FC2ブログ
ブログ「History Factory バックヤード」にご訪問いただき、
ありがとうございます!


※この 「ようこそHistory Factoryバックヤードへ」 は、最新の記事ではありません。
最新のものは、この下にあります次の記事で、そこから時系列で記事を表示します。




【ご挨拶】 

こんにちは。
若しくは、はじめまして。
イトー×aniです。

当ブログ「History Factory バックヤード」は、ブログタイトルのところにもあるとおり、
「北海道富良野市から発信してるコミュニティーFM「ラジオふらの」で
かつて放送していた「FURANO History Factory」(FHF)の番組アーカイブと、
番組ナビゲーター「イトー×ani」の身の回りを綴ったものです。

ですから、もともとは僕が、企画・構成・選曲・MCのすべてを担当をしていた
ラジオ番組の内容などを補完する形で、展開をしておりました。
が、僕が現住所に引越し、継続が困難になってしまい番組が終了した現在では、
番組の内容に関すること以外のコンテンツで、続いております。

かつてオンエアをした番組の内容や、それにまつわる歴史の話は「FHF」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

番組内で流した楽曲の感想や、解説については、「FHFの音楽」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

また、番組の中では、富良野がカレーの町であるということから、
「富良野印度化計画」のコーナー名で、カレー情報も流してきました、
この番組の中で流したカレーをはじめとしたB級グルメの情報と、
最近に至るまで、僕が行ったカレー屋さんの感想 (北海道内の店が多い) などについては
「印度化計画」というカテゴリーをクリックすれば見ることができます。

その他、直近で、僕が行った温泉 (ほとんど北海道) についての感想は、「温泉三昧」

鑑賞したライブ (梶浦由記さん関連のアーティスト多し) の感想や、
音楽に関するニュースをはじめとしたことは「音楽」

観戦に行ったスポーツのゲームの感想 (カープ戦 多し) や、
野球、サッカー、ラグビー、駅伝をはじめとしたスポーツに関連することは「スポーツ」

読んだり見たりしたマンガやアニメや本の感想とか、
参加した同人イベントなどの感想などは「マンガ・アニメ・本」

ライブや野球観戦や、同人イベント、もしくは巡礼(久住昌之作品・ワカコ酒などのマンガめし巡礼)などで
行った、カレー屋以外のお店とか、食べたものなどの感想や紹介などは「くいもん」

その他のニュースや、僕自身の身辺雑記は、
「ani」というカテゴリーでまとめています、


整理が悪くて恐縮ですが、カテゴリを利用してもらえれば、
知りたい情報に近づけると思いますので、活用していただけたら有り難いと思っています。



では、この下からが、更新をされた記事です。
よろしければ、おつきあいのほどよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



北海道に帰ってきました。

現在札幌某所に隠棲中。
本日、旭川でのファイターズvsホークス戦に備えています。
セ・リーグもそうですが、パ・リーグも大詰めで、
緊迫感あふれる一戦ですが。
リーグも違うので、気楽に野球を楽しんできます。

あとは、天気かな。



と、いうことで昨日のお話です。

南多摩駅の近くに朝食がいただけるお店がないということで
そのまま宿の無料朝食のお世話になります。

そして、ブログを更新したり、身を浄めたりして
MGCを見ながら時間をすごして10時に宿を出ます。

南多摩駅10時07分発 南武線川崎行きで稲田堤へ
稲田堤で少し歩いて京王稲田堤駅へ
京王稲田堤駅発10時20分発快速橋本行きで
京王よみうりランドへいきます。

おお、ここ、「球場三食」(渡辺保裕さん著 講談社アフタヌーンコミック)
で出てきました。

で、主人公日下と、日下の予備校の教え子、代田ライナちゃんは
スタジアムに向かうのに、
全283段の階段を登る「巨人への道」を使ってましたが、
私は最初っから、シャトルバスでらくーに行きます。

10時30分発のシャトルバスは、まだ時間が早いせいか
4割程度の込み具合。しかも半分以上がゴールデンイーグルスの
グッズを身に着けています。

バスは、よみうりV通りを進んでいって、ジャイアンツの練習場の
駐車場にいったん入ります。関係者以外立ち入り禁止のところに
入るってレアな体験です。
ゴールデンイーグルスのバスも停まっています。
「仙台からバスで来たのかなぁ」と、ゴールデンイーグルスの
ユニを着た人たちが盛り上がっています。

