Kalafinaの前日の、ライブのスサマジサにヤられっぱなしの
私でしたが、本日の午前の便で北海道に帰らなければなりません。

本当は、この日のライブも見ることができるはずだったのに~

あああ

ならば、せめて巡礼を充実させたいねぇ、と思ったときに
ひらめいたのが、こちらです。

朝風呂と朝酒。ドラマの「昼のセント酒」の銭湯に行って、
さらにかるくシゲの食べたもので朝食にすればいいじゃん。
スゴい、沙希ちゃん天才!!

と、むかったのが、御徒町の燕湯さん。
こちらの高温のお湯を楽しんでから、あのメニューで、
「申~し訳ない」をするつもりです。

この日にとまった、内神田と大手町の間くらいの宿を6時40分ごろに出て
神田駅まで歩きます。
5分ほどで神田駅。そこから山手線に乗って2駅で御徒町です。
そこから歩くこと5分たらずで到着です。
というか、ここって、畏友GMクンと、
名店「ぽん多」さんでとんかつを食べるために
ウロウロした場所です。そうですか、ここでしたか。

むかったのは、東京の銭湯では珍しい、朝六時から営業をしている
「燕湯」さんです。
朝六時から営業しているということは、深夜バスとかできた時は
すごく重宝しそうです。
畏友P氏と、FJライブ関係で、大阪から東京の深夜バスにお世話になったとき
こちらも朝6時から営業している大田区糀谷にある幸の湯にお世話になりましたが、
そんな感じでも使えそうです。

銭湯の前に立つと、千鳥破風の瓦屋根が特徴的な
趣ある外観です。これはシブい。

国の登録有形文化財に登録されているのは伊達ではないです。

外には、「わ」と書かれた板があります。
こちら営業中は「わ」と書かれた板=わいた
営業終了したら「ぬ」と書かれた板=ぬいたが掲げられます。
イキを感じます。

入り口ののれんをくぐって、番台のお姉さんに湯銭を渡して脱衣場へ。
朝の七時なのに結構賑わってます。

中へ入ると湯槽は、普通のとジャグジーの2種類があるだけというシンプルさ。
湯槽の奥にある岩山は、富士山の溶岩です。
これも、文化財の対象です。

ああ、テレビのドラマのままです。

さらに壁にはでかでかと描かれた三保の松原と、富士山です。
富士山の絵がお江戸の銭湯です。
また壁画の富士山と浴槽の富士山の溶岩ってのが、いい演出。
ドラマの中では、摩周湖と「北海道 摩周湖」の文字でした。
このペンキ絵に場所を示す字は書かれていませんでした。
たぶん女風呂にあるのでしょうが、そのかわりというか、
ナカジマと書かれています。

この署名こそ、現在は、日本で2人しかいない、銭湯のペンキ画画家の
中島さんかの作品であることの証です。
みの味のあるビジュアルが、いいです。

この日は「ひのき風呂」だそうで、その緑色のお湯に身を沈めます。

確かにアツいです。

が、函館の温泉とかの我慢できないレベルではありません。
というか、これは、気持ちいいです。

ジャグジーも同様の湯温ですが、こちらのアワアワがまたいい感じです。
このアツさと気泡で、ライブの強行遠征とかの疲れが溶けていきます。
ああ、これは気持ちいいねぇ。

と、気持ちよさでうえを向くと、銭湯の天井が高くて開放的です。

と、しばらくお湯を楽しんでから、備え付けのリンスインシャンプーと、
ボディーソープで身を清めてから、またまたお湯につかります。

ああ、朝から申し訳ない。


そんな気分でこちらをあとにしてから、た×松さんを目指しますが、

こちら、今は朝営業をしていない模様です。

くー、残念。

ま、上野ならまた訪れる機会があるかな。


ってことで上ののエキュートの「三代目たいめいけん」で
モーニングをいただいてから、羽田空港にかむかったのでした。



ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
現在おシゴトで、旭川某所に滞在中であります。
この旭川でお仕事が続く関係で、明日から札幌であるカープvsファイターズ戦には
参戦することができませんが、せいぜいお仕事先で、テレビ観戦で
応援したいと思います。がんばれカープ!!

