昨日、箱根駅伝の予選会がありました。

今年は49校からの10校が本戦進出ですから、
なかなかの激戦ですが、わが母校は1位で予選会を突破することが出来ました。

選手、ならびに監督・スタッフなど、関係者のみなさん、心よりご苦労さまでした。

おかげさまで、お正月に母校の走りを応援をするという楽しみが増えました。

本当にありがとうございます。


今年の予選会は、山梨学院、大東文化、拓殖、日大、明治、國學院、創価といった
昨年のシード落ちチームに加えて、

中央、城西、東京国際、専修、亜細亜といった、
昨年の予選会落ちチームがいりまじるので、
なかなかハードでしたが、一位での通過です。


恒例なので、校歌を歌いましょう


♪ むらさき匂う   武蔵野の
 緑あかるく    咲く望み
 常に真理の    丘に立つ
 我等が母校の   伸びゆくところ
 輝く歴史を    新たに書かむ
 その眉若き    生命は燃えて
 翔ける大学帝京の 校章見よや
 いざ 讃えむ日本の
 栄光になうわが帝京~ ♪


ということで、こちらが結果です。



1位帝京大11年連続19回目10:04:58
2位大東文化大6年連続49回目10:05:45
3位中央大2年ぶり91回目10:06:03
4位山梨学院大32年連続32回目10:06:21
5位拓殖大5年連続39回目10:06:27
6位國學院大2年連続11回目10:07:35
7位國士舘大2年連続46回目10:07:47
8位城西大2年ぶり14回目10:08:50
9位上武大10年連続10回目10:09:42
10位東京国際大2年ぶり2回目10:10:34

~以上が箱根駅伝出場~

11位日本大10時間12分05秒
12位創価大10時間13分04秒
13位明治大10時間13分05秒
14位専修大10時間13分40秒
15位麗沢大10時間18分46秒
16位東農大10時間18分58秒
17位日本薬科大10時間22分28秒
18位流通経大10時間22分37秒
1位筑波大10時間23分43秒
20位亜大10時間26分32秒
21位桜美林大10時間28分25秒
22位平成国際大10時間30分05秒
23位駿河台大10時間31分19秒
24位関東学院大10時間31分29秒
25位武蔵野学院大10時間36分21秒
26位明治学院大10時間42分07秒
27位慶大10時間42分42秒
28位東京経大10時間45分55秒
29位立教大10時間51分50秒
30位芝浦工大10時間51分51秒
31位東京情報大10時間52分37秒
32位東大11時間00分18秒
33位東京理科大11時間14分01秒
34位学習院大11時間16分05秒
35位千葉大11時間19分33秒
36位上智大11時間19分34秒
37位一橋大11時間23分25秒
38位帝京平成大11時間24分36秒
39位東京学芸大11時間28分58秒
40位首都大学東京11時間29分26秒
41位東工大11時間30分03秒
42位防衛大11時間30分35秒
43位埼玉大11時間33分07秒
44位成城大11時間37分01秒
45位横浜国立大11時間38分09秒
46位国際武道大11時間39分38秒
47位茨城大11時間40分33秒
48位高崎経大11時間41分32秒
49位東大大学院12時間08分41秒


昨年箱根路にその雄姿を見せた、日大、明治大、創価大は予選落ちで
残酷ですが、これが予選会のルールです。
勝負の世界は厳しい。としか言いようがありません。

そんなのを見ていると、三浦しをんさんの名作「風が強く吹いている」のシーン
そして、この名シーンなども含めて、すべてを見事にコミック化された、
海野そら太さんの描いたそれぞれのシーンをも思い出してしまいます。


ちなみに、個人成績上位25位は以下のとおりです。

1位レダマ・キサイサ2年桜美林大57分27秒
2位ドミニク・ニャイロ3年山梨学院大57分33秒
3位サイモン・カリウキ3年日本薬科大58分11秒
4位パトリック・M・ワンブィ3年日大59分02秒
5位ムソニ・ムイル2年創価大59分06秒
6位タイタス・ワンブア2年武蔵野学院大59分10秒
7位畔上和弥3年帝京大59分30秒
8位中山顕3年中大59分36秒
9位林日高4年大東大59分38秒
10位坂本佳太4年上武大59分41秒
11位住吉秀昭3年国士舘大59分43秒
12位岩佐壱誠2年帝京大59分44秒
13位原法利4年大東大59分48秒
14位舟津彰馬2年中大59分48秒
15位戸部凌佑3年拓大59分48秒
16位佐藤諒太4年帝京大59分48秒
17位堀尾謙介3年中大59分49秒
18位西智也4年拓大59分51秒
19位赤崎暁2年拓大59分53秒
20位近藤秀一3年東大59分54秒
21位川澄克弥2年大東大59分57秒
22位太田黒卓3年上武大59分58秒
23位上田健太4年山梨学院大1時間00分00秒
24位金子元気3年城西大1時間00分01秒
25位シテキ・スタンレイ4年東京国際大1時間00分04秒


ちなみに、わが母校の4位以降の選手のタイムは以下のとおり。

38位 1:00:24 5 竹下  凱(3年)
46位 1:00:37 10 田村 丈哉(2年)
53位 1:00:44 7 横井 裕仁(3年)
63位 1:00:52 12 吉野 貴大(2年)
87位 1:01:03 9 島貫 温太(2年)
95位 1:01:07 11 平田幸四郎(2年)
101位 1:01:09 3 渡辺 貴裕(4年)

前回、予選会を抜けたときは、1時間を切る選手が一人もいなかった唯一のチームでしたが、
今年はTop20に3人入っています。
さらに10人目も1時間1分09で走りきってます。
この力で、なんとか本選でも勝負できるのではないかなぁ。

日本人トップタイムの畔上選手は、今年の箱根で4区区間五位でした。
総合タイム12位の岩佐選手は、今年の箱根で7区区間八位
さらに箱根1区で区間七位だった竹下選手、
箱根6区で区間9位だった横井選手、9区で区間8位だった平田選手など
いい走りをしていますし、

昨年の山登りで区間18位だった佐藤選手が総合16位というのが
楽しみな要素です。
ファイヤーレッド旋風を箱根で吹かせてほしいものです。


さらに他大学に目を移すと、
昨年の予選会で、今年の箱根の出場を逃した中央大学が、復活しました。
2年生キャプテンの舟津選手がチーム2位、全体で14位の快走を見せ、
堂々三位での予選突破です。
2年生でこのキャプテンシーもすばらしいですし、
タイム1時間をきる選手も3人います。
4年生も頑張らせつつ、若いチーム作りをした藤原監督がすばらしいです。
今回予選会で13位だった明治大学は4年生を1人もエントリーしませんでした。
ここらへんが差がつきましたかね。
スポーツニュースでは、記念写真で全員が
手で、Cの文字を作っていたのが、いい感じでした。
自分の母校の近くでもありますし、赤でCってのが親近感もてますね。

帝京、中央以外にも、タイムで1時間をきる選手が
3人いるのが、大東文化、拓殖と、ここらへんも要注意ですか。


そして、2度目の箱根路を決めたのが東京国際大学。
ここは、私の実家から徒歩10分のところにある大学です。
子供のときから、初めて行った大学の学校祭はこちらのものですし、
新興住宅地ゆえか、大きいお祭りが少なかった中、楽しかった記憶があります。

思えば、水あめをはじめて食べたのも、ロックの生演奏を初めて聴いたのも、
近田春夫氏のトークを聞いたのも、こちらの学校祭だったなぁ。
近年は、野球部に古葉武識氏を招いたりしていましたが、
駅伝部も総監督に横溝三郎氏を招聘し強化して2度目の出場です。

日清食品グループでのランナーから箱根を目指す、
異色の30才1年生渡辺選手がチームを引っ張っていた姿をテレビで見ました。
ここも注目です。

それにしても、この大学の最寄り駅である
東武東上線の霞ヶ関駅とか、JR川越線の的場駅には
横断幕とか出たりするのでしょうか、あー、見てみたいです。


そのほかにも、あまたの猛者が控えていることでしょう。

こちらのほうは、毎年12月上旬に発売されるベースボールマガジン社の
「箱根駅伝 完全ガイド」を楽しみに待ちたいと思います。



選手やチームの皆さんにつきましては、予選会からもう一度箱根にピーク作っていく
調整が至難の業であることは、さまざまなところでいわれていて百も承知ではあります。


わが母校に関しましては、今年も、シード権獲得を目指してがんばってほしいものです。

箱根まであと79日

ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
カープ、ファーム日本選手権優勝が決まりました。
選手権2度目の出場で初優勝です。