バスはそこで折り返して、関係者立ち入り禁止ゾーンの外の練習場の横にとまります。

ありがとうございました。とお礼をしてから
歩くとすぐに球場です。

入場券を購入してから中へ
入ってすぐに、面白いゲームに出会えるように
野球の神様に2礼2拍手1礼です。

そして、三塁側の通路前に席を確保。
三塁ベースとホームベースの中間より
少しホームより。なかなかいい場所です。

外野をおおう緑の天然芝がきれいですし、
後ろの丘もいい背景。
ゴンドラとかジェットコースターとか遊具が見えるのも、
異空間っぽくって、祝祭気分が盛り上がります。

ぐるっと一周すると、ファースト側の奥には
サブグランドがあって、そこからあがってきた選手のまわりに
色紙を持ったファンが集まっています。

サード側のブルペンでは、ゴールデンイーグルスの選手がアップして、
その後、レフトスタンド奥のサブグランドで、
ブラジル体操をしています。

さらには、ホワイトボードには本日のファンサービスが
いろいろと書かれています。

そんなのを一通り見てから昼食です。
まずはスタンド後ろにあるショップで、「球場三食」で日下が食べていた
メキシカンサンド、そしてハイボール。
さらには、入り口のところで売っていた、叙々苑のライスバーガーを購入。

11時からゴールデンイーグルスの練習がはじまってますが、
それを見ながら、それぞれ美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
感想はまた後日です。

にしても今日は暑いです。久々に日差しが強烈です。

ぼーっと練習とかグランド整備とかを見ながら、
時間をすごします。

12時45分スタメン発表です。

先攻はゴールデンイーグルス
(右)小郷(二)西巻(中)卓丸(指)和田(一)山下(三)内田(左)中村(捕)石原(遊)吉持
先発は池田選手と発表されます。が、のちに変更されます。
後攻はジャイアンツ
(中)松原(遊)湯浅(一)ビヤヌエバ(指)北村(二)若林(左)加藤(三)山本(捕)田中貴(右)立岡
先発はCCメルセデス選手です。

その後、52分にDJの人の紹介でビーナスのパフォーマンス。
ジャビットも来てます。
さらに、55分にはスカパーファーム月間MVPにジャイアンツの松原選手が受賞したので
表彰式があります。
そして、表彰式が終わってから、メンバー表の交換
ここで少し時間がかかっています。
先発が池田選手から、熊原選手に交代することが
発表されます。

13時にジャイアンツオンユアマークスがあってから始球式。
バッテリーともに公募の人で、両方女の子です。
こういうのもいいです。

そして、13時2分にプレイボールです。

1回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭小郷選手、低めのボールを見逃し三振、
続く西巻選手、低めのスライダーを空振り三振
卓丸選手も、低めの変化球を見逃し三振 14球で三凡です。

1回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭松原選手、続く湯浅選手と連続してセンターフライ、
ビヤヌエバ選手セカンドフライで、13球で三凡です。

両投手ともいい立ち上がりです。

2回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭和田選手。ガンバレー!!と一塁側からも拍手がおきます。
が、ハーフ気味のスイングをとられて空振り三振、
山下選手、変化球にタイミングがあわず空振り三振、
内田選手はレフト前にうまく落とします。
両軍通して初ヒットですが、
中村選手も変化球にタイミングがあわず
腰砕けのスイングで空振り三振でチェンジ
メルセデス選手、アウトは全部三振でとります。

2回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭北村選手、逆方向へはじき返す強いバッティングですが、
ライトフライ、続く若林選手、センター前にワンバンで落ちる
ジャイアンツ初ヒットです。
が、加藤選手のファーストゴロで、3-6-4の併殺で
三人12球で攻撃終了です。

3回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
ジャイアンツは、全部のアウトを三振でとったメルセデス選手にかえて
戸郷選手をマウンドにおくります。
先頭石原選手がきれいにセンター前に運んで出塁
つづく吉持選手がピッチャー前にしっかりころがす送りバントで
1アウト2塁で、さらに西巻選手の打席のワイルドピッチで
石原選手は三塁にすすみますが
小郷選手、西巻選手と連続で空振り三振でチェンジです。

3回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭山本選手がストレートのフォアボールで出ると
田中貴選手はリフトフライ
立岡選手のあたりはサードの右で三遊間抜けようとするあたりですが、
サードの内田選手がファインプレーでおさえます。
「一軍で待ってるよ~」
「熱盛だよ、熱盛」などと盛り上がる三塁側です。
山本選手はセカンドに進塁しますが、
さらに松原選手はセカンドゴロでチェンジです。


グランド整備があって、それを利用して、
メキシカンドックを購入。美味しくいただきました。
こちらの感想もまた後日。
4回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭卓丸選手、続く和田選手と連続して空振り三振
山下選手のファウルボールが私が座っている三席隣に飛び込みます。
そして山下選手はショートフライで13球で三凡です。


応援メッセージが読まれてから
4回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭湯浅選手、落ちる変化球に空振り三振、
ビヤヌエバ選手も空振り三振、
北村選手はきれいにセンター前に運びますが、
若林選手の鋭いゴロを山下選手が軽く捌いて
自分でベースをふんでアウト、チェンジです。

ベンチに戻る山下選手に「山下さーん、ナイスプレー」と
声が飛びます。


5回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭内田選手ショートゴロ、
中村選手、石原選手と連続して空振り三振で
14球で三凡です。