さて、ここからが、タイトルの記事です。



北海道で一番オープンの遅い道道ではないかと
一説で言われているのが、倶知安町内と五色温泉を結ぶ
道道58号 倶知安ニセコ線の倶知安町花園からニセコ町五色温泉の区間です。

毎年、開通は5月の下旬までずれこんでいまして、
今年も開通が5月26日でした。

ここを通れば、蘭越の昆布とかをぐるっとまわることなく、
五色温泉まで、20分たらずで行ったり帰ったりする事が出来ます。

と、いうことで、行きますか。

共和の「ゆうじ」さんで美味しいスープカレーに舌鼓をうってから
岩内でお買い物をして。

そして、ニセコパノラマラインのドライブを楽しみます。
今年初のパノラマラインです。
ああ、楽しい道ですし、景色がきれいです。

それほど、山菜採りの車なども出ていないので
快適に走ることができます。
神仙沼のあたりは車がとまっていますが、
その他のところは交通量も少ない。楽しいドライブです。

と、いうことで車を走らせ
新緑を堪能しているうちに到着したのが五色温泉です。
車から降りると、硫黄の香りが漂っていて、
お出迎えしてくれます。いいねぇ。

最初は「山の家」さんに向かいますが、「今季の営業は終了しました」との表示
そうですか、まだでしたか。

と、いうことで、「五色温泉」さんへ向かいます。

厨房で湯銭を払い、久々の廊下を歩いて、
まず、むかったのは、手前にある「大浴場」です。
こちらは、内湯の湯花が結晶化している四角い湯槽と、
展望露天風呂の木の湯槽の気持ちよさがいいです。

脱衣場にいくと、先客は誰もおりません。
これは、ラッキーです。

う中へ向かいますと、内湯は湯槽が二つありまして、
二つとも湯がざんざんあふれていて、湯の花が結晶化したのが
湯槽の縁から床に模様を作っています。
湯槽の縁がボコボコになっているのも、
湯の成分の濃さを物語っています。


そして湯槽を満たすのは軽く碧がかった乳白色の湯です。
身を沈めると、すごくよい湯のあたり方に加えて、
ただでさえ盛大に漂っている硫黄香が鼻に近づいてきて
いい温泉に入っている感がたまりません

ああ、気持ちいいです。

露天は木でできているので、風情がありますし、
湯のかおりとともに木の香りもいい感じ。
新緑の山が目近に迫ってきているのもいいです。
ああ、自然に溶けていく感覚がたまりません。

そして、30分ばかし、温泉を楽しんだ後、
つづいて、奥にあるからまつの湯の脱衣場へいくと、
運よくこちらも先客がいないようです。

中へいくと、小ぢんまりとしていた浴室内は、
湯槽だけでなく、全体的に木造りなので、
さきほどの大浴場の露天よりも盛大な湯の香に混じる
木の香です。これは、たまりません。
お湯も、するっと肌になじみます。

やはり、こちらのお湯は好みですね。

露天も、すべすべの石の湯槽と
目の前に広がるニセコ連峰の眺めに加えて、
この蒼白くにごったお湯と、入ったらしばらく香りがとれないほどの
インパクトある硫黄の香りが、五色のキモです。

しかも、そんな温泉が貸切ですから、最高ですね。
さらに湯温が、先ほどの温泉にくらべて、すこしだけぬるい。
ということで、さらにまったりと温泉を堪能することができますし、
貸切ということで、心置きなく道南スタイルを楽しむことができます。

こちら秋口に行くと、とけるような鮮やかな紅葉を
冬場にいくと、そのそそりたつような雪庇に圧倒されますし、
夕方にいくと、五色温泉の名前は伊達ではない、
さまざまに変化する色合いのお湯に遭遇することができます。

やはりいつか泊まるしかないかねぇ。

というわけで、そんな極上の湯に身を沈めたり、
露天の風情を味わったり、中へもどって道南スタイルを楽しんだりしながら、
一時間ばかり滞在をして、温泉を味わいつくしたのでありました。