おめでとうございます。



日本一を目指す1軍にさきがけて、よいニュースが入りました。




カープはウエスタンリーグで優勝するのは、91年以来26年ぶり9度目ですが、
ファーム日本選手権が始まった1987年(1987~1996年は「ジュニア日本選手権」)以降では
2度目の優勝でした。

1991年に優勝したときは、イースタン優勝のジャイアンツに、
8-7で敗北したので、リベンジかなうです。
(ちなみに、大会のMVPは呂明賜選手)

されにしても勝ち方もよかったです。

カープが花咲徳栄高卒新人左腕の高橋昂也選手が6回3安打2四球2失点と粘り、
打線も、先発の今村投手こそ打ちあぐねていましたが、
代わった1軍でも実績のある高木オム勇人投手から2点奪い
同点においつき、なおワンナウト1.2塁。
左バッターなので登板したFA戦士森福投手から、
坂倉選手が逆転のスリーランホームランです。

ああああ、この興奮する展開と爽快感。

FA選手がファーム日本選手権に出るのは初めてだそうですし、
今年のFA3人取り30億補強という、巨人の補強を象徴する、
そんなピッチャーから、育成のカープの象徴である、高卒キャッチャーの
パンチある一発です。

あああああ、坂倉くんすげぇええええええ。
先日見に行った、ベイスターズ戦のヒーローインタビューが思い出されます。

さらに。リードしたあとは、辻、戸田、藤井、三投手が
3人で1安打無四球無失点でつなぎました。

戸田、藤井両投手は、先日横浜スタジアムで、辻投手は由宇で見ました。
戸田、藤井両投手はCS、そして、日本シリーズでもキーになりそうです。


7回のカープの攻撃も、堂林選手がレフト前で出て、メヒア選手が歩いてからの、
小窪選手、美間選手の連続タイムリーです。
ああ、自分で見た選手が活躍するのって、ほんとうに気持ちいいです。

勝ち投手&優秀選手 高橋昂也選手
MVP 坂倉選手。あああ、この高卒ルーキーバッテリー!!!


そして、由宇軍の将 水本監督です。
「実感はないですけれど、カープ初の日本一ということで、すごくうれしいことです」
「ファーム選手権を見て頂いてありがとうございました」
と球場に集まったファンに一礼してから
「1年生バッテリーが良い経験をさせてもらって、持っている力を出してくれた。
(坂倉は)ナイスバッティング!」と教え子たちを手放しで称賛したそうです。

水本監督は、ドラフト外で1990年に広島に入団しましたが、
1軍の出場は1度もないまま2年で引退。
ただし、当時の三村監督から、野球選手としては無理だけど、
見る目があるから、裏方としての力をつけてほしい、
といわけて、ブルペンキャッチャーになって15年経験を積んだ上での、
コーチングスタッフ入りという苦労人です。

現在1軍の高コーチとか、畝コーチもそうですが、
こういうのも、カープっぽいです。

さらに、インタビュー中では、ジャイアンツをリスペクトする姿勢も
いい感じでした。
(現在イースタン3連覇中のジャイアンツ。現在の内田監督も、
カープで活躍されたかたです。)

インタビューの最後には
「日本一となりましたが、選手たちにはもう1つ上の目標があります。
一人でも多くの人が一軍に上がるように頑張っていきます。
この経験を一軍に上がる糧にしてほしい」と諭すように選手たちに語りかけたそうです。

ああああぁ、由宇軍、サイコーです。


ということで、恒例でございますので、
みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
おみくじ引いて申すには~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!


♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
空を泳げと 天もまた胸を開く  
今日のこの時を 確かに戦い  
遙かに高く 遙かに高く 
栄光の旗を立てよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
一投一打が 勝負の全て   
闘志をつくし 闘志をつくし 
今ここで花と咲けよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
その意気愛して 見守る我らの  
明日へ続く 明日へ続く 
きりのない夢であれよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ   

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
栄光手にする その日は近いぞ  
優勝かけて 優勝かけて 
たくましく強く踊れ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



ファーム日本選手権で、最後にチャンピオンフラッグをもらいまして、
来年はこれが由宇にはためくんですかね。

また来年、由宇にも行かなければ行けないですね。



ただ、こんないいニュースがありながらも、
寂しいニュースがあるのも、この季節です。


カープは来シーズン、
梵選手、今井選手、小野選手、多田選手、松浦選手と、契約をしないことを
発表しました。

この間行った由宇で、全員見ていただけに、
本当に残念ですが仕方ないですね。

ああ、梵~っ!!!!!!
梵戦手は本当にその守備と打撃と走塁に魅せられました。
「燃えーろ燃えーろそよぎー♪」の歌い収めが由宇になるとは…
願わくば、どこかで現役を続けてほしいです。


今井選手も、つらい時期に中継ぎで支えてきましたし、
今年も2軍での防御率が1点台だったので、なんとかなると思ったのですが。
しかも、今井選手は今季での引退を表明しました。

今までお世話になりました。ありがとうございました。


小野投手はペローン青木投手とのトレードで、ジャイアンツからきまして
その投げっぷりから、小野っぷり と評価された選手で、
今井選手同様、苦しいリリーフ陣を支えてくれました。

今後の進路はまだ未定みたい。また、どこかで、その小野っぷりを見たいです。


さらに、多田、松浦、両捕手です。

一軍の翼、石原両捕手に加え、磯村選手
今回のファーム日本選手権のMVPになった坂倉選手、
さらに、船越王子と充実しているキャッチャー陣なので
枠的にやむをえないところですか。

多田選手は、由宇に見に行ったとき、レフトの選手とすすんで
キャッチボールをしていたり、バティスタ選手とジャレていた姿が印象的です。
その笑顔も魅力的だったんですが。

二人とも現役続行を希望とのこと。
どこかで活躍をしてほしいものです。


さらに衝撃なのが、石井コーチと河田コーチの退団です。

お互いに理由は、単身赴任をしていたので、家族とのことが理由だそうです。

石井コーチは、
日本一に為ることそれが一番やり残したこと 
悔いが残らないこと それに向けて選手と共にやる
と語ってくれましたし、

このチームは絶対に強くなると言うのがあったんでその過程に立ち会いたいというか
家族には僕の我儘と言うか我慢してもらっていた

と語ったのこと。

河田コーチは
辞める事というよりもCSと日本シリーズそっちのほうで頭一杯
と前置きをしつつ、
 
6月くらいプライベート一身上の都合で辞めることは決めていた
結果としては最高の結果 
皆で勝ち取れた連覇の後に何故辞めるのかと言うのもあるかと思うが
僕の次に誰が来ようと今は盤石の形がある程度出来ている
カープはコーチと言うより選手がしっかりしている

と語ったそうです。

いろいろと、ありますが、お二方とも、カープの現在の姿がある
大功績者です。
本当にお世話になりました。


また来年どこかで相手をするチームに入りそうですが
お手柔らかにしてつかーさい。




ということで、次はCSです。
負けないぞー。

そして、二軍に続き一軍も日本一じゃあああああああああ!!!
そんなもっといい景色を期待しつつ応援を続けます。


今後も勝つぞカープっ 今後も勝つぞカープっ
今後も勝つぞカァアップゥウウウウウウウっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




ということで。(´・ω・)ノシ
やはり連勝とは行きませんでしたか。

今シーズン、最後のカープのゲーム
さらに、私的レギュラーシーズン最後の現地参戦でしたが、
落としてしまいました。

うう

そんなゲームの振り返りです。



この日は、7時50分頃に、一旦宿を出て、
朝食をとりに、みなとみらい線の日本大通り駅へ。

そちらの構内にあるファストフード店で、ほんの少しの懐かしさと、違和感のなか
朝食をすませ、その後宿に戻って、前日のことをブログにまとめつつ
身を浄めてから、紺のカープボクサーパンツ、赤いノースリーブのアンダーシャツ
赤いアンダーアーマーのハーフパンツ、HIROSE 26 の真っ赤なビジターユニを身にまとい
本日の出陣の準備も万端です。