ゴールデンイーグルスは、キャッチャーの石原選手で攻撃が終わったので、
ピッチャーのボールを受けるために嶋選手が出てきます。
「嶋さーん!!」「嶋ー!!」と盛り上がる三塁側スタンド


5回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭加藤選手が1-2からのボールをレフトフェンス直撃の
ツーベースで出塁。ここでゴールデンイーグルスの三木監督が
審判に何か確認しています。
続く山本選手がレフトフライで倒れたところで
ゴールデンイーグルス、熊原選手から西宮選手にスイッチします。
Gフレアで盛り上がる一塁側スタンドです。
田中貴選手はライト前に運ぶヒットで1アウト1.3塁になりますが
立岡選手、高めのボール気味のストレートを空振り三振
松原選手も二球ファウルのあと三球目を空振り三振です。

「西宮~ ないぴっち~」と声がとびます。


グランド整備があって、ビーナスのダンスパフォーマンスがあってから

6回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
ジャイアンツはファーストにマルチネス選手が入ります。
先頭吉持選手センターフライから、小郷選手は右中間を真っ二つに破り
ボールは転々とフェンスへ。その間小郷選手は二塁に到達です。
ここで代打山﨑選手をおくりますが、初球をキャッチャーフライ
卓丸選手はサードゴロでチェンジです。


6回裏 ジャイアンツの攻撃
ここで、代打の山﨑選手にかえて、セカンド松本選手。
さらにマウンドには近藤選手をおくります。
先頭湯浅選手、二球目をレフトポールの左ながらも
外野の後ろのフェンスを直撃する大きな当たりを打ちますが
結局セカンドゴロ、
マルチネス選手は7球粘りますが空振り三振
北村選手ピッチャーゴロで14球で三凡です。


らっくてーん、いーぐるーす らっくてーん いーぐるーす♪
と盛り上がってから、ラッキーセブン
7回表 ゴールデンイーグルスの攻撃です。
先頭和田選手、レフトフライ、山下選手セカンドゴロから
内田選手、1-1からバット一閃
右中間の深いところに飛び込む一発を放ちます。
しかも、芝生がある上まで飛びます。すごい。
盛り上がる三塁側で、つい、盛り上がって
周囲の人とハイタッチをする私です。
中村選手はセカンドゴロでチェンジですが、
ゴールデンイーグルス、先制しました。


とーこんこーめーてー♪と盛り上がって。
その間、ジャビットのバク転があったり、ビーナスのパフォがあって
盛り上がってジャイアンツのラッキーセブンです。

三塁側からの「うっちーだー、うっちーだー」のコールに
帽子をとってぺこっと頭を下げる内田選手です。


7回表ジャイアンツの攻撃
先頭の若林選手がレフトの左をぬくツーベースででると、
加藤選手もライト前ヒットで続きます。
オオオオーオオオオーオオオオーと
Gフレアで盛り上がる一塁側です。
山本選手が三遊間を抜いて、ショートは横っ飛びしますが届かず
ボールはレフトへ転々
その間若林選手が還って、ジャイアンツ同点に追いつきます。
オレンジのアレがくるくるします、
ここで、ゴールデンイーグルスは、バッテリーを交代
ピッチャーは高梨選手、キャッチャーは嶋選手です。
田中貴選手はサード前にきっちり送りバントをきめて
1アウトランナー2.3塁。
勝ちとれ!チャンテで盛り上がる一塁側
ここで立岡選手がセンター前にきれいに運んで
加藤選手、山本選手が還って、ジャイアンツ逆転。
またまたオレンジ色のアレがくるくるします。
松原選手はピッチャー前にバントを決めますが
湯浅選手、センターフライでチェンジです。


グラセンの時間を利用して飲み物を買いにいきます。

そして、8回表、ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭嶋選手、高めのストレートを空振り三振
吉持選手はライトへ運びます。ナイス逆方向
ただ小郷選手レフトフライ、松本選手空振り三振でチェンジです。


8回裏 ジャイアンツの攻撃
ゴールデンイーグルスは、ピッチャーに木村選手、
センターに島井選手をいれて、センターの卓丸選手をレフトに
先頭マルチネス選手、7球粘りますが、空振り三振
北村選手は一度もバットを振らずフォアボールで出塁
オーオオオーオーオオオオーオーオオオーオーオーと
ファイターチャンテで盛り上がりますが
若林選手は空振り三振、加藤選手はライト前にぽとりと落としますが
山本選手空振り三振でチェンジです。


9回表ゴールデンイーグルスの攻撃
ジャイアンツは、マウンドに堀岡選手をおくります。
先頭卓丸選手7球粘りますが空振り三振
和田選手センターフライ
山下選手もセンターフライでゲームセットです。