そして、開通したての倶知安市街へむかう道道を通って、
自宅へ戻ります。

山菜取りのために入山している車が多いのは、このシーズンならでは、
そんな人がさして広くない道の真ん中を歩いているのも計算には織り込み済みです。

が、そんな前情報だけでなく、自転車でこの道を走破しようとしている人とか
それこそ走っている人とかが予想以上に多く
車一台がようやくすれ違えるような道を丁寧に丁寧に走ったのです。

ま、私が働いている職場の同僚にも、同様な趣味を持っている人もいましので
納得ですか。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

では。(´・ω・)ノシ
さて、この日は、休日出勤でした。
とはいえ、お仕事は13時前に片づいたので、
そのまま、車にのりこんで、「広州屋台」でお昼です。

こちらは、道の駅ニセコビュープラザの向かい、国道五号線沿いにある人気店です。

まだ、私が富良野に住んでいた時代、よく畏友p氏や畏友GMクンなどと
ニセコに蕎麦とかカレーとか食べてから温泉に行ったものでしたが、
そのころから、そのお店の看板に描かれた独特のフォントが
「水曜どうでしょう」のロゴっぽかったため、
勝手に「どうでしょうの中華」などと呼んでいましたが、

現住所に引っ越してきて行ったら、こちらが美味しかった。
そこで、贔屓にしています。
しかも、加えて、店主がカープファンで、
店内はカープカレンダーとおか、ポスターとかが
張られていて、さりげなくグッズも飾られている。
そう、こちら、同士のお店です。

そこで、前回訪問したときは、カープアロハで訪れて、
店主の方にめっちゃ微笑まれたのに気をよくして、
この日もカピバラTシャツで訪問です。

そちらで、排骨飯を食べまして、大満足。
また、店主の方と目があいました。

赤鯉バカって認識してくれたかな?

そんな食事を終えて向かったのが、
蘭越町昆布と、ニセコの間にある黄金温泉です。


こちらの露天は比較的湯温が低いので、
いつまでも入って、まったりできる温泉です。

しかも、五月からしか入れない温泉ということで、
今年初訪問。
ぬるい温泉なので、気温が20度以上の日に行きたい。
ということで、この日はすべての条件を満たしているので、
今年初の黄金温泉です。

ということで、駐車場に車をとめて、
湯銭500円を払います。

そのときに、前回食べた
蕎麦の香りとしっかりとソバガラの色のついた
グレーのつやつやピカピカした、打ち立てのお蕎麦を思い出します。
素朴な味わいと、アマめのカエシの味の汁と
しっかりとしこしことした食感とちゅるんとしたのどごしの
しっかりと一本芯のとおった感じのお蕎麦の組み合わせが最高でした。
いやー、あれはウマかった。

そんなことを考えながら、中へ。

スタイロフォームが見え隠れするのが手作り感あふれて、
内装のコルクパネルにびっしりと張られた
お客さんの感想が書かれた付箋紙とともにいい味になっている
脱衣場で服を脱いだら、まずは内風呂へ。

ゴツゴツとした岩がいい感じで配置されていていいです。
湯槽に身を沈めますと、緑がかった褐色のお湯と鉄のような香りがいいのに加えて
しゃわしゃわっと気泡のつきがいいのもかわらないですが、
前回きた時にも気がついたのですが湯温があがっています。

軽く浸かったあと、今度は露天へ

そんなに広い湯槽ではないのですが開ける景色が、
正面に見えるニセコアンヌプリということで、
相変わらず開放的ないい露天風呂です。

まずは、大きくゴツゴツした湯槽に身を沈めますと、
内風呂よりは湯温が低いものの湯温あがっています。
気持ちはいいのはかわりませんが。

そこで、五右衛門風呂風の丸い湯槽のお湯の横にある
こちらは、五月の気温にも優しい温度です。

つづいて、二人が並んで入れるサイズの四角い湯槽へいきますと
透明度が高く、軽く硫黄の香りがしますし、
さらにぼーっとしていると、腕など全身にびっしりと気泡がつきますし、
しばらくすると体につききらなかった気泡が
しゃわしゃわと体を心地よくくすぐります。