ということで、定時の前に宿をチェックアウトして
そのあとも少しだけ宿のフロントにある無料パソコンで
ブログの更新をしてから、スタジアム周辺をぶらぶらしてから
11時40分頃に球場に入ります。

横浜スタジアムは、ゲーム開始の2時間前から入場できますが、
この時期? は、3時間前からの入場も可能とか…
前日も、ゲーム開始3時間前の、午後3時前に関内駅からハマスタの横を通って
宿にむかったのですが、列が出来ていました。

そんなのを思いながらスタジアム入り口へ。
すると、スタジアム内に入る事はできましたが、
コンコースを散策することは出来ても、自分の座席には2時間前からしかいけないという、
内野自由席に行く以外の、マツダスタジアム方式でした。

ということで、内野コンコースをぐるっと往復をいたします。
まだ、この時間はやっていないお店もあります。
ただ、この時間から来ている人は、多分練習目当てなので、
コアなカープファン、ベイスターズファンですね。
湘南電車色の大洋ホエールズのユニフォームを着ている人もいます。
背中にはTASHIROと書かれていまして、横浜ガチ勢です。

さらにコンコースには、大きなビジョンが設置されています。
見ると、横浜スタジアムで販売されている、グッズやグルメの
宣伝がされていますが、その合間に、何回も「野球場へ行こう」が
ながされます。
大体どの球場に行っても1度しか見る事が出来ないので、繰り返し見ます。
やはり、この映像、好きです。

ざっくりと球場が出来た順番で球場が紹介されるので、
歌詞が終わったシメは、マツダZoomZoomスタジアムですが、
ライトスタンドの後から映した映像の、目立つところには
梵選手や廣瀬選手のユニフォームを着たファンの背中がうつります。

ああ、梵ぃ…


そんな感じで時間を過ごしていると、12時になりましたので座席へ。

この日は、内野指定席Bで、前日の内野指定席Aに比べると、ずいぶん高い場所の席で
後の壁まで、そんなに距離がないですが、
プレイの様子が俯瞰で見る事が出来て、しかもこの日は日差しが強かったですが
後の壁が日陰を作ってくれるので有りがたいです。

席を確認して荷物を置いてから、コンコースにもどって
BLUE STAR HOTELさんの青星寮ハヤシライスと、
ベイカラのチリソース、そして、ハイボールを購入してから
自席に戻っていただきました。

ああ、美味しかった。ごちそうさまでした。
感想はまた後日です。

ただ、この日は前日の勝利と、そのあとの勝利の美酒に酔ったテンションの高さで、
深夜まで興奮さめやらぬまま、ブログの文章を作成したり、
深夜テレビを見ていたせいで、寝不足でした。

そこに食事がはいって、アルコールも入ったので、
このあと少し、オちてしまいました。

と、気が付くとゲームの30分前、
スタジアムDJのかたが場内を盛り上げて、ハッピースターダンスでさらにヒートアップ。
45分にスタメン発表。
カープは昨日入れ替えた1.3番を元に戻して、
1番、広輔選手、3番、丸選手です。
そして、ベイスターズのスタメンは
2、7番を入れ替えて、2番、梶谷選手、7版、柴田選手です。
それにしても、ベイスターズのスタメン発表、
ド迫力のダミ声ラップといい、キレのいい映像といい
かっこいいなぁ。

さらに、スタメン交換、始球式などを経て、ゲーム開始

本日のカープの先発は、CSでの先発の可否がかかる岡田選手。
ミニキャンプのいい成果がでているかが注目。

ベイスターズの先発は、カープ戦の防御率はそこまで良くない半面
カープ戦でやたらジエンゴしているせいで、3勝負け無しという
ウィーランド選手です。

どうなることやら

と、いうことでプレイボールです。


1回表 カープの攻撃
先頭広輔選手がライトへクリーンヒットで出塁
続く菊池選手の打席で広輔選手が、初球から走って盗塁成功
菊池選手はファーストゴロで倒れますが、広輔選手は3塁に進塁
丸選手のセカンドゴロは進塁打にはなりませんが
続く松山選手はフォアボールを選んでツーアウトながら 1,3塁
ここでチャンススーパーが響きます。「ここで決めろバーティスタっ!!」
ただ、バティスタ選手空振り三振でチェンジ
ウィーランド選手に21球投げさせたので、まぁ、良しとしますか

1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭桑原戦手をレフトフライに討ち取りますが、
梶谷選手に7球粘らりてフォアボールで出しますと、
続くロペス選手の打球が左中間ぐんぐん伸びて、スタンドへ飛び込みます。
ああああああああああああああ
さらに筒香選手の打球はバックスクリーンに飛び込みます。
ええええええええええええええ
連続で聞く、熱き星たちよは効きます
続く宮崎選手、攻めまくれチャンテ「絶対勝つぞベイスターズ!」 が響くなか
センター前に弾き返されます。
さらに続く戸柱選手、今度はチャンス0です、「大きな声でとーばっしらっ!!」
戸柱選手はライト前ヒット。
「Fight oh!YOKOHAMA」のチャンテが響くなか
柴田選手はセンターフライで2アウト、進塁打にもなりませんでした。
チャンステーマ2 「Let`s GO!」が響く中
ウィーランド選手にレフト前へ弾き返されます。
これがタイムリーになります。
倉本選手が空振り三振でチェンジ、長い攻撃が終わりました。
ふう。岡田投手は39球投げて5安打4失点です

どうなることやら。


2回表 カープの攻撃
先頭西川選手の鋭い打球は右中間を破2塁打になります。
さらに、この日の先発、岩本選手、左中間へのタイムリーヒットで
一点返します。 宮島さんじゃぁああああああああ!!!! バンザーイバンザーイバンザーイ!!
この日、後と前はベイスターズファンの人ですが、自分の座っている席一列は
アカい人たちなので、カンフーバットでカンカンします。
翼選手がフォアボールで出塁して、ノーアウト1.2塁
続く岡田選手の送りバントは、ウィーランド選手の好フィールディングで
岩本選手が刺されて、1アウト。
飛ばすチャンスが響きます「ひーろっしまぁ!!」
ただ広輔選手サードフライで2アウト
さらにチャンススーパーにおくられた菊池選手がフォアボールを選び満塁です。
ふたたび飛ばすチャンスで丸選手。ショートへの鋭いあたりになりますが、
これを倉本選手が弾いて、サードランナーの翼選手がかえってきます。
2点目です。ふたたび宮島さんじゃぁあああああ、ワッショイワッショイ。
「いーぞーいーぞーくーらっもとぉ」などと言う人もいるなか
カンフーバットをカンカンしてから、
チャンススーパーに送られた松山選手「ここで、決めろまーつやまぁ!!」
ただ松山選手の当たりはレフトフライでチェンジです。

でも、2点かえしました。
いーわっもと! いーわっもと! いーわっもと!のコールに
帽子を取って応える岩本選手に湧くレフトスタンドです。
いーぞーいーぞーいーわっもとぉ
.


2回裏 ベイスターズの攻撃
1回、打者九人の攻撃だったので、また1番打者からですが、
先頭桑原選手ショートゴロ  梶谷選手見逃し三振
ロペス選手ライトフライで三凡です。

それだよ、それ、1回からそれが出来ればねぇ、などの声が飛びます。


3回表 カープの攻撃
先頭バティスタ選手がレフト前へ弾き返して出塁。
つづく西川選手がファーストの頭を鋭くこえて、ボールはライト線を転々としているあいだに
二塁へ進塁。ノーアウト2,3塁です。
ここで、前の打席でタイムリーを打っている岩本選手、
チャンススーパーで盛りあがりますが、空振り三振。
あああああ、と思った中、翼選手のバット一閃。
打球はライトスタンドへ飛び込む3ランホームランで、カープ逆転です!
うぉおおおおおおおおお、すげぇええええええええ
宮島さんです。バンザーイバンザーイバンザーイ!!からカンフーバットをカンカンします。
岡田選手が見逃し三振で2アウトから広輔選手が内野安打で出塁しますが、
菊池選手がショートゴロでチェンジです。