チャンスを生かせたチームと
生かせなかったチームの差が出ましたかね。

でも、ゴールデンイーグルスの二軍戦は
はじめてみましたが、現在首位のチームということもあって
なかなか面白いゲームでした。

次は、利府か森林どりスタジアムで見たいですね。


と、思いながら、球場にむかって、2礼2拍手1礼
面白いゲームに感謝しつつ、

よみうりV通りを歩いて京王よみうりランド駅を目指したのですが、
2009年に在籍していた選手、コーチの手形が
途中にあって、懐かしい名前がたくさんありました。

と、いうかファイターズ関係者、多いな。


こういうのも、いいです。



そして、京王よみうりランド16時25分発調布行きで、京王稲田堤へ
稲田堤16時36分発川崎行きで川崎へ
京急川崎17時19分発羽田空港行きで羽田へむかって

スカイマーク727便でで新千歳へと飛んだのでした。


E 1-3 G

勝利投手〔ジャイアンツ〕戸郷 4勝1敗0S
セーブ〔ジャイアンツ〕堀岡 0勝1敗9S
敗戦投手〔イーグルス〕近藤 3勝5敗1S

本塁打〔イーグルス〕内田 14号

観衆数 932名 試合時間 3時間03分 



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在稲城市某所に隠遁中。
ここにくるのは、昨年11月の「ゆるジュン△」以来ですから
10ヶ月ぶりです。

荷物の整理なども終えて、これから、出撃の準備もすませたので、
これから、読売ジャイアンツ球場へむかって
ジャイアンツvsゴールデンイーグルスのイースタンリーグ公式戦に
参戦します。

はじめての球場なので、楽しみです。


そんな話はまた後日。
ここからがタイトルの記事ですが、


カープ、勝ちました。

今年、レギュラーシーズンの東京ドームでのジャイアンツ戦を
勝ちでしめました。
私的にも、今期のカープ一軍レギュラーシーズンの参戦は
最後になるので、勝ちで締めくくってよかったです。

そんなお話です。

前日13日は、定時に仕事を終えてそのまま新千歳へ車を走らせます。
三連休の前日だということで、仕事の昼休憩時間に
駐車場情報を見たら、AもBも満車だとか。

ただ、その後の休憩時間に見たら空になりましたが、
ライブカメラの画像では混雑の様子。

と、いうことで仕事を終えてすぐの出発でした。

途中、支笏湖畔で一箇所工事のために
片側交互通行がありましたが、それ以外は順調にすすみまして、
途中給油をしたりして、結果18時20分ころに新千歳の駐車場着。
途中の駐車場の表示を見ると、両方「空」になってます。まずはよかった。

今回は往復SKYMARKなのでB駐車場です。
入って、空スペースを確認しながら、空港連絡通路へ近づいていくと、
21番のしかも連絡橋近くに、空スペース発見。
これは幸先いいです。中﨑もがんばって復活してくれー、と思いながら
空港へむかいます。

搭乗手続きをすませてから手荷物検査をすませ
制限区域内に入ります。
そして、「島の人」で海鮮丼とハイボールをいただいてから
19時10分発のSky726便で飛びます。

ただ、今回は最初から10分遅れで、搭乗開始が19時10分でした。

ここしばらくまたまたまたまた仕事が詰まっていたのと
三連休をあけるために、残業残業また残業だったのと、
ハイボールがまわったので、機内では速攻オちます。
さらに着陸の衝撃まで熟睡です。

と、いうことで羽田にも10分以上遅れて到着。

21時22分発、エアポート快特 柴山千代田行きで三田へ
21時51分発、西高島平行きで春日へ。

そして22時を少し回った時間に、宿にチェックイン。
その後は、女子無駄とかDrストーンとかお母さんとか見ながら
まったりと夜をすごしました。


そして翌朝は4時30分起床。
この日まずやることは、11番ゲート前の場所取りです。
この日のチケットは立見席なので、なるべくいい場所をとるためには
大切なことです。

と、いうことで5時10分、いったん宿をでてから東京ドームへ。
この時間のドームって初めてです。
朝の空気が気持ちいいです。

5時25分くらいにドーム着。軽く礼をしてから敷地内に入って、
25番ゲート前に場所取りのシートとかが張られているのを見ながら、
11番ゲートにむかいますと、あ、あります。
既に12人くらいの場所取りがされています。

見ると4時30分から場所取りが可能だそうです。なるほど。
と、いうことで持ってきたシートを養生テープで張って
名前を書いてからいったんこちらを去ります。

そして宿へ戻ってすこしまったりしてから
6時55分に朝食のために外に出ます。

そして春日駅近くのお蕎麦屋さんで朝食をすませて、
散歩がてら再びドームへ。
いくと自分が確保したスペースの後ろには
さらに16スペースの場所とりがされています。

7時30分でも30スペース内には入れるということですか。
なるほど。

そして宿にもどって、ブログの更新をしたり
身を浄めてから、デニム柄のカープボクサーパンツ
赤のノースリーアンダーシャツ、
先日福屋さんで買ったカープスニーカーソックスのうえに
カープアロハ、ワーキングハーフパンツと、
準戦闘服に着替えて準備万端
9時55分にチェックアウトです。お世話になりました。

