですが、入り口やフロントも清潔感があるのと
温泉は床も壁も浴槽も総ヒバ作りなのがまず○。
(浴槽の中まで、ヒバ作りってのはそんなにないです)
しかも露天も総ヒバづくり。
温泉にぬくめられた木の香りと
フィトンチットの匂いが混ざって
いい温泉だなー… と思うのでは。

天気がよければ眼下には富良野盆地が広がりますし。

という、チョイスです。


僕は気分で、上記(除く、ラ・テール)の温泉を
使い分けていますが。
(広い露天に入りたいときは、吹上、キきそうな温泉に行くときは、凌雲閣
長居したいときやアツい日はフラヌイ温泉、少しくらい遠出してもいいときは
白金か、旭岳、天人峡まで。)

参考になりました?

ま、独断と偏見なのですが…


... 続きを読む
「楽天球団」の社長が、J-WAVEの朝の番組のインタビューで
五感に訴えかける球場って話をしてました。
音や匂いでもワクワクする球場が
魅力的な球場だという話で
納得しました。
これが、楽天黒字の原因の一つですね。


海の日は、予告通り旭川で
高校野球の北北海道大会を見てきました。
改めて野球場はいい空間ですね。
ハレとケで言えば、ケの空間だと
いろいろな評論家の人が言っているのが
実感できます。

中でも「旭川スタルヒン球場」は
日本でもトップクラスのカッコいい名前の球場。
最近では、ネーミングライツで、球場の名前が
コロコロかわってしまうのですが。
ぜひここは、このままで残しておいて欲しいものです。
(函館オーシャンスタジアムも、
由来を知ればカッコいいと思いますよ。
スタルヒン球場にはスタルヒンの
函館オーシャンには久慈次郎のそれぞれ
銅像があってそれもまたアジです。
ま「松山坊っちゃん」や「岡山マスカット」に比べると
名前のカッコよさは分かるのでは)

球場を取り巻くポプラ並木というのも
北海道の球場らしくて○。
外野芝生席も開放的で、いい球場だと思います。

札幌円山球場も、外野いいですね。
しかも、芝生席の中に木が生えてるなんて、
そんな球場って日本中でここだけですよ。

そんな外野芝生席でボーッとプロ野球を
見たこともありましたが、
高校野球は、ネット裏の好きな席で
移動しながら見ることが出来るのがいいですね。


値段も、たった500円で、一日楽しめるのだから
いい娯楽ですよね。
お年寄りの観客とか多いはずです。
ま、ただ見ているだけなのに
「あいつぁーダメだな」などと
ダメだししている人には
カチンとこないことも無いのですが…


さて、一戦目の遠軽×稚内は
遠軽打線がいい感じでつながったのと
一つ先の塁をどん欲にねらう姿勢が
プレーの随所で見られて
いいゲームでした。

3人のピッチャーもなかなか
いいタマを放っていたので
次の釧路商戦とかも楽しみです。
(とか言ってたら、またまたコールドで
勝ちました。次は旭川実業戦です。)

で、次の試合の弟子屈×釧路商は
なんといっても突然の雷雨

売店のある通路に避難をして
再開を待ちます。
7回が終わり、2-1で釧路商業リード。

このままあわや降雨コールドかという場面でしたが、
なんとか2時間以上の中断の後
回復をして試合再開

ただし、私はこの後に控える
ラジオの生放送に間に合わせるために
泣く泣くスタルヒンを後にして、
再開後はラジオで試合を聞いていました。

降雨コールドにならなかったことで
チームが元気を吹き返してくれることを期待したのですが
逆にピッチャーがつかまってしまって
結果6-1で負けてしまいました。

なかなか10人のチームというのは難しくて、
コーチャーも1人は固定ですが、あとの一人は
選手が交代交代で出てきたので
「おお振り」みたいだなーなどと
思っていたのですが、
コーチャーの指示でのアウト(と思われるプレー)
が多かったのが少々残念で
10人チームは、ここもたいへんなんだなと
改めて思ったりして。

そういえば、「おお振り」の西浦高校のモデルとなった
埼玉県立浦和西高校も、東和大昌平高校に10対0で敗退
我が母校、埼玉県立坂戸高校も慶応志木にまけてしまいまして