これが、黄金温泉の醍醐味です。
こちらで、軽く落ちてしまっていました。

ああ、ぬるいお湯の中で落ちるのはサイコーです。

と、いうことで、
なんだかんだで二時間ばかし気持ちよい空間に身をおいたのちに、
車に乗ろうと外へ出て、家に戻ったのでした。

ああ、最高です。黄金温泉。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

ではまた(´・ω・)ノシ
今年の年度はじめのことです。
お仕事だったり、野球遠征だったりでなかなか忙しい。

しかも、忙しいときというと、 肩とか腰にも疲れが溜まってきます。

そんな時にはやはり、近場でゆったりとできる温泉でしょう
と向かったのがヒラフスキー場近くです。
ヒラフスキー場の温泉というと、たいていが循環塩素薬剤使用の温泉でして、
数少ない本格派の山田温泉も、外国資本に買収されてしまいました。

そんななか、この地区で唯一循環でもなく、
塩素薬剤の使用をしていないのが温泉ゆころ さんであります。

ヒラフスキー場下の飲食店やコンビニなどのお店が立ち並んでいる地域を左折して、
中小のペンションが立ち並んでいるゾーンにあります。
看板に沿っていきますと到着できますが、
いきなり、玄関の横にもうもうと湯気をたてているのが目に入ります。
「高温66℃ 注意!!」という表示があります。
もう、これだけですごいですし
ここからも温泉の香りがぷんぷんとしてきます。
これだけで、気分も盛り上がります。

もうもうと立ち上がる湯煙を横目に見ながら、階段を上がり
券売機に湯銭を払い、雰囲気のある階段をおりて脱衣場へ。

スキーシーズンももうおしまい近いいうことで、
駐車場は、結構あいていまして、 脱衣場も5.6人程度の入り。
そちらで、脱衣をしてから中へ。

こちらは、半地下にあるので、わずかに薄暗いところが、
同じようなアプローチで温泉へ向かうぬかびらの山湖荘とか、
旧の北村温泉を思わせたりをする浴室へ。

中へすすむと、碧茶色した湯をたっぷりとたたえている湯槽があります。
ま、ぬかびら、とか北村とかとは、全然違うのにシンパシーを感じてしまうのは、
その溢れてきたお湯が作りだした模様のスゴさなのです。

湯船の周りも、タイルの目地もお湯が流れ出るとろこから
排水溝あたりまでが盛大に湯の花でデコボコになっているのです。

湯槽の中もそんなぼこぼこがあります。

この、長い年月をかけて、湯の花が堆積され模様をつくり、
なおかつそれが前衛彫刻のような造形を造りつつある。
ザラザラを足の裏でも感じてウレしくなれるのです。

そんな気持ちのまま湯槽に身を沈めます。
ふー、いい感じですー。

お湯で顔をぷるぷるっとぬぐうと軽くしょっぱいお湯の味もいいです。

お湯の色は、どこか白金とかを思わせる笹濁色というか
碧がかった褐色なのに、味とか入り心地が違うのも温泉マジックです。

でもって、つづいて露天へGO

こちらの露天はペンション街の中なので高い塀に囲まれていますが、
10人程度は入れる広さなので開放的な印象です。

以前行ったときには、くつろいでいた先客が全員オーストラリア人という、
逆テルマエロマエのような体験をしました。
そのときは、僕自身、視力が0.1ないのと温泉ではめがねはしないので
視界がよくないので髪の毛の色で国籍を判別していたのですが、
全員が黒髪だというので油断をしていました。

が、この日はほぼ貸しきり状態で、
先客〔日本の人でした〕もすぐに出て行ったということで、
露天は貸切状態になったということで、道南スタイルを味わいました。

腰とかがイタいなかでの道内スタイルは最高です。

これは気持がいいなぁ。



ということで再び内風呂に戻り、しっとりしたお湯を堪能したのでした。

あー、いいお湯だった。

服を着ながら、脱衣場にある温泉の成分分析表別表を見たら、
成分総計 6,328mg/kg て書いてありました。
スゴい。どうりでですね。

さらに、温泉注意書きや由来など、ほとんどすべての張り紙に英訳と、
一部には、中国語・ハングルなどが書かれていました。
さすが、ニセコの温泉です。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。よろしければ。