そして軽く買い物をしたあと、水道橋駅下車
途中、第二次大戦で命を落とした野球選手の慰霊のための
鎮魂の碑があったので、手を合わせてから
敷地入り口のところで、野球の神様に、二礼二拍手一礼
本日の面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから
10時30分、三度東京ドームの地に立ちます。

10時35分位にシートを張っている場所につきます。
周囲にはまだそれほど人は出ていなくて、ちらほらという程度。
ま、MAZDAで並びなれているからええんじゃ。へでもないわい。
と、折りたたみいすを出して、スポーツ新聞を読みながら待機です。

にしても、この日はそこまで暑くなくってよかったです。
とはいえ、ひっきりなしに流れる「闘魂こめて」に
洗脳されそうになります。
「球は飛ぶー飛ぶー ド×ムの風ーでー♪」

11時30分くらいに周囲もあらかたそろいまして、
11時47分、列整理の注意のアナウンスが流れます。

そして11時50分列整理で移動。
さらに開場3分前くらいに手荷物点検をしてから
開場時間ちょうどに中へ。

結果24番ゲート近くの前も左もバーがある
通路横の好場所を確保しました。
そこにシートを敷いて折りたたみのいすを置いて
準備万端です。

で、食事の確保です。

前回のファイターズ戦の時にはじめて気がついて
グルメストリートを一通りぐるっと見てから、
タイ料理 クアン・サイアムさんのグリーンカレー
さらにはDS105さんで、メロンパンバーガーです。
DS105さんでは、ビーナスのプロデュースメニューが売られていて
そちらを買った人は一緒に写真がとれるとか
そういうサービスもいいです。

ま、私はノーマルなやつを買ったのですが。

そして、自席でそれぞれ美味しくいただきました。
感想はまた後日です。

さらにカープの練習を見ながらぼーっとしたりしていると
15分に先発ピッチャー発表。

カープはジョンソン選手、ジャイアンツは澤村選手です。
その後、客席がうつされたときに
福王氏のタオルを掲げるファンがおおうつしになったりします。
25分にレジェンドゲストの紹介。本日のレジェンドゲストは篠塚さんです。
30分にスタメン発表。カープは5番長野選手で
オレンジの人も盛り上がっています。
50分ビーナスのパフォーマンスがあって、55分にメンバー表交換があって
ジャイアンツナインが守備に散って
プレイボールです。




1回表 カープの攻撃
先頭龍馬選手、低い球を空振り、三振
菊池選手、ショートへのファウルフライ
誠也選手 低めの球を空振り三振、12球で三凡です。


1回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭亀井選手見逃し三振
続く坂本選手低めの落ちる球を体制崩して打って
左中間へ。少し交差しかけますが、レフトフライ
丸選手空振りの三振で、13球で三凡です。

両投手とも磐石の立ち上がりです。



2回表 広島の攻撃
先頭松山選手空振り三振
長野選手サードゴロ 2アウト
メヒア選手空振り三振でまた12球で三凡です。


2回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭岡本選手、初球のファウルから4球連続ボールで
フォアボールで出塁。両軍あわせて初めてのランナーです。
さらにゲレーロ選手もフォアボールを選んでノーアウト 1,2塁
Gフレアで盛り上がりますが
大城選手、バントがファウルになったりで、8球粘りますが空振り三振
炭谷選手6-4-3のダブルプレーでチェンジです。


3回表 カープの攻撃
先頭小園選手レフトフライ
続く石原選手、ジョンソン選手と連続して空振り三振 16球で三凡です

ピースサインビーナスダンスがあって


3回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭田中俊太選手ショートゴロから、
一人のランナーも出してないパーフェクトピッチングをしている先発澤村選手に
代打が告げられてオレンジ色の人もええええええとか言ってます。
代打の石川選手がピッチャーゴロ 亀井選手見逃し三振で12球で三凡です



4回表 カープの攻撃
ジャイアンツは高木選手をマウンドにおくります。
 黄身だけ~のタン麺~伸び~ろ♪
先頭龍馬選手セカンドゴロ 菊池選手センターフライで2アウトから
誠也選手フルカウントから打った打球がぐんぐん近づいてきて
そのままレフトスタンドにとびこみます。うぉおおおおおおおお。
初ヒットが先制ホームランです。
宮島さんじゃぁああああああ!バンザーイバンザーイバンザーイ!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
松山選手空振り三振でチェンジですが、先制しました。

ドドンドドンドンすずーきせいや ドドンドドンドンすずーきせいや
のコールに帽子をとってお辞儀して応える誠也選手です。
いーぞーいーぞーせいやー!!