あとは遠軽高校の活躍にのぞみをつなぎます。

まだまだアツい夏は、これからです。

追伸
次の野球観戦は8月26日 
帯広での広島×ヤクルト戦の予定。

今から楽しみです。
FHF
第68回放送おわりますた。
しかも生放送。
終わりたてほやほやです。

いやー、ナマはいいね。
お客さんのリアクションがみえると
必然的にテンションもあがります。
ミキサーのアキさん、ありがとう。
いつかおいらも独り立ちするからね。

しかも、番組中に「Miyako」さんから
メールをいただいてしまいました。
かえすがえす
ありがたいことです。

ナマっていいですね。


で、内容ですが、
今週の日曜が土用丑の日で
しかも再来週の金曜日も土用丑の日

一日しかない思われている土用丑の日が
なぜ二日も…

そもそも土用って何なのか

ということで
土用と丑の日のお話でした。

土用は五行思想の考え方です

五行思想は、いつか落ち着いて話そうと思っていたことなので
そのきっかけができて良かった。
この話をすれば、いつか吉備真備とか安倍清明(って変換したら
真っ先に「アベの生命」って出てきたんスけど)
の話をしても大丈夫。
風水の基本は五行思想ですから…

で、木が春、火が夏、金が秋、水が冬に
それぞれ対応していて
橋渡しのような役割が
どれにもかかわりのある土ということで
季節の終わりの約18日間を土用といったわけです。

で、毎日毎日子丑寅卯とわっていくと
12日にいっぺん丑の日が来て
土用の時期の丑の日のことを特別視するのは
なぜかというと…

というところで番組は終了。

そうです。来週からは、僕の日本史で
トップクラスのお気に入りの人物が登場です。


今日かけた曲
♪「Go for it」
 瀧鈴音@中の人中川翔子
 TV「アイシールド21」キャラクターソング
 チアガールなんですよね、瀧鈴音って。
 だから、ゴーゴーとかチアの掛け声が入っている
 元気な曲。結構曲中にセリフが入ると
 アイタ と思うのですが、そんなことなく
 自然に聞けました。
 いいね、しょこたん。

♪「夢にみた楽園」
 美郷あき
 ゲーム「ガンパレードオーケストラ」白の章Op
 美郷あきの曲にはいつでも元気をもらえます。
 いいね、アルバム買おうかな。

♪「風待ちジェット」
 坂本真綾
 (Furano History Factory(FHF)フラノヒストリーファクトリー
 7月のマンスリーパワープレイ)
 TV「ツバサクロニクル」Ed

♪「SELECT?」
 長門有希@中の人茅村実里
 「涼宮ハルヒの憂鬱」キャラクターソング2
 長門の呟く声で始まり、長門の呟く声で終わる…
 茅村さんの本当の声もそれなりにカワイイのですけど
 長門の世界観を絶妙にあらわしている
 このキャラソンもなかなか良かったです。

♪「Reason」
 Fonogenico
 TV「×××horic」Ed
 土曜日深夜のけだるい雰囲気によく似合うのは
 オープニングの「19才」と同じですね。
 これ聞くと「あとは寝るだけ」と思うか
 「寝れねーから二十四時間の天気でも見るかなー」
 って思いますもの。
昨日に続いて、最近読んだ本の紹介です。

定金伸治・乙一・松原真琴 著
「とるこ日記 ~“ダメ人間”作家トリオの脱力旅行記~」
集英社 刊

タイトルの通り、定金さん、乙さん、松原さんの三人で
トルコへ行く、ま、珍道中記です。


帯にはさんざんネガティブなことが書いてあったし
書評にも、同様なことが書かれていた記憶があったのですが
そんな先入観で読むと、存外まっとうな旅行記で
逆にビックリ。

作家ならではの洞察力が面白いところもありましたし
むしろ、芸といっても良い「ダメ人間」ぶり
(だって、ミステリーの気鋭、才気あふれる
乙一さんのこの本での呼称は
「ミスター湿ったシャツ」ですから…
…その理由は本書を読んで下さい)
にもクスっとしてしまいます。


でも、

思えば書評では「深夜特急」のような内面の変化が
一切ないのがいさぎよい、と書かれていたような。
確かに、旅行先でいろいろ感動したりの連続であったり
価値観が揺すぶられるような体験をしたとしても
人間の本質というのはそうそう変化しません。
ま、私がそのような体験をしていないだけという
話もありますが…

乙一氏の
「海外へ来たからといって内面の変化は起こらず
日本にいたときと同じ調子だった」
の一文に集約されるような気が。
(この後、氏はゲームボーイアドバンスなどをしているのですが…)
で、文末にも「もう二度と行かない」とか「思い出したこともない」
などと書いているのですが、

そう言っているわりにはちゃんと観光もしているし、
その都度それなりに感動をしたり
さまざまな感想を持ったりしている
ということで、
そういうある意味ギャップも面白かったです。