つーばっさー!つーばっさー!つーばっさー!のコールに
キャッチャーミットを揚げて応える翼選手です。
いーぞーいーぞーつーばっさぁ

スーパーバズーカ―があったのち、
3回裏 ベイスターズの攻撃
先頭筒香選手がライトへのクリーンヒットで出塁、
さらに、宮崎選手もライト前へのヒットで1,2塁
ランナーを戸柱選手がきっちり送りますが、
柴田選手のセンターへの当たりを丸選手がナイスキャッチで2アウト
ここで、バッターはピッチャーのウィーランド選手。
ただ、前の打席でタイムリーを打っていますし、
今シーズンは大瀬良選手から2本ホームランを打ってます。
ホームランホームランウィーランドぉ などと、コールが飛びます。
やめてぇえええええ と思いますが、ま、大丈夫でしょう。と思っていたら、
ウィーランド選手の打球はグングンのびてレフトスタンドに入ります。
逆転3ランホームランです。
えええええええええええええええええええ
熱き星たちよで盛りあがるスタジアムです。
続く倉本選手はファーストゴロでチェンジですが、
逆転したと思った矢先に逆転されました。
どうなるんだ、このゲーム。


4回表 カープの攻撃
先頭丸選手がセンターへのヒットで出塁しますが
松山選手のショートゴロ、そのまま二塁ベースを踏んでからファーストへボールをおくって
ダブルプレーです。ああああ。
続くバティスタ選手はセンター前へのヒットで出塁して、
戸柱選手の:パスボールでバティスタ選手は2塁に進塁しますが
西川選手はレフトフライでチェンジです。


4回裏 ベイスターズの攻撃
カープは、:岡田選手にかえて、ピッチャーを中村祐太選手に、
中村選手が7番に入ったので、西川選手にかえて:サードに小窪選手です。
先頭桑原選手レフトフライ、続く梶谷選手空振りの三振
ロペス選手 外角の真っ直ぐを打つもセカンドゴロで三凡です。
いいじゃん祐太!!

ビッグフラッグがあったのちに、

5回表 カープの攻撃
先頭岩本選手、見逃し三振、続く翼選手ファーストフライで2アウトから
小窪選手がフォアボールを選んで2アウトながらランナー1塁
そして広輔選手の2-2からバット一閃、打球はぐんぐん伸びてライトスタンドへ。
ふぉおおおおおおおお、広輔すげぇええええええええええ!!!
宮島さんじゃぁあああああ ワッショイワッショイ カンフーバットをカンカンします。
菊池選手見逃し三振でチェンジですが、
ここでカープ同点に追いつきました。

ただ、ここまで2時間を要しています。どれだけかかるんだこのゲーム。


5回裏 カープの攻撃
カープは、翼選手にかえて、磯村選手がキャッチャーに
「丸選手もかえてください」「松山選手も」などと周囲のベイスターズファン。
そんなキャッチャーのかわりばな
先頭筒香選手の大飛球は、外野は一歩も動かず、
右中間スタンドのオリオンビールの看板のすぐそばまでもってかれる
特大勝ち越しソロホームランを放り込まれます。
ええええええええ
筒香選手、本日2本目のホームランです。
続き宮崎選手レフトフライ、戸柱選手空振り三振で2アウト
打席に入る柴田選手に対して
「柴田~!! なんでもいいから出てくれ~!!」
「柴田~!! 主砲にまわせ~!!」とベイスターズファン。
次はこの日2安打、うち1本はホームランのウィーランド選手なのでさもありなん
そんな声が通じたか、柴田選手は粘りを見せて8球目に四球を選びます。
さらに、盛りあがるなかウィーランド選手はセンターへのヒットです。
ほんと、よう打つな。
さらにこの日ノーヒットの倉本選手ですが、
「我等~の~星ヨコハ~マ~♪」と、「攻めまくれ」チャンテが流れるなか
ライトへタイムリーツーベースで追加点です。
熱き星たちよから、さらに「Fight oh YOKOHAMA」チャンテが響く中
桑原選手が打席に入りますがライトフライでチェンジです。

2点いかれたのもショックですが、祐太投手が打たれたのもイタいです。

6回表 カープの攻撃
ベイスターズはウィーランド選手に代えて、砂田投手をマウンドへ。
わーい、すなだくんだ~、あそぼ~
それにしてもベイスターズ、ウィーランド選手をバッターボックスに立たせて、
ヒットを打たせてからの交替です。
ま、あの打撃なら納得です。

ここでピッチャーのかわりばなを、と思ったのですが、
先頭の丸選手、続く松山選手、連続の空振りの三振
バティスタ選手、途中セフトへの特大ファールフライがあって
「バティー、市役所にあてろ~!!」などと声も飛びますが
結局セカンドフライであっさり三凡です。カープこのゲーム初の三凡です。


6回裏 ベイスターズの攻撃
カープは中村祐太選手にに代えて佐藤選手をがマウンドへ
「ショーマー!! 古巣に恩返しじゃぁあああ!!」と声が飛びます。
が、先頭梶谷選手にライトスタンド中段に放り込まれます。
ああああああああああ
「サンキュー恩返しぃ」「さすが、もとベイ戦士」などと声がとびます
さらに、ロペス選手、筒香選手、宮崎選手と三者連続フォアボールで満塁です。
パラリラパラリラ ワッショイワッショイ と盛りあがるスタジアム。
続く戸柱選手はセカンドゴロですが、その間にロペス選手が生還して1点追加
ここでチャンテ1で盛り上がるなか、柴田選手がフォアボールを選んで
また満塁です。
ここでピッチャーの砂田選手の打席なので、田中浩康選手が代打に
カープは、佐藤選手から、藤井選手をマウンドに送ります。
「藤井~、昨日のピッチング~」と声が飛びます。
ベイスターズは代打の代打に乙坂選手。
ALL IN ONEで盛り上がりますが、サードゴロで2アウト
さらに倉本選手をサードライナーに討ち取ってチェンジです。
「藤井く~ん、今日のカープのピッチャーで一番いーぞー!!」との声が飛びます

カープ カープ カープひろっしま、ひーろしーまーカーアープー♪
とそれ行けカープを歌って、ジェット風船をピューッと飛ばしてから、
7回表 カープの攻撃を待ちますが、
ベイスターズは、砂田選手にかえて、井納選手をマウンドへ。
ここで、先発の柱井納選手を中継ぎにおくってきます。執念を感じます
ピッチャーの藤井選手の打順なので、代打に庄司選手。
庄司選手がライト前へのヒットで出塁しますが、
岩本選手センターフライ 磯村選手セカンドゴロ。
この間、庄司選手がセカンドに進んで、チャンススーパーが流れますが
小窪選手センターフライでチェンジです。

スタージェット風船がきれいにとぶのを見てから
7回裏 ベイスターズの攻撃
カープは藤井選手に代打が出たので、これまた昨日好投した
戸田選手がマウンドにあがり、9番に入ります。代打の庄司選手はそのまま
サードの守備につきます
先頭桑原選手見逃し三振、続く梶谷選手 空振りの三振
ロペス選手、ファーストへのファウルフライでチェンジ、三凡です。
「トッティーーーー!!」「いーぞー、トダタカヤー!」と声が飛びます

そして、ここでタイガースとジャイアンツのゲームの結果がビジョンにうつって、
うぉおおおおおおおお、と絶叫に包まれる横浜スタジアムです。

8回表 カープの攻撃
ベイスターズは井納選手に代えてパットン選手をマウンドにおくります。
4月に見たゲームのように、隊長!?隊長!? となってくれればいいのですが
しかも、カープは1番からの好打順。
先頭広輔選手の
2:田中 ファーストへのぼてぼてのゴロ。ベースカバーに入った
パットン選手にトスをしますが、これを審判が広輔選手の足がまさったと判断して
セーフで出塁します。
でも、これ、あとで見たら、パットン選手の足のほうがはやかったねぅ。
ただ、ここで判定の帳尻をあわせるように、
広輔選手は牽制球でアウト
内野安打 1塁
菊池選手ライトフライ  丸選手空振り三振でチェンジです。