バズーカータイムがあって
4回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭坂本選手を四球で出すと、
続く丸選手、3-2のフルカウントからバット一閃
ライトスタンドへ飛び込みます。ああああああ逆転されました。
オレンジのアレがクルクルしてます。
岡本選手空振り三振、勢いあまってそのまま転倒。ゲレーロ選手センターフライ
大城選手ショートフライでチェンジです。

ドドドンまーるっ ドドドンまーるっのコールに
帽子をとってお辞儀して応える丸選手です。あれ、敬礼じゃない。
あれは広瀬選手のパフォなんでやめたんですかね。

ここで、レジェンドシートの様子がビジョンにうつりますが
そこにうつる大野豊さんの姿に盛り上がる赤い人です。


5回表 カープの攻撃
先頭長野選手セカンドゴロ、メヒア選手ショートゴロ
小園選手セカンドライナーで15球で三凡です


名シーンクイズがあって、
5回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭炭谷選手がきれいにセンターへ打って出塁
俊太選手がキャッチャー前にバントを決めて1アウト2塁
ここでピッチャーの打順なので、代打に陽選手、
陽選手はライトフライで2アウトから、亀井選手はレフト前ヒットで1,3塁
ここで、炭谷選手とメヒア選手が交錯したので、
4審判がサード守備位置近くに集まります。
が、オブストラクションがなくても得点はできないとの判断で
13塁で再開しますが、坂本選手の打席で塁ランナー亀井選手が飛び出します。
石原選手が
2塁に投げてタイミング的にはアウトですが、これが悪送球になって、
三塁ランナー炭谷選手生還して、ジャイアンツ1点追加
まだオレンジのアレがクルクルします。
ここで、坂本選手を申告敬遠、さらにGフレアで盛り上がるなか
丸選手フォアボールを選んで満塁
岡本選手の大きなあたりはをレフトを襲いますが、
長野選手がフェンスについてきっちりキャッチ。チェンジです。


6回表 カープの攻撃
ジャイアンツはマシソン選手がマウンドにあがります。
さらに、カープは石原選手の打順ですが代打翼選手です。
ジョンソン選手、5回で100球超えですので、ここでバッテリー交代です。
翼選手はライトフライ
ジョンソン選手の代打に安部選手ですが空振り三振
龍馬選手、ライトへのヒットで出塁
つづく菊池選手の打席7球目で龍馬選手盗塁を決めて
菊池選手も8球目にフォアボールを選んで1.2塁です。
ここで、ジャイアンツは大竹選手がマウンドにあがります。
「大竹~!!空気よめよ~」とアカい人。
飛ばすチャンスで盛り上がるレフトスタンドから三塁側。
ここで誠也選手のあたりがライト右へのタイムリーツーベースで
カープが1点追加です。
宮島さんじゃぁあああああああ ワッショイワッショイ
周囲の人とカンフーバットカンカンカン
さらにジャイアンツは田口選手をマウンドにおくります。
飛ばすチャンスが響くなか松山選手、レフト左を抜くタイムリーツーベースで
菊池選手、誠也選手が還って、カープ逆転です。
宮島さんじやゃぁあああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とカンフーバットカンカンカン
そして、長野選手。「ちょーのー、とどめ刺してくれー!!」
などと赤い人たちの祈りむなしく、空振り三振でチェンジです。

ドドンドドンドンすずーきせいや のコールに 帽子とって礼して応じる誠也選手
ドドドンまつやまどどどんまつやま のコールに帽子とってお辞儀する松山選手です。

いーぞーいーぞーせいや
いーぞーいーぞーまっつーやまー

松山~ありがと~ と誰かが言うのに呼応して
大竹もありがと~ とアカい人です。


6回裏 ジャイアンツの攻撃
カープはジョンソン選手に代打が出たので、
レグナルト選手をマウンドにおくります。
さらに代打の翼選手がそのままキャッチャー入ります。

ゲレーロ選手は8球ファールで粘りを見せますが12球目を空振り三振
大城選手のふらふらっとあがった当たりは、センターとセカンドとショートの
ちょうど真ん中に落ちます。
炭谷選手空振り三振で2アウト
田中俊太選手は詰まったあたりがセンター前へおちて1,2塁
ピッチャーの打順で、代打吉川大選手ですが、レフトフライでチェンジです。


カープ カープ カープひろっしま ひーろしーまーカーアープー♪
と歌ってから、ラッキーセブン
7回表 カープの攻撃
ジャイアンツは中川選手がマウンドにあがります。
先頭メヒア選手セカンド左の深いところへのゴロを
俊太選手がよくおいついて、しかも素早く切り返して大遠投でアウト
ビジョンには「AMAZING!」と出ますが、
「メヒアの足がアメージングじゃ」とアカい人。
小園選手もセカンドゴロ
翼選手はレフトへのヒットで出塁したところで
代打に三好選手です。
ドド ハイ ドド ハイ ドドドド ミヨシッ!!
新しいパターンのコールです。
が、三好選手空振りの三振でチェンジです。