総評すると

「自分探し」と称して、海外へ行ったり
海外へいけば何か大きな変化があるかもと
期待をしている人達へ
冷や水をかけるという意味でも面白い本でした。

にしても、左半分が定金さんの文章に
右側で乙サンと、松原さんがツっこみを入れるという
装丁が
慣れるまで若干読みにくかったのが
難といえば難かな。

ま、機会があれば。



明日は久々の生放送です。
うー、きんちょーするー。

ってことで、午前中は以前こちらのブログで書いた通り
高校野球を見て、
そのアシでスタジオ入りします。

よろしければ、メールなどいただけると有難いです。
コミックマーケットカタログのサークルカットに
スクリーントーンとか一切使っていない太線の絵。
まん丸のつぶらな目が印象的なキャラクターが描かれていて
サークル名のスペースには
「山川直人」とありました。

これが僕と山川さんの出会いでした。

先日富良野の「GEO」に行ったら
山川さんの単行本
「コーヒーをもう一杯Ⅰ・Ⅱ」(エンターブレイン 刊)が
あったので迷わず購入して読みました。

スクリーントーンとかを使っていない
それどころか、ひたすら手書きのカケアミが
独特の効果を出している
クセがありながら、懐かしい感じで
多くの人にウケる絵ではないとは思いますが
手書きならではの温かい感じが
ウマくていいアジになっています。

この本は、タイトル通り、コーヒーを取り巻く短編マンガ集なのですが
コーヒーを丁寧にいれることがとても魅力的に見えて
読んでるうちに
自分でも、丁寧にコーヒーを入れた
(当然丁寧に焙煎されて挽かれた豆が
ゆっくりとふくらむ様子を観察しながら)
くなったり、
おいしいコーヒーを飲みたくなったり
「さぼうる」みたいな神保町界隈にある趣のある
喫茶店でまったりとしたくなる
そんな本です。

(某マンガ家さんは、このマンガを評して
「カケアミでマンガを描きたくなる」と言ってましたが)
2006.07.14
今回、ラジオの話しでも
カレーの話しでも
旅の話しでもヲタな話しでも
ありません。

ごくごく個人的な話しです。



... 続きを読む
えー、包丁使わないで、フライパンだけで
おいしいカレーがぁー!



7月10日OA分
「FURANO History Factory
〔フラノヒストリーファクトリー FHF〕」の
富良野印度化計画では、
簡単キーマカレーの作り方を紹介しました。

大本になったのは
ししょーこと青木光恵先生の漫画
〔多分、「ささみストリート」だと思うのですが〕
に出てきた
「4コママンガに出てくるウッカリOLでも
失敗しないカレー」
をベースにアレンジしたものです。


材料は

・ひき肉〔適量多ければ多いほどアジがでます〕
・ミックスベジタブル〔適量〕
・トマトの水煮缶
・無糖ヨーグルト〔微糖ではダメ〕
・チューブのにんにく・しょうが
・カレーパウダー
・カレールウ
・その他香辛料〔ナツメグ・シナモン・クミン・コリアンダー
        ガラムマサラなど〕

で、

まず最低限の手順から紹介すると

 ① たっぷりと油をしいたフライパンで
  ミックスベジタブルを炒める。

 ② ①にカレー粉をまぶしてさらに炒める。

 ③ ②にひき肉を入れてさらに炒める。

 ④ ひき肉の色が変わったら③に無糖ヨーグルトを入れる

 ⑤ ヨーグルトがふつふついってきたら
  トマトの水煮缶を入れてトマトをつぶしながら煮る

 ⑥ よく混ざったら、カレールーを入れる。


と、まぁ、これだけの手順でそれなりにおいしいカレーが出来ます。
まるで早朝とか深夜になっている某おなべのCMみたい…

で、たとえば

②の過程でカレー粉を入れる前に、
 おろしにんにく、おろししょうがを入れたり
 ここで、クミンやコリアンダー・シナモンを入れたり

③の過程でもカレー粉を入れたり
 カレー粉の前にナツメグをいりたれ

⑥のあとに仕上げにガラムマサラを入れたりすると

 若干手間はかかるのですが、より本格っぽく
〔このぽくっ、てのがポイントですが〕
 なります。

で、違う歯ごたえを求めるために
マッシュルーム缶や、ウズラ卵缶を入れるのもいいでしょうし
よりカラいのが好きな人は
たかのつめをいれても良いでしょうし

最近ならほんとうに便利なもので
あらかじめあめ色に炒められたたまねぎの瓶詰め
なんてのが売られてますから
それをいれたら、本当においしくなります。
〔ただ、ここらへんなら旭川にしか打っていないのが難点です〕


いつか、番組内で話したのですが
フツーにカレーを作るときに
スパイスもそれなりに入れるのですがそれ以上に
僕は必ず
・おろしにんにく
・おろししょうが〔いずれもチューブので可〕
・トマトの水煮缶
・無糖ヨーグルト