8回裏 ベイスターズの攻撃
カープはセカンドの菊池選手にかえて、上本選手が守備につきます。
「丸選手もかえてくださ~い!」「バティスタも~!!」とベイスターズファン。
先頭の筒香選手、9球粘ってフォアボールで出塁。
続く宮座は選手 チャンテ0で盛り上がる中、センター前ヒットで出塁
戸柱選手がきっちりおくると、Fight oh YOKOHAMAが鳴り響くなか
柴田選手、レフトへのタイムリーヒットで、ベイスターズ追加点です。
ここで、カープはピッチャー戸田選手から、中田選手に交代
ベイスターズは投手のパットン選手の打順なので、代打に後藤選手。
場内に響き渡る「イノキボンバイエ」でヒートアップするスタジアムです。
後藤選手は空振り三振で2アウトから、
倉本選手にセンター前に弾き返されます。ああああああああああ13点目です。
桑原選手をセカンドゴロでチェンジですが、

戸田選手も中田選手も不安なねぇ。


9回表 カープの攻撃
周囲のベイスターズファンは、そわそわして、その時を待っています。
ライト側ファウルエリアのフェンスがあいて、リリーフカーが見えます。
そして、山﨑選手が登場。ヤ・ス・ア・キジャンプの時間です。
ここで、照明灯を明るくする演出も、敵ながらアッパレのカッコ良さ。

さらに嶺井選手が戸柱選手にかわって、キャッチャーの守備につきます。

松山選手に代打メヒア選手ですがライトフライ
続くバティスタ選手空振り三振、庄司選手サードゴロで、ゲームセットです。


ああああああ、負けました。
カープは、シーズン最終戦を勝ちでしめることができませんでしたし、
ピッチャー陣は先発の岡田選手、2番手の中村祐選手をはじめ
CSにむけて不安の残る内容でしたが、
ここは、このあと立て直して欲しいものです。
さらに、対ベイスターズの勝ち越しを決める事が出来ませせんでした。
最後まで、手こずる相手でした。

ただ、ベイスターズは2年連続のAクラスで、CSの進出決定です
おめでとうございます。

そして、あのチームはCS制度がはじまって、初のCSを逃すという
球史に残る瞬間でもありました。




次は、CSを勝ち抜いて日本シリーズ出場。
さらに日本シリーズでもパ・リーグのチームに勝って
日本一、と目指して欲しいものです。


今後も勝つぞ カープ 今後も勝つぞ カープ
今後も勝つぞ カープ


ってことで。(´・ω・)ノシ

現在横浜某所に隠棲中、
昨日の勝利に酔いながら、本日のゲームに備えています。

いやぁあ、昨日はいいゲームでした。
この勢いで本日の、カープのレギュラーシーズン最終戦に
備えてほしいものです。



と、いうことで、そんなゲームの振り返りです。


カープ最終2連戦、対するは今年的難敵横浜DeNAベイスターズ
4月にハマスタで観戦したゲームも煮え湯を飲まされましたが
今回は、連戦の初戦を、勝利でしめました


ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



そんなゲームとか、遠征とかの振り返りです。



この日は朝7時に新千歳空港入り。
使うのは、往復エア・ドゥなので、A駐車場へ。
空港ターミナルに近い場所にとめることができて、一安心。
さすが、早朝やね、と思ってターミナルにむかうと、混雑しています。

エア・ドゥのカウンターのところには列が形成されています。
すごいです。
その他のところも、朝7時とは思えない賑わいぶり。
景気、良くなっているんですね。

搭乗手続きをすませて、Kalafinaの飲むヨーグルトをいただいてから機内へ。

この日お世話になったのは、エアドゥ12便です。
出発は定時の8時に出ましたが、向かい風が強いとかで、
羽田には5分遅れで到着。
その間は熟睡をしていたのですが…

その後9時53分発の新逗子行きのエアポート急行に乗って
京急川崎で、各駅停車にのりかえて八丁畷駅へ。
八丁畷の駅で10時35分発の南武線に乗り換えて、浜川崎にむかいます。

久しぶりの南武線から鶴見線の乗り換えを堪能してから、
浜川崎で、鶴見線の鶴見行きを待ちます。
土曜日だからというわけではないでしょうが、
生活路線として使っている人が多い感じです。

そして、10時59分発の鶴見行きに乗って、安善へ。
こちらで巡礼をすませます。ああ、いい昼飯でした。
感想は後日

安善駅にもどり11時33分の鶴見行きに乗り、鶴見へ。
そこで京浜東北にのって、横浜に行きます。

横浜駅を歩いていると、「拡張工事のために通路が狭くなってま~す」のアナウンスが。
さすが、日本のサグラダファミリアルです。
さらに、横浜駅が日本を覆う「横浜駅SF」柞刈湯葉さん著(カドカワBOOKS)
のことをも思い出したりして。

横浜で向かったのが、ダイエー西口店にあるのブックファーストさんです
こちらで、いろいろと本を物色。
目的は、この日に発売の「肉女のススメ」3巻 小鳩ねねこさん著 少年画報社 ヤングキングコミックス
でしたが、思わず表紙とタイトルにつられて魅かれたのが
「ぺろり!スタグル旅」1巻 能田達規さん著 小学館ヒーローズコミックス です。

タイトル通り、サッカーの熱烈なサポーターのお姉さん2人が、応援をしつつ、
日本全国のスタジアムグルメを味わうお話です。
球場三食のサッカー版ですかね。

作者は、最近まで、「週刊漫画」誌に「マネーフットボール」という
J2(作中世界ではN2)の地方チーム、愛媛イーカッスルが奮戦するマンガを描いていました。
そして、帯に書かれているスタグルが、ことごとくJ2チームのもの。

これは、迷わずに買いです。

そして、買い物を終了して、近くのドトールで一気読みしましたが、
面白かった~。

さらに、遠征で、うまい飯くって、好きなチームの応援をするというところが、
競技はサッカー、野球と違え、その精神に元気をもらって気合が入りました。

そして、横浜駅に戻って関内に行こう、とすると
「京浜東北線、大森、蒲田間で異音がしたので、安全確認をするため
遅延をしてます」とのこと。

前回上京した時も、遅延してなかったか?京浜東北。

ま、そこまで被害はですに、14時39分に磯子行きが着ました。
周囲は、ちなDeさんが多いです。

お、ポジってるポジってる状態ですが、
目の前に座っていた、どう見ても文化系で、オトナシク文庫本とか見ていた女子も
よく見たら、お洒落系ベイスターズグッズを身に着けていて、
やはり侮れないですYOKOHAMA

そして14時45分に関内へ
おおお、5ヶ月ぶりのハマスタです。
すでに並んでいる人が結構たくさんいます。
片やCSのかかるベイスターズ、こなた球場を赤く染めるカープファンですから納得です。

そして宿にチェックイン。
しばしまったりしてから、シャワーで身を浄めて赤いカープボクサーパンツ、
赤い七分袖のアンダーシャツ赤いアンダーアーマーのハーフパンツの上に
26HIRASEのユニフォームを羽織って出陣です。
今回もお世話になった宿は、ハマスたからほどちかくて、本当にありがたいです。

途中一部通行規制もありましたが、10分弱で球場にイン

おおおお、改めて帰ってまいりました。
5ヶ月ぶりのハマスタです。

この日はアクアクララナイターで、応援ハリセンを受けとってなかへ。
久々の球場との対面に感動しつつ、中へ進むと、
カープ選手がバッティング練習をしています。

今日もがんばってつかーさい!!

そして、5時くらいに、この日の夕飯である、沖縄時間さんのタコライスで、タコス力を注入だじぇ!!をしてから
熱き星たちよの選手バージョンとか、勇者の遺伝子を聞きながら、テンションを上げて
応援に専念です。
ちなみに、私の2人隣は外国人のカップルさんで、
男の方は25 TSUTSUGOHのユニフォームをきています。さすがYOKOHAMA

17時40分、カープのスタメン発表。
1番丸選手、3番広輔選手と、1.3番を入れ替えました。
さらに5番バティスタ選手、6番メヒア選手です。

その間、ベイスターズのマスコットBART&CHAPYとじゃれる
菊池選手や丸選手がビジョンにうつります。

そして、ベイスターズのスタメン発表
これがまた、映像も音楽もかっこいいです。

それにしても、ベイスターズ、さりげなく流れる数々の洋楽も
「ハッピースターダンス」みたいな、元気系アイドルソングも、
ド迫力のダミ声ラップもハマる、そんな地域性がうらやましいです。
うねりの様に盛り上がるファンの項も迫力です。

あ、主審は白井さんです。


君が代、メンバー表交換などを経てプレイボールです。

カープの先発は、ジョンソン選手、ベイスターズの先発は今永選手です。
たのむでぇえジョンソン!!