闘魂こめてから、ジャイアンツのラッキーセブンです。
7回裏 ジャイアンツの攻撃
代打の三好選手がサードに入り、メヒア選手の打順に
ピッチャーで中村恭選手が入りマウンドにあがります。
きょーへー、がんばれー!!
亀井選手をフォアボールで出して、
坂本選手は菊池選手の後ろにふらふらっと上がるセカンドフライを
菊池選手がワンハンドキャッチ
丸選手がフォアボールを選んで1,2塁から
岡本選手がセンター前にはじき返して、同点タイムリーになって、
さらにランナー1,3塁
ゲレーロ選手のセンターフライに三塁ランナーの丸選手が
タッチアップで本塁を狙いますが、龍馬選手の好返球でアウト!!
ホームでのクロスプレーに、原監督がリクエスト。
ビジョンにうつる映像では、翼選手のタッチが早そうなので
盛り上がる赤い人たち。そして、判定は覆りませんでした。
いーぞー龍馬ぁあああ!!

燃える赤ヘル僕らのカープで盛り上がってから
8回表 カープの攻撃
先ほど好返球を見せた龍馬選手が左中間を破るツーベースで出ると、
菊池選手、見事ピッチャーに採らせる送りバントをきっちり決めます。
誠也選手は申告敬遠で1.3塁になりますが、
ここで4番松山選手、センター右へのタイムリーツーベースで
カープが勝ち越しです。宮島さんじゃぁああああああああ!
バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
ここで、松山選手に代走、帰巣本能の野間選手が送られます。
ジャイアンツはデラロサ選手をマウンドにおくりますが、
長野選手にぶつけて、満塁にします。
ここで、ピッチャーの打順。ダグアウトから堂林選手が出てきて
盛り上がる赤い人たちですが、堂林選手は一塁へ。
長野選手の代走です。
そして、代打は坂倉選手です。
「堂林が代打で代走曽根だろー」などと赤い人が言ってます。
坂倉選手がサードゴロ、続く小園選手がピッチャーゴロ。そのままデラロサ選手が
ファーストベースを踏んでチェンジです。
ここで、手をうったのに一点しか取れなかったのが、ちょっともやもやします。

いーぞーいーぞーまっつーやまー!と盛り上がるレフトスタンドです。

8回裏 ジャイアンツの攻撃
カープは菊池保選手をマウンドにおくります。
そして、代走の野間選手がレフト、代走の堂林選手がファーストに入ります。
先頭大城選手センターフライ、炭谷選手の代打重信選手サードゴロ
田中俊太選手空振り三振で15球で久々の三凡です。
1アウト満塁で1点しかとれなかったいやな流れを
断ち切ってくれました。


9回表 カープの攻撃
ジャイアンツは、代打の重信選手がライトに入り、
ライトの亀井選手がファースト、ファーストの大城選手がキャッチャーに入ります。
先頭翼選手ライト前へきれいな流し打ちでヒットを放ちますが、
三好選手、送りバントが小フライになって、これを岡本選手が
ワンバンで処置、セカンドでひとつアウトをとります。
龍馬選手はストレートのフォアボールで1,2塁になりますが
菊池選手空振りの三振、誠也選手センターフライでチェンジです。


9回裏 ジャイアンツの攻撃
カープは、押さえの切り札フランスア選手をマウンドにおくります。
ピッチャーの打順で代打が阿部選手。しんのーすけー!!と盛り上がりますが
阿部選手空振り三振
亀井選手がライトへのヒットで出塁し、代走増田大選手。
坂本選手フォアボールを選んで1,2塁
そして、丸選手が0-2からレフトへヒットで、これで増田選手が還って
ジャイアンツ同点です。あああああああああああ
さらに岡本選手をKBBBの3-1から歩かせて満塁です。
一打サヨナラのピンチですが、
ゲレーロ選手ファーストファウルフライ、
大城選手ピッチャーフライでチェンジです。


10回表 カープの攻撃
ジャイアンツは代打の阿部選手がファーストに入って、
代走の増田選手がレフトに入ります。
さらに、マウンドには鍵谷選手です。
鍵谷選手久しぶりです。
グラブ、ラベンダー色じゃなくて黒になってますね。
先頭の野間選手の当たりは左中間を破る当たりで
返球する時点ですでに野間選手はセカンドベースにいます。
スタンディングダブルです。
ここで、堂林選手はバントの構え。
「ほかに、いい代打いねんだから、堂林に打たせろやー」と赤い人。
しょーたっどーばやっし!!と盛り上がるなか
堂林選手ピッチャー前にしっかりと送りバントを決めて1アウト3塁
そして、磯村選手が代打にコールされます。
「そっかー、磯村いたなー、ごめん緒方ー!」とさっきの人。
飛ばすチャンスで盛り上がるなか、磯村選手の5球目を大城選手がそらします。
帰巣本能の塊、野間選手がホームを陥れます。
うぉおおおおおおおおお!!!たかよしぃいいいいいいい!!
宮島さんじゃぁぁあああああ ワッショイワッショイ
周囲の人とカンフーバットカンカンしたり、ハイタッチしたり
ぐちゃぐちゃになって盛り上がります。
磯村選手はセカンドゴロ 小園選手はセカンドライナーでチェンジですが
これはデカいです。