を入れています。
なんか、これだけで、いつも食べているカレーが
それっぽくなる素敵なコンボです。


よろしければ、あわせてお試しください。


あなたのカレーにしている工夫にはなんですか。
ぜひ教えてください。 
FHF
第67回放送、終わりました。

ドイツ文学の中で、日本人のほとんどが
知っていると思われるのが「グリム童話」でしょう。
その次ぐらいが「ネバーエンディングストーリー」や「モモ」の
ミヒャエル・エンデかな。


文学史的には、ゲーテとかシラーとか
ハイネとかニーチェとかトーマス・マンとか
カフカとかといった名前が浮かんできます。

あと忘れてはならない、
現在進行形では、「ペリーローダン」でしょうか
っつーかヲレが生きてる間
完結すんのか、コレ。

それにしても、ここらへんの一連の作家の名前を見ると
どうしても「旧制高校」という単語が浮かんできます。

北杜生氏の「どくとるマンボウ青春記」を学生時代に読み
「こんな高校生になりてー」と思って
学帽が制定されていない学校なのにあえて学帽を被った
ヴァカな過去を持つ身としては、まぁさもありなんか。
北杜夫氏のペンネームも、トーマスマンの小説の主人公の名前から
とったそうですし。

ドイツ文学史の時代区分のひとつ
「疾風怒濤の時代=シュトルム・ウント・ドランク」なんて
まさに旧制高校生活そのもの。
なんてカッコいいんでしょう。
本当に「どくとるマンボウ青春記」か
「摩利と新吾」(木原敏江さん作、旧制高校が舞台の
少女マンガの傑作通称まりしん。
別名ヴェッテンヴェルク・バンカランゲン)の世界

にしても、やはりドイツ語ってカッコいいですね。

そんな疾風怒濤の時代、シュトルム・ウント・ドランクの影響で
ドイツ固有の文学を見直す動きが出て
その中で多くのドイツ童話が採取されていくのですが
これが、改作ものや原典を忠実に伝えなかったものなど
ヒドいのが多く、これに憤りを感じ、童話収集をしていたのが
グリム兄弟だったというわけです。

おりしもこのときはナポレオンが侵攻してきた時期。
ドイツ人のアイデンティティーかをかけた
勝負だったわけですよ。

で、この兄弟に「童話を出版しない」と持ちかけたのが
ブレンターノ氏。喜んで貸し出す兄弟。
しかしブレンターノ氏、原稿無くしやがった。
なにやってんだ、こいつは
昔のマンガのドジっ子か…

ただ、兄弟は童話出版をあきらめず
草稿の写しをもとに1812年に童話集を発行。
以後、何度かの改訂を経て今に至るというわけです。
(ちなみに、ブレンダーノ氏がなくした原稿は
20世紀になって発見されました。スゴい。)

ただし、初版と改訂版は何点か違いがありまして
文章の拙さが直っているところや、
性的表現に対してクレームがついて直したりと
いったところがあります。

そう、ここらへんが
「グリム童話研究本」興隆のツボなんですね。

有名なのは桐生操さんの
「本当は怖いグリム童話」KKベストセラーズ刊で
数多くの追従本を出したりと
一時代を築いた本と言って良いでしょう。

が、

それらの追従本と一線を画している
最近読んで面白かったのは
本田透さんの「本当は萌えるグリム童話」ワニブックス刊です。

本田透さんは、最近のオタクとオタク周辺評論の中では
大変秀逸な論法で話を展開しているライターで
「萌える男」(ちくま新書)「電波男」(三才ブックス)
「電波大戦」(大田出版)など、それぞれ面白く読みました。

最近の萌えムーブメント(という表現はボクは大キライですが)
の周辺を取り巻く状況を俯瞰できる傑作です。

帯の
「白雪姫は天然・シンデレラはメガネっ子!?」
という広告文でヒくかもしれませんが、
読んでいくとなるほどの連続でした。

機会があれば、四冊まとめてオススメします。



余談ですが、グリム兄弟の兄ヤーコプ・グリムは生涯独身で
弟ヴィルヘルム・グリムの奥さんや子供たちと
一緒に暮らしたそうなのですが

生涯、女性経験がなかったという話もあります。

ま、宮沢賢治も、商売関係の女性以外との
経験はなかったという話もありますし。

本当かなぁ。

本当ならば、洋の東西問わず、
童話を書く人って、そうなのでしょうか。




今日かけた曲

♪「Red fraction」 MELL
TV「ブラックラグーン」Op
 FHFでもおなじみKOTOKOさんや
 島みやえい子さん、それに川田まみさんといっしょ
 札幌の音楽集団I‘v soundの人です。
 ゴリゴリの打ち込み系に乗っかるラップ
 ラップ部分とウタ部分の歌声の差とかが
 イイ感じです。
 FHFは道内在住ミュージシャンを応援します。