1回表 カープの攻撃
先頭丸選手、セカンドゴロ つづく菊池選手 空振りの三振
広輔選手ピッチャーゴロであっさり三凡 13球でおさえられます 

カープもベイスターズもすごい声援で白井さんの
「アィイイイイイイイイイッ!!」も聞こえません。すごい。

1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭桑原選手 空振り三振  続く柴田選手ピッチャーゴロから
ロペス選手を歩かせますが、筒香選手をレフトフライでチェンジです。

ジョンソン投手、本日のキャッチャー、会澤翼選手との相性も問題ないかな?

2回表 カープの攻撃
先頭松山選手が ライトの右側を鋭く抜くツーベース 。
バティスタ選手はレフトフライに倒れますが、
メヒア選手がセンター前にはじき返して、松山選手が帰ってきて、
先制タイムリーになります。
宮島さんじゃぁああああああああ、バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!!
周りの人とカンフーバットをカンカンします。
続く小窪選手も、「こーくーぼーのーこー」て゜送られてセンターへはじき返します。
「ナイスっ、基本はセンター返し~っ!」と声も飛びます。
ここでチャンススーパーがながれます。「ここで、きめろ、つーばーさっ!!」
翼選手はレフトフライ。さらに、チャンススーパーが続きます。
「ここで 決めろ クーリースッ!!!」
ただ、ジョンソン選手レフトフライでチェンジです

先取点をいただいたので、ここはオッケー、

メッヒーアッ! メッヒーアッ! 
の声に応えて、帽子を取るメヒア選手に歓声がおきます。


2回裏 ベイスターズの攻撃€
先頭宮崎選手をレフトフライ、嶺井選手 梶谷選手を連続空振り三振で三凡です。
ナイピッチです。あと、嶺井選手の応援かでイーヤーサッサァしていてちょっとほっこり

イニング間の
ビッグクローブキャッチ、出てきた人がしっかり決めて、花火で盛り上がります、

3回表 カープの攻撃
先頭丸選手。二文字応援が鳴り響くなか、鋭い辺りがセンターへ、
とおもったら今永選手が好捕してアウト
続く菊池選手がセカンドフライ 2アウト
広輔選手がフォアボールで出ますが、松山選手がピッチャーゴロでチェンジ

dianaのスーパーバズーカーがあってから、
3回裏 ベイスターズの攻撃
先頭今永選手のセンターへ抜けようかというあたりを、
菊池選手が捌いて遠投してアウトにします。菊池ぃいいいいいいい
続く倉本選手は、サードの横を鋭く抜くライナーで、レフトへ。
これを松山選手が猛チャージでシングルヒットにおさえます。
ジョンソン選手、初の被安打です。
1つ先の隣の席がさらに隣の女性に今のヒットがいかにすごいか
英語でまくしたてています。ベイスターズガチ外国人です。
が、桑原選手の打席で倉本選手が盗塁しまして、送球は少し上にそれますが、
広輔選手がアウトにします、 すげぇえええええ、翼、広輔
そして桑原選手サードゴロでチェンジ

グランド整備の間に、ドカンフライキャッチ。
2人とも成功させて、拍手がおきます。


4回表 カープの攻撃
先頭バティスタ選手、8球粘ってフォアボールを選び出塁
続く、前の打席でタイムリーを打っているメヒア選手は
高めのつり球に空振り三振でアウト。
続く小窪選手の打席で、今永選手がワイルドピッチ、
ただ、この打球をバティスタ選手見てなくて、もたもたしますが、ランナー二塁に。
小窪選手見逃し三振から、翼選手は 敬遠ぎみのフォアボール
そしてジョンソン選手は見逃し三振です。

決定機にジョンソン選手が多いねぇ。


4回裏 ベイスターズの攻撃
カープは、ファーストのメヒア選手を引っ込めて、ファーストに小窪選手。
サードには西川選手です。
先頭柴田選手、ボテボテのサードゴロを西川選手が軽快に捌きます。
変わったところにボールがくるの法則ですか 。
ロペス選手ショートゴロ 筒香選手空振り三振でチェンジ、三凡です。

勇者の遺伝子が鳴り響くなかで、ビックフラッグ
そして、花火がどーんっとあがります。敵ながら、いいですね、この演出。


5回表 カープの攻撃
先頭丸選手、二文字応援で送られますが、ファーストゴロでアウト
続く菊池選手が泳ぎながらもレフト前に巧みに打球を落とします、お見事。
広輔選手は見逃し三振。ああああああああああああああ
続く松山選手の打席で菊池選手が盗塁を企てます。
三塁側スタンドから見るとタイミングがアウトで、ああああ、とため息も漏れますが、
セーフで盛り上がります。ナイスなスライディングだったのでしょう、
ただ、松山選手は空振り三振!ここでもカープは決定機を逃します

とはいえ、ここまで今永選手 89球投げています。これがジワジワと効いてほしい。

と思っていた矢先
5回裏 ベイスターズの攻撃
前の回、ロペス、筒香と厄介なバッターをうちとっての回ですが、
先頭の宮崎選手にライトスタンドへ運ばれます。
あああああああああああああ
さらに、スタジアム内には「攻めまくれ」チャンテが流れます。
「ヒーローシーマーターオーセッ!! 絶対勝つぞベイスターズ!!」がド迫力です。
これが、ホームの力ですか。

ここ数年毎年ハマスタは来てますが、どんどんこのホームの威圧力が強くなります。

チャンテが響くなか嶺井選手は ハーフスイングを取られて空振り三振ですが、
梶谷選手がセンター前にはじき返して、今永選手がきっちり送りバントを決めます。
そして、ここでライトスタンド中心にチャンステーマ0が響きます。
「ドンッドドンッドッドッドドン、大きな声でくーらっもとぉ」と倉本選手。
ただ倉本選手、サードフライでチェンジです。
ふぅううう。


6回表 カープの攻撃
先頭バティスタ選手ショートゴロ 西川選手レフトフライ
小窪選手がフォアボールで出塁すると、ベイスターズは好投していた今永選手に変えて
浜照大三上こと、三上投手をマウンドへ。
神様! 神様! って展開を望みます、
と思ったところで翼選手がサード左横への難しいゴロ
宮崎選手も好捕し、遠投しますが、翼選手の足がまさって内野安打。
ここでジョンソン選手の打順なので、岩本選手が登場。
ただ岩本選手セカンドゴロでチェンジです。
ああああああ

ここで、ベイスターズスーパーバズーカーがあって
6回裏 ベイスターズの攻撃
カープは、ジョンソン選手の代打岩本選手がそのままファーストに入って、
7番にピッチャー九里選手が入ります。

先頭、桑原選手ショートゴロ 柴田選手セカンドゴロで2アウト
ロペス選手には、レフトの横を鋭く抜くあたり。ここも松山選手が抑えて
シングルヒットでとめます。ナイス松山
そして、筒香選手がセカンドゴロでチェンジです。


カープカープカープひろっしま、ひーろしーまーカーアープー♪ と歌って
風船ピューっと飛ばしてから
7回表 カープの攻撃
ベイスターズは砂田投手をマウンドにおくります。
わーい、すなだくんだー あそぼーっ。
さらにキャッチャーは大洋戦士戸柱選手です。
先頭丸選手、初球をショートゴロ 続く菊池選手8球粘りましたがレフトフライ
広輔選手は見逃し三振でチェンジです
「九里に十勝させてやれよ~」と声が飛びます。


7回裏 ベイスターズの攻撃
ベイスターズのジェット風船は、ふくらませた時の色合いが本当にきれいです。
ここもDeNA効果なんですかね。
そして、カープはピッチャー九里選手に代えて藤井選手をマウンドへ。
さらに菊池選手にかえて庄司選手、翼選手にかえて坂倉がキャッチャーに。
藤井-坂倉のバッテリーが好調ベイスターズをどう料理するか。
この日ホームランを打っている宮崎選手をレフトフライ
戸柱選手を空振り三振 梶谷選手をセカンドゴロで三凡です。