では。(´・ω・)ノシ
土日オシゴト期間でした。
前日は、1日オシゴトで、この日は、午前中オシゴト。
ということで、オシゴトを終えた後、ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組を
BGMに、むかったのが、当ブログに何度となく出てきている
広州屋台さんです。

こちらは、道の駅ニセコビュープラザの向かい、国道五号線沿いにある人気店です。

まだ、私が富良野に住んでいた時代、よく畏友p氏や畏友GMクンなどと
ニセコに蕎麦とかカレーとか食べてから温泉に行ったものでしたが、
そのころから、そのお店の看板に描かれた独特のフォントが
「水曜どうでしょう」のロゴっぽかったため、
勝手に「どうでしょうの中華」などと呼んでいましたが、

現住所に引っ越してきて行ったら、こちらが美味しかった。
そこで、贔屓にしています。

そして、カレー風味が隠し味になっている排骨飯という
大好きな一品を美味しくいただきました。

味だけでも、お気に入りなのに、
店内のいたるところにカープのカレンダーとかポスターが張られているので、
またヘビロテします。



そして、そちらで排骨飯に舌鼓を打ったのちに、
むかったのが、アンヌプリ温泉湯心亭さんです。

こちらは、透明なクセのないお湯がいい感じで、
しっとりとしたやさしい湯あたりが、
近くの笹濁色で硫黄香がぷんぷんただよう、ニセコグランドホテルさんとは
違って、双方ともに素敵な魅力があります。


入り口にかかる大きい暖簾状の布がお出迎え。
重い木の扉についている、自然木の掴手を動かして中にはいると、
香が炊かれているのか、いい匂いがお出迎えです。
自販機で湯券を買って、手渡した後
清潔な感じの廊下を歩きお風呂へ。

脱衣場には2人くらいの浴衣が籠の中に入れられています。
中にはいると、ムッとする湯気とともに、どこか針葉樹を感じる
湯槽の香りとまざった湯の香がお出迎えしてくれて、
これだけで心がほっこりします。

中はそんなに広い浴室ではないですが、
4m程度の半円形の湯槽からは、透明なお湯があふれて、
これ見るだけでいい気分です。
しかも湯が流れた跡、浴室の床につく模様もいいです。

まずは湯槽に身を沈めるますが、小さい分だけ
湯があふれる勢いもあって音も混みでいい感じです。

そんな感じで、しばらく内湯を楽しんでから向かったのが露天風呂です。

扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた廊下を歩いていくと、
スロープになっていて、次第にお湯の中に入っていくという面白いアプローチ。
この緩やかなスロープが遊び心を感じます。

そして、露天ですが、内風呂がこぢんまりとしているのに対して、
本当に広々としています。
火山地帯ならではの、でかい庭石みたいのがゴロゴロしていて、
本当におちつけるいい風情です。

男湯と女湯は、木の塀で区切られていますが、
その境目の部分からは勢いよく、お湯が流れていて、
その音が周囲に響きます。

お湯もつるっとした湯触りがよくて、しっとりとした感じになります。
軽く口に含むと、ほのかな苦味と塩分が感じられるのも、
いいお湯です。

中央には、東屋みたいな大きな屋根がついているのですが、
そこの下に寝転がることができる大きい滑滑の石があります。
ここにごろんと寝転がって湯が湯槽に流れ込む音を聞きながら
ぼーっとすると

あー、 気持ちいい~も~しわけない。

と、露天、内風呂それぞれ堪能。

そして、すべてを済ませて外に出まして、外に出ると
きりっとした空気で改めてシャキッとする気分がいいです。



ちなみに今まで入った温泉については左側の欄にある温泉三昧を
クリックしてもらえれば見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ





作家の佐藤大輔さんが、本日おなくなりになりました。

そこまで熱心な読者というわけではありませんが、
仮想戦記というジャンルの面白さを知ることができたのは、
間違いなく、氏の一連の作品です。

今まで本当にありがとうございました。
心より哀悼の意を表したいと思います。