♪「抱きしめたその後で」 栗林みな実
 ゲーム「ガンパレードオーケストラ」青の章Op
 疾走感と、それにともなう爽快感
 その裏側に見え隠れする、女の子の暖かい感情やサミシサを
 うまく表現している、前向きで気持ちのいい曲です。
 サビや間奏、対旋律でのストリングスの使い方や
 ブレイクの使い方の妙味、気持ちよさは
 栗林サウンドの真骨頂でしょう。

♪「風待ちジェット」 坂本真綾
 TV「ツバサクロニクル」Ed
 FURANO History Factory
 7月のマンスリーパワープレー
 イントロから、バリバリに鈴木祥子さんのメロディー炸裂。
 これを聞いた後、鈴木さんの曲を聞きたくなって
 家のCD棚からCD引っ張り出してきいたくらいにして。

♪「ラヴ・ランデブー」 白石涼子
 アルバム「R」より
 Angelaの同名曲のカバー。
 アンジェラの曲は、独特のクセがあって、そこが
 アンジェラの魅力なのですが、うまいこと
 自分の個性を出しながら、アンジェラの世界に
 いい形でリンクして、自分の血肉にしています。
 「うりょっち」こと白石涼子さんがさらに魅力的になった
 一曲です。

♪「spring has come」 rino
 ゲーム「D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~」ED主題歌
 清涼感のある歌声の持ち主ですよね、彼女。
 少々舌足らずで上ずった感じもしますが
 そこが、味って感じで昇華されていて
 嫌味に感じません。ウマいですね。
 しかもそんな歌声と爽やかな楽曲が
 多分作品世界とマッチしているのでしょう。


ということで、
また、来週、ごきげんよう。


来週は本当にしばらくぶりの生放送
よろしかったらメールなどいただけたら有りがたいです。
職場で関係しているお祭りが
無事終了しまして
とりあえず肩の荷が降りました。

2つ目の地域の祭りは
あくまでもお手伝いなので
少々気楽に取り組めます。

なので、このあとは三つ目のお祭り目指して
土日には準備をするのですけど。

とりあえず仕事での土日出勤は
今週・来週はなし。
少しだけ余裕ができます。



と、いうことで今日は、久しぶりの一日オフ
午前は、「カミホロ荘」へ行きました。
山道を登って、駐車場に車をとめて
外へ出ると





高く鳴く鶯の一声がお出迎え。

それだけで風情にヤられてしまいます。



さて
こちらは、屋内も露天も、板張りで
それも風情があってよろしいです。

また、露天は
眼下に広がる富良野盆地の景色が美しい。

凌雲閣のような赤い独特なお湯ではないですし
吹上温泉のように広くもないですが
木の香りと湯の香りが混ざり
それが景色とあいまって
ここもまた、気持ちのいいお湯です。


その後は「そば」の気分だったので
上富良野町「まん作」へ行ったのですが
駐車場が満車で入れず
しかも、そばは食べたくということで
富良野まで帰り
北の峰「十六文」で
あなご天もりそばを食べました。

アナゴのてんぷら二本と、なす、ピーマン、しいたけの
てんぷらにもりそば。
そばはいつの間にか、二種類から選べるようになっていました。

以前某そば屋であなご天そばを食べたら
あなご天ぷらにごってりと濃厚なタレがかかっていて
ムネヤケした記憶があるのですが…

ここは、天ぷら用の塩がでてきて
最初は塩で食べて、後はつゆで食べたりして
あなごのうまさがよく生かされている天ぷらは
どちらの食べ方でも、あっさりといただけました。

そばもウマいし、風情もあるし
ここもお酒の飲みたくなる
雰囲気のあるお蕎麦屋さんです。



話は変わって

高校野球北大会の組み合わせが発表になりました。

7月17日の海の日の第一試合・第二試合が

 遠軽高校×稚内高校
 弟子屈高校×釧路商業

この日はスタルヒンに
野球観戦に行くことに決定。

4時からはラジオをナマでやる予定なので
応援は抑えメでと考えていますが…
はてさてセーブはきくかなぁ。

ということで、7月17日・海の日の
「フラノヒストリーファクトリー」(FURANO History Factory FHF)は
生放送を予定してます。
よろしかったら、メールなどいただけたら有りがたいです。

コモン
プジョーに乗って出勤であります。

いえね、自転車なんですけど…、

職場で駐車場のスペースを確保しなければならないので
近隣に住んでいる人は、自動車で職場へ来るのを
自粛して欲しいとうわけで

でも近い距離とはいえ
久々の自転車は気持ち良かったです。
この時期の富良野と自転車は
非常に良く合いますね。


蛇足ですが
愛車の名前は「乃梨子」といいます。

元ネタは「マリみて」なんですが、

ヴァカでゴメンナサイ
お祭りのシーズンです。
しなければならないことが錯綜して
ナカナカ忙しいのですが
なんとか乗り切らねばという感じです。

今、まさにまっつ最中の
職場が関係しているお祭り一つでも忙しいのに
それが終われば、地域の祭り
それが終われば、僕的には一番大切な
夏のお祭りといって
自分が関わる祭りが続いて