いけるやん、藤井くん


8回表 カープの攻撃
先頭の松山選手がセカンドゴロでたおれから、
ベイスターズはパットン将軍をマウンドへ。
将軍はリリーフカーに乗らずにマウンドに来ます。気合入ってます。
そして、バティスタ選手がレフト前にはじき返して盛り上がります。
将軍!? 将軍!? という展開ですが、
西川選手のセカンドゴロが4-6-3とわたってダブルプレーです、
ああああああああ


8回裏 ベイスターズの攻撃
カープは藤井選手に代えてサウスポーの戸田選手をマウンドへ。
さらに松山選手に代えて、上本選手がレフトの守備につきます。
パットン選手に代えて田中浩選手が送られますが、ファーストのライナーでアウト
倉本選手は 空振りの三振 桑原選手はライトフライでチェンジです。

いーぞーいーーぞートダタカヤ


9回表 カープの攻撃に移るときに、あの曲が流れてきます、
そして、ハマスタを揺らすヤスアキジャンプです。すごい威圧力です。
バットン選手当番の時も思ったのですが、
リボンビジョンまで使っての演出がすごくかっこいいです。

店長!? 店長!? 店長ガガガガガって展開になってくれんかねぇ。

先頭上本選手。先週由宇で応援した選手をここで応援するのもいい感じですが、
上本選手、空振りの三振。
続く、新人坂倉選手、サードのファウルフライ、岩本選手見逃し三振でチェンジ

9回裏 熱き星たちよ が流れてからのベイスターズの攻撃
カープはここで、2軍で調整していた今村選手をマウンドへ
ベイスターズは2番からの好打順ですが、
柴田選手空振り三振  ロペス選手サードフライ 2アウト
筒香選手ライトフライでチェンジ、三凡です。
これは、CS、日シリと期待していいですね。

10回表 カープの攻撃
ベイスターズは田中健選手をマウンドにおくります。
先頭の丸選手、フォアボールで出塁。地味に今日初出塁です。
続く庄司選手がキッチリ送りバントを決めて、チャンススーパーで送られた広輔選手がフォアボールで1,2塁
ここで、今村選手の打順なので、代打に新井さんです。
盛り上がるレフトスタンドと三塁側。
応援歌からチャンススーパー。ここで、きめろ、あーらーいっ!!
そんな新井さん、1-1から、ゆるい変化球をはじき返して、ボールは左中間へ。
ここで、丸、田中選手が帰って2点タイムリーツーベースです。
うぉおおおおおおおお、新井ぃいいいいい、すげぇぇえええええええ。
宮島さんじゃあああああああああ!
バンザーイ、バンザーイ、バンザァアアアアアイ!!!!!!
ぐしゃぐしゃになりながら、またまたカンフーバットをカンカンします。
あああ、新井さぁああん、もう泣きそうです。
新井さんに代走帰巣本能の野間選手。
バティスタ選手がフォアボールで歩くと、「おーまーえーがーきーめろー」と
極チャンスでおくられた西川選手がサードへのファウルフライ。
さらに極チャンスが続き、上本選手はレフト前へのヒットで出塁 満塁
ここで、チャンススーパーになって坂倉選手ですが、
うまく低めの球をんんで、センター前に打球を落とします。
宮島さんじゃぁあああああああ、ワッショイワッショイ
これが新人坂倉クン、プロ初安打&初タイムリーヒットで、2点追加です。
周囲の人とバットカンカンです。
岩本選手は空振り三振でチェンジですが、4点追加です。


10回裏 ベイスターズの攻撃
レフト側ブルペンから走って中崎選手がマウンドへ。
うぉおおおおおお。
代走の野間選手がライトに入ります。

先頭宮崎選手に センター前にはじき返されまして、宮崎選手の代走は白崎選手
ただ続く戸柱選手4-6-3のダブルプレー。
梶谷選手フォアボールで出塁しますが
代打の乙坂選手がピッチャーゴロでゲームセットです。

うぉおおおおおお、勝ちましたぁああああああ。

前回ハマスタに来たときは、苦杯を飲まされましたので、
自分的今期対ベイスターズ戦、初勝利であります。


ここで宮島さんから、ハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑して盛り上がってから
ヒーローインタビューを待ちます。

「新井さん、来てくれんかねぇ」「新井さん、見たいねぇ」「新井さぁああああああん」
などと周辺は盛り上がっていますが、ヒーローインタビューは
新人でプロ初安打が初タイムリーになった坂倉選手。
「ま、坂倉クンならしょうがないねぇ」と周囲の人。

とはいえ、新人とは思えない受け答えです、

プロ初安打を放ったことに対しては「まず試合に勝ったことが、一番の喜びです」と答えで
打席を振り返って、どうでしたかの問いに対しては「結果を気にせずしっかり振っていこうと思って、
追い込まれたので何とか食らいついていこうと必死でした」
来た球種はなんでしたか?「多分カーブのボール球。よくバットが届いたなと思います」
その後も
初安打の記念球はどうしましたとの問いには「たぶん、マネージャーの方が持ってくれていると思います。
先輩方が祝福してましたし、首脳陣の方もおめでとうと言ってくれまして、改めてここからが
プロ野球選手としての始まりなんだなと思いました」
と、語りました、
この浮ついていない感じが、本当に好感をもてます。

さらに、カープのチームについてどう思いますかの問いには
「いい先輩たちばかりで支えられながらいい野球ができています」と答え、
今後、どういう選手になりたいですか?の問いには
「まずはチームが勝てるように貢献していくプレイヤーになって、勝てるキャッチャーになりたいです」
と名言しました。ここもフォアザチームの精神がいいなぁ。
さらに、締めの、新人ですが、チームを代表して一言お願いします。の問いにも
「明日、最終戦でしっかり勝って、いいCS、日本シリーズにできるようチーム一丸となって頑張っていきたいです
ありがとうございます!」
と答えて、盛り上がるレフトスタンドと三塁側スタンドです。

「坂倉クン、マエケンに似とるぇ」なとと周りのカープ女子。
言われてみれば。
「ツバサも前田さんに似とるし、そんな二人がひっぱっていけばええねぇ。」とのこと。

ですね、石原選手、ツバサ選手以外にも、坂倉くんいて、磯村選手いて、
さらに船越選手もいますから、カープはキャッチャーはしばらく安泰です。

ちなみにカープの高卒新人捕手が一軍でヒットを記録したのは、
1965年の衣笠祥雄以来2人目だそうで、やっぱり坂倉クン、スゴいねぇ。


この日の席が内野指定の後ろのほうだったので、レフト側外野席に近づくことができず、
応援団のトークは聞けませんでしたが、

この日のスタメン選手のテーマのメドレー
勝利をわれらに Let`s WIN!

絶対とるぞ日本一、絶対とるぞ日本一、絶対とるぞ日本一 パーパー♪
ひぃろっしまぁあ

ともりあがってから、

それいけカーブからの三本締め。

さらに
いいぞーいいぞー応援団 イーぞーイーぞー応援団 いーぞーいーぞー応援団。

で、全部終了です。
ひさびさに最後まで短のできました。
やっぱり野球はいいですね。



そして、宿にもどる前に、野球の神様に感謝をして
2礼2拍手1礼。



そして、宿に戻ってこの日のスポーツニュースを見ながら、
一人酒盛りをしたのでした。

ああああ、いい一日でした。




と、いうことで、このあと出陣です。
今日も目いっぱい応援します

今日も勝つぞカープっ
今日も勝つぞカーァップッ
今日も勝つぞカァーアップゥウウウウ!!!!!