なんか三つ乗り切っているうちに
夏が終わりそうなそんな気がします。

ま、踊るアホーに見るアホー
同じアホにせ踊らにゃソンソン
という名言もありますからな。

ま、せいいっぱい踊りますわ。
7月2日の当ブログで「ヒノデダイナー」のカレーを評して
「僕の中では札幌以北のスープカレー屋さんでは
確実の5本の指にはいります。」
などと、ノンキな記事を書きましたら、
みかんさんからコメントをいただいたり
したのですが

ま、どこのスープカレー屋さんも美味しくて
ランキング化するのも無意味なのかもしれませんし
そもそも食べ物に優越をつけるのも不遜な行為なのです





ま、お遊びだと思って
お付き合いください。

イキオイと慣用句で、5本の指とかいうものの、
ベスト3が、まずずば抜けていまして

旭川「寝釈迦」(旭川市永山)

滝川「Mama’s kitchen」(滝川市江部乙)

富良野「ヒノデダイナー」(富良野市日の出町)

の三軒はまずいいですね。
近くに行くだけで、つい寄りたくなる三軒です。


で、五本の指といったのものの
あとの二つは迷いますな~

ま、候補としては
岩見沢「シーズ・ザ・デイ」(岩見沢市七条)
旭川「チロ」(旭川市大町)
旭川「くい亭」(旭川市四条)
東川「ポモドーロ」(東川町西町)
富良野「ワンダー」(富良野市日の出町)

がきて

僅差で
旭川「ラマイ」(旭川市豊岡)
旭川「キャンデイースパイス」(旭川市三条)
富良野「魔女のすぷーん」(富良野市日の出町)
富良野「やまのどくそん」(富良野市北の峰町)

あたりですかね。

うーむこれらのお店は
甲乙つけがたいですな。

機会があれば、ルーカレー編も
披露します。



あなたのオススメのカレー店はどこですか。
ぜひ教えてください。

2006.07.04 部員十人で…
富良野高校と富良野緑峰高校は残念でした。
いえね、高校野球の話なんですが…

しかも富良野高と緑峰高を立て続けに破った
旭川南高校が、下馬評を覆して北北海道大会へ進出です。

旭川南高戦の富良野高は、
8回表までリードしていて
八回ウラに追いつかれて
九回ウラにサヨナラですから…

うーん、惜しい。

緑峰も4点差でしたし

決勝はコールドだったのに…


かえすがえすも惜しかった。

富良野高・緑峰高の野球部の皆さん
並びに関係者のみなさん
本当にご苦労様でした。



さて、当ブログでも書いておりますが
私、富良野市に住む前には遠軽町に住んでおりました。

そこにある遠軽高校も北大会出場です(喜)。

ま、こちらの学校は、昨年度北大会決勝まで
行きました。

去年の8月にOAした「FHF」でも話したのですが
昨年の代表、旭川工業の一回戦の相手は富良野高校で
決勝の相手は遠軽高校でした。

うーん因縁。


といったように、遠軽高校は北大会の常連なのですが


その前に住んでいた弟子屈町にある弟子屈高校が、
釧根地区大会を勝ち抜き
北大会へ33年ぶりの出場を決めました(喜)。

しかも、ここの学校は部員は全員で10人。
リアル西浦高校(「おおきく振りかぶって」の主人公たちのチーム)か

ただ西浦高校との違いは、1~3年生まで部員がいるということと、
弟子屈高校は全校生徒が190人という
小規模な学校だということです。

ただ、1~3年生までいるとはいえ
1年生部員は1人しかおらず
このままいけば秋季大会への出場も
危ぶまれているようです。

だから、試合で勝利をするとともに
ここで頑張って、部員を増やすということも
課題のようなのです。

頑張れ弟子屈高校。
頑張れ遠軽高校。


ま、下馬評でいけば、北大会は
選抜出場の旭川実業が本命、駒苫と互角に戦った白樺学園が対抗といった
感じなのですが

旭川南・遠軽・弟子屈の戦いぶりも
注目です。

7月7日に抽選
15日から一回戦。

アツい夏はこれからです。

FHF
ドイツのイモ野郎

ってのは、大好きなマンガ「エロイカより愛をこめて」
〔青池保子作 秋田書店〕
で、主役級のNATOの鉄のクラウスこと「エーベルバッハ少佐」が
宿敵KGB〔があった時代からの長期連載なんです〕の
「仔熊のミーシャ」とかによく言われていた言葉です。

このお話は、独特の美学を持つイギリス人怪盗
「ドリアン・レット・グローリア」伯爵〔通称エロイカ〕が
あちこちの美術品を盗む時になぜか
国際的なのもろもろの陰謀が絡むというのが大筋で、
陰謀を阻止するために活躍するうちに
伯爵に翻弄されてしまうのがNATOの諜報部、
「クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ」少佐
その宿敵がKGBのコードネーム「仔熊のミーシャ」
これらに、アラブのオイルダラーや
イタリアンマフィアが絡んだりと、
掲載誌が「プリンセス」とは思えないほどの
ハードな設定と、細かい取材がされている傑作です。

ソ連解体にともなって、連載はどうなるんだと思いましたが
現在は旧ソ連の負の遺物をめぐったり、
テロリストを相手にしての国際紛争が
筋となっていて、いまだに高いテンションで
連載が続いています。
僕がこの話を、後輩の勧めで読み始めた高校生の時とかから
そうとうアツかったのです。


ってことで、

7月3日、第66回放送、終わりました。

まだまだドイツがアツいです。
先週はビールとジャガイモの話をしましたが、
今週はドイツ料理全般の歴史や風土に与えた影響。

寒く農業に不適な土地が、ニシンでもキャベツでも
なんでもかんでも酢につけるという
習慣を生み出しまして
とりあえず、ドイツ料理屋とか行ったら
「ザゥワークラウト」は頼みますものね。

あと、肉がカタいものしか手に入らなかったことから
腸詰料理や、ハンバーグといった
ひき肉料理が発達したのですね。

ハンバーグは、12世紀のモンゴル人「バトゥー」の
大遠征とかによって伝わったタルタールステーキを
焼くようになって

それが19世紀のアメリカで行われた勧業博覧会で
「ハンブルグ風ステーキ」という名で
伝わって、英語風読み方になって
「ハンバーグ」になったわけです。

モンゴル発祥の料理としては、
焼肉もそうなのですが
焼肉が一般化した明治時代、
しかも同じ時代に洋食の定番メニューとして
アメリカから伝えられたハンバーガー

700年以上の歳月を経て
地球の東と西をぐるーっと回って
日本で再び出会うという。

うーん、ここらへんが歴史の面白さですな。



♪この日にかけた曲♪

♪「God knows…」涼宮ハルヒ(CV平野綾)
TV「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌
番組で、ハルヒがライブをするシーンを見たときから、
「これは…」と思っていたのですが。
(作画が神だったのも含めて)
こうやって聴いてみると、やっぱいい曲ですな。
知人は、ロック意識の平野さんの歌い方が
違和感あると言ってましたが、
僕は使い分けできていて
なかなかウマいなぁと思いますよ。


♪「甘い苦い時間」いきものがかり
6/19OA「HANABI」カップリング
「HANABI」が、デビュー作の「SAKURA」と
大きく異なったアップテンポのロックナンバーですが、
カップリングのこの曲は、「SAKURA」に近い
テイストです。青春の時期独特の
いたいくらい、ひりひりするような
せつなさがあるのは、全部共通します。

♪「風待ちジェット」 坂本真綾
TV「ツバサクロニクル」ED
FHF七月のマンスリーパワープレイ
坂本さんのミディアムテンポの名曲
聴きなじみのある曲だなーと思っていたら
なんと作曲が「鈴木祥子」さんでした。
このジャンルの音楽に90年代の初頭に聞きまくっていた人が
どんどん参入してきていて、ウレしいかぎり

♪「Bilieve My Love」 Aice5
6/19OA「友情物語」
「友情物語」が90年代絶好調だったキングレコードの
直球のアニソンって匂いがするなら、
この曲はガールズアイドルグループの歌う
直球のアイドルソングの匂いが。
ソロのパートをまわすところとか
うーん、定番って美しい。
ただし、ギターのカッティング風が
クールで今風といえます。


♪「ダ・カーポⅡ~あさきゆめみし君と~」 yozuca*
ゲーム「D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~」主題歌
Aメロ・Bメロがメジャー進行で
サビがマイナーになるという、クールな曲調が
ダ・カーポシリーズ曲のある意味定番なのですが
この曲の進行は、メジャーで進行のままサビに突入するものの
そこがカッコよく、印象に残るメロディーに
歌声がマッチしています。
佳曲です。
2006.07.02 土日なのに…
金曜の夜にされた会話…