では。(´・ω・)ノシ

カープ、私が見届けた、土曜日のマジック2の点灯から、
日曜日はオリックスに敗れて変わらなかったものの
3日後に、無事優勝を決めました。

この日のデーゲームの阪神戦に勝利してマジック「1」。
ナイターで2位の中日が4位のソフトバンクに敗れたため、

優勝が決まりました。

おめでとうございます。

1軍とダブルVです



カープがウエスタンリーグで優勝するのは、91年以来
26年ぶり9度目です。

2軍の今季成績は(今のところ)57勝48敗9分
ウエスタンでは昨季までソフトバンクが、その圧倒的戦力で
5年連続優勝を飾っていました。

今年は、カープとドラゴンズとホークスが首位を争っていましたが
結果、カープ、ドラゴンズが勝率五割以上で、
最下位のタイガースも貯金一桁と、ゲーム差は拮抗をしていました。


カープは、チームの投手防御率こそ、リーグ最下位〔防御率3.79、ちなみに一位は
バファローズの3.20 以下、タイガース3.42 ホークス3.53 ドラゴンズ3.60〕でしたが、

チーム打率.287の圧倒的な打力で打ち勝ちました。
投手で規定投球回数を超えたのはリーグで5人。
カープは4位の福井投手だけでしたが、〔防御率4.29〕

打線ではメヒア選手、坂倉選手、庄司選手、高橋大樹選手がリーグ打率の1~4位を独占し、
〔メヒア.331 坂倉 .298 庄司 .294 高橋大樹 .286〕
本塁打もバティスタ選手が21本塁打でトップタイ
3位がメヒア選手の18本、

さらに安打数、二塁打数、塁打数、長打率のトップもメヒア選手
出塁率のトップが庄司選手、二位がメヒア選手
打点は2位がメヒア選手、4位がバティスタ選手、5位が堂林選手
6位が土生選手といったように、
1軍に負けず打撃が元気でした。

見に行ったゲームでも、美間選手、堂林選手、船越選手、桒原選手がマルチヒットでした。

水本2軍監督は
「チーム全体のレベルが上がっての優勝だったのかなと思います」
とコメントしたそうです。


それらしても、こちらも26年ぶり。

26年前もアベック優勝でしたが、
1軍が25年前に優勝してから、その翌年のアベックVです。

26年前の二軍監督は、三村敏行監督でした。

そして、26年前の一軍監督は、山本浩二監督。
開幕戦のスタメンは、

8前田 4正田 6野村 7アレン 3バークレオ 9山崎隆 5江藤 2達川 1長冨

といったメンバーでした。

さらに年間を通じて活躍したのが、

1番 セカンド 正田耕三 .291 8本 52打点 9盗塁
2番 センター 前田智徳 .271 4本 25打点 14盗塁
3番 ショート 野村謙二郎 .324 10本 66打点 31盗塁
4番 レフト 西田真二 .289 7本 51打点 6盗塁
5番 ライト 山崎隆造 .301 8本 50打点 9盗塁
6番 ファースト 小早川毅彦 .259 7本 39打点 0盗塁
7番 サード 江藤智 .215 11本 31打点 0盗塁
8番 キャッチャー 達川光男 .237 1本 39打点 3盗塁
9番 ピッチャー
先発 佐々岡真司 17勝9敗 防御率2.44
先発 北別府学 11勝4敗 防御率3.38
先発 川口和久 12勝8敗 防御率2.90
中継ぎ 石貫宏臣 5勝1敗1セーブ 防御率1.98
中継ぎ 川端順 5勝1敗1セーブ 防御率2.36
抑え 大野豊 6勝2敗26セーブ 防御率1.17

以上のようなメンバーが主に活躍したメンバーです。

野手では現広島カープ監督の緒方孝市さんや
投手では津田、金石、紀藤、近藤なども頑張っていました。

この年のタイトルは
MVP 佐々岡真司
沢村賞 佐々岡真司
最優秀防御率 佐々岡真司
最優秀勝率 北別府学
最多勝利 佐々岡真司
最多奪三振 川口和久
最多セーブ 大野豊
ベストナイン投手 佐々岡真司

盗塁王 野村謙二郎
ベストナイン三塁手 山崎隆造
ベストナイン遊撃手 野村謙二郎

という感じで、カープの投手が投手タイトルを総ナメです。

さらに野村謙二郎が盗塁王を獲得。
チーム成績では打率などの野手成績は平凡なものの
防御率はリーグ1位の3.23だったことから
高い投手力を持ったチームだったことが伺えます。

しかし打撃面では不安を感じる成績で、
その後江藤、前田、野村、金本、緒方など超主力級スターが生まれはしましたが
主力以外が育たずに、さらに流出したのが、このあとの25年に通じるのです。

くぅううううう。

このときのカープの若手といえば、

1990年のドラフトは小池投手のくじをはずして、瀬戸選手をⅠ位指名
1989年のドラフトは、1位佐々岡 4位前田 6位浅井といったメンバーを指名
1988年のドラフトでは
1位野村謙二郎 内野手 駒澤大学 入団
2位佐藤裕幸 内野手 津久見高 入団
3位畝龍実 投手 NTT関東 入団
4位近藤芳久 投手 東芝 入団
5位江藤智 捕手 関東高 入団

といったところを指名しました。
なかなかドラフト巧者という感じはしますね。

ちなみにカープのウェスタンリーグの制覇ですが

1960年(門前真佐人監督)に初優勝を飾り
67年(米山光男監督)、68年(深見安博監督)、
70年(岡田悦哉監督)、76年(木下強三監督)、82年(阿南準郎監督)、
85年(藤井博監督)の優勝があっての、
91年の優勝でした。

ちなみに、ファーム日本選手権が始まったのが1987年からで
1991年に初出場したときは
ジャイアンツに7-8で負けています。〔MVPは呂明賜選手〕

ということで、10月7日に宮崎で行われるファーム選手権には
たぶんマジック1のジャイアンツか来そうなので
そこでリベンジです。


そして今日のカープのゲームも、鳴尾浜で行われましたが、
そのゲームでは江草選手がプロ選手最後のピッチングでした。

8回から登板し、同じくこの日が引退試合だったかつての同僚で、
引退を表明している阪神狩野選手と対戦。

狩野選手はこの日はDHで先発出場していましたが、ここまでヒットなし。
互いに少し笑みを浮かべながら向き合い、
結果は左翼への二塁打だったそうです。

「狩野が先に1本ヒット打ってりゃ良かったのに。
ガチンコで行ってきれいに打たれましたね」と笑ったそうです。

江草選手がマウンドを降りると、狩野選手が二塁ベースから歩み寄り抱擁。
江草選手はあふれる涙を拭いながらベンチへ戻りました。
試合後は広島ナインに5度胴上げされた後、狩野選手に手招きされ
今度は阪神ナインから5度胴上げ。
「あんな風にしてもらえると思っていなかったので、すごい感激しています」
と感無量の様子だったそうです。

江草選手は後輩へ伝えたいことを聞かれ
「もう一緒にいる子達にはずっと伝えているので特に言うことはないですけど、
頑張ってやってきてこういう最後が迎えられたのがすごい幸せなことなので、
そういう思いを1人でもできる子が出たらいいなと思います」。

プロでの一番の思い出は「今日じゃないですか。今日が一番楽しかったです」と答えました。

ああ、これは終身名誉カープ男子です。

さらに、この日は、タイガースは狩野選手だけでなく、
安藤選手の引退試合でもありました。

そのせいで、徹夜組も出たそうです。

安藤投手は9回2死から登板。つらにこのときのキャッチャーは狩野選手。
4球目で堂林選手を空振り三振に仕留めました。

試合後は「緊張していた。アウトが取れるかなと。堂林が空気を読んでくれて良かった」と笑ったそうです。

安藤-狩野のバッテリーは09年の開幕戦以来
再コンビ結成の機会には
「ありがたいですね」と感謝したそうです。

もう、こういう、プロ野球の神様がもたらしてくれた様々な場面には
ほんとうに涙をもらいっぱなしです。

本当に野球の神様には感謝の言葉しかありません。





ということで、恒例でございますので、
みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
おみくじ引いて申すには~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!


♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
空を泳げと 天もまた胸を開く  
今日のこの時を 確かに戦い  
遙かに高く 遙かに高く 
栄光の旗を立てよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
一投一打が 勝負の全て   
闘志をつくし 闘志をつくし 
今ここで花と咲けよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
その意気愛して 見守る我らの  
明日へ続く 明日へ続く 
きりのない夢であれよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ   

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
栄光手にする その日は近いぞ  
優勝かけて 優勝かけて 
たくましく強く踊れ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



ということで、次はウェスタン日本選手権とCSです。
(日程的に、応援の参戦は難しそうなので、宮崎にはいけませんが)
どちらも負けないぞー。

そして、一軍も二軍も日本一じゃあああああああああ!!!
そんなもっといい景色を期待しつつ応援を続けます。


今後も勝つぞカープっ 今後も勝つぞカープっ
今後も勝つぞカァアップゥウウウウウウウっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




ということで。(´・ω・)ノシ