「明日も明後日も、仕事夜9時過ぎまでだから」
「なんですと…」

土日なのに…


ということで、あぶらっこい休日出勤の前には
温泉行くっかないっしょー

というわけで

土曜の朝は「フロンティアフラヌイ温泉」へ行って来ました。

ここは、ここ近隣で唯一朝七時から入れるので
たまに朝風呂で使います。


一昨日も書いた通り、昔私は弟子屈町に住んでいました。
弟子屈といえば道東屈指の温泉の町なのですが
ここは朝5時から営業している公共温泉とかあって
しかも、公共温泉といっても、ただ湯槽があって
そこにざんざんお湯が入ってきて
湯槽からざんざんお湯があふれて行くという
そんな素晴らしい公共温泉でしたが、
職場の朝野球の後とかにしばしば利用してました。
150円で、早朝から極上の温泉に入れるという
なんという恵まれた環境だったのでしょうか。
(現在公式には、この温泉は6時から営業となっているようです。
でも、それ以前からも開いているようなのですが
湯銭も200円に上がったようです。)
その他、様々な温泉に格安で入り放題でしたし。

機会があれば道東には、
一週間とかゆったり時間をとって訪れたいものです。


話を戻して、

「フロンティアフラヌイ温泉」は、
31度の源泉そのままで入れる湯槽と
わかして42度くらいにした湯槽の二つがあり
どちらも気持ちイイ。

毎週火曜日の(いろいろな意味での)出勤時のお楽しみ。
〔それ以外の日は当然「おはようふらの」を聞いていますよ〕
HBCラジオ「さくらいひろしの今朝の三枚おろし」
火曜のコメンテーター「舘浦あざらし」氏が
自分が編集している雑誌「北海道いい旅研究室」
(この雑誌のおかげで、循環ろ過の温泉が持つ
問題点が明確になったような気が)で
この温泉のことを「しゃっこい温泉なんよ~」と
たいへん的確な表現でホめていまして。
うん、わかるわかる。

しかも、31度の湯槽には入っていると
しゃっこいだけでなく
次第にほかほかしてくるのに加えて
びっちりと細かい泡が体について
これまた気持ちいいんです。
道内でも、この手の温泉は珍しい。

熱い湯と、しゃっこい湯と交互に入ると、
なんぼでも温泉を楽しむことができます。
そう、ダラダラ出来るのも、ここの魅力ですし
僕的にポイントの高さです。

ただ、日曜の午後とかに行くと、込んでいるため
あまりダラダラできないので
朝は狙い目ですね。

とはいえ、この日は8時から仕事なので
40分ほどしか滞在できなかったのですが…

でも、充分気分転換になりました。



昼は「ヒノデダイナー」でスープカレー。

最近は、この店の前を通るときに、
いつも込んでるな~と外から見ていたました。
この日も12時15分前に行ったら
22席のうち、半分以上がウマってまして。
会話に聞き耳を立てたら
どうやら観光客っぽい人が「うまいね」「うまいね」とか
言いながら食べてました。
ここのカレーは、
ご飯の上に散らされているハーブといい
しっかりとした味の野菜やトリといい
辛味とウマ味のバランスのよさといい
いつ食べてもウマいね。

僕の中では
札幌以北のスープカレー屋さんでは
確実の5本の指にはいります。
あー、きょうもウマかった。
ってことで、なんとか今日を乗り切るだけのパワーを
小刻みに注入しながら、なんとかもちました。


でもって日曜。

いつもの早起きをして
いい天気でもあるし
温泉でダラダラしたかったので
吹上へ

今日も多いときに下の湯八人、上の湯四人程度
でも、温泉に行こうとして人の多さを見て
引き返してきた(推定)カポーも居ました。
ま、朝六時前なら、人いないと思うでしょうな。
でもいるのが吹上露天の湯

でも今日も比較的静かに
常連さん風の
「橋本さん死んだな」
「まだ若かったのにな」
「一億円もらったの覚えてないとか言ってたな」
「俺なら千円でも覚えてるんだけどな」(笑い)
といったようなユルい会話がタマにある程度で
水音や鳥の声などを堪能いたしました。


昼は麦秋

いつものカツカレーやエスカロップではなく
今日は富良野野菜のごろごろカレーを食べました。

ここのカレーは、奇をてらったような感じが一切なく
素朴な洋食屋さんの直球カレーといった感じで
アキのこないのが魅力で、何回でも食べたくなります。
しかも、カレーメニューは本当にくいでがある。
今日注文したカレーも具材とカレーがウマかった
茄子も蕪もインゲンもホウレン草もにんじんも
ジャガイモもししとうもピーマンもパプリカも
ぜんぶウマかったです。

来週も土曜なしでがんばらなければならないので
気合を注入したというわけです。
ま、今週に脂っこいお仕事が一つ峠を越えるので
それまでの辛抱です。
ってことで


おまけ
富良野のGEOに「ハルヒ」のDVDが売ってました。
幸せの青い鳥は、身近なところにいる。
ってこよとで…
残念ながら、通常版でしたが…、

まだあと一枚残っていました。