10回裏 ジャイアンツの攻撃
カープは今村選手がマウンドにあがります。
大臣?? 大臣?? ってならないようにお願いします。
先頭重信選手サードフライ、田中俊太選手センターフライで2アウトから
阿部選手にセンターへのヒットをうたれます。
そして阿部選手はそのままランナーに残ります。
「代走じゃないんだねー」と周囲の人。確かに。
後で知ったのですが、この時にベンチに残っているのは、
山下選手、小林選手、宮国選手だけだったそうです。
そして、増田選手の打席で代打山下選手ですが、サードフライでゲームセットです。


うぉおおおおおおおおお!!!!!勝ったぁあああああああああ

宮島さんで盛り上がってから、ハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑してから
選手の応援歌メドレーを歌って
ヒロインを待ちます。
この日のヒーローインタビューは野間選手。
ただ24番ゲートのお客さんを誘導するアナウンスが大きくて
ほとんど聞こえませんがいいんです。

そして、野間選手の応援歌で盛り上がってから、
再びメドレー。

そして応援団のトークがあってから
レフトスタンドから突如響く、エルドレット選手の応援歌です。
明日の引退セレモニーの予行ですかね。
でも、東京ドームでエルの応援歌が響くのは最後でしょう。

さらに最後ということか、赤松選手の応援歌が響きます。
「走れ、走れ、あっかーまつー!!」からの応援歌。
この曲も今年限れです。

そして、カープカープカープっひろっしま、ひーろしーまーカーアープー♪
と歌ってから、三本締め、

いーぞーいーぞー応援団!!
まで一通りお付き合いをしてから、スタジアムをあとにします。

途中で宣伝もされてましたけど、
csのセカンドステージ、東京ドームに来てもいいかなぁ、
などと思いながら、ドームに正対して、2礼2拍手1礼
野球の神様に面白いゲームとカープの勝利のお礼をして
水道橋の駅に向かいます。

そして、都営地下鉄~京王線~南武線と乗り継いで
20時過ぎに南多摩の宿についたのでした。



C 6-5 G

勝利投手[ カープ ] フランスア (8勝6敗12S)
セーブ[ カープ ] 今村 (3勝0敗1S)
敗戦投手[ ジャイアンツ ] 鍵谷 (0勝1敗0S)

本塁打
[ カープ ] 鈴木27号(4回表ソロ)
[ ジャイアンツ ] 丸27号(4回裏2ラン)


観衆数 46351人 試合時間 4時間21分



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、文京区某所で朝をむかえました。
朝飯を食べて身を浄めて、半戦闘服に着替えたので、
ちょこっと買い物をして、野球にいきます。

今期レギュラーシーズン、ラストの一軍カープ戦
がんばって応援をしてきます。


そんな模様はまた後日、当ブログにて、



では、ここからがタイトルの記事です。


先日のドラゴンズ2連戦、名古屋遠征時の
ナゴヤドーム以外でいただいたものです。

金曜夜 17時までオシゴトをつとめて、千歳にむけて車を走らせます。

19時に前にA駐車場に車を駐めます。
この日、行きはskymarkですが、帰りが中部国際~新千歳の
最終便がANAなので、久々のA駐車場です。

その後、搭乗手続きをすませてから、
滑走路が見える、3Fフードコートに行きます。
そちらでチョイスしたのが、まつじんの単品ジンギスカンと生ビールです。
小ぶりの鉄板で出てくるジンギスカンは、湯気がもうもうと立ち上がり
羊の香りいっぱいです。
口に入れるだけで口中が、羊で満たされて幸せになります。
ああ、この羊の味に匂い、たまりません。
野菜もたっぷり。たれの酸味とかにんにくの味に香り
これもいいなぁ。
この濃いヤツを生ビールで流し込む快感よ。
と、久々の松尾ジンギスカンでしたが、大満足です。

さらに手荷物検査から制限区域内に入って、
SKY766便ですが、使用機到着遅れのせいで出発が25分遅れるとか。
ま、そんなこともあります。

20時10分に機内に入って、

22時47分 特急岐阜行きで、名古屋へ
そこから、地下鉄東山線で新栄へ出て、
そして徒歩で宿に到着。なんとかこの日中にチェックインができました。

翌日、6時過ぎに目覚めてしばしまったりとしてから
栄まで歩きます。さらに名鉄瀬戸線に乗って、
尼ヶ坂駅で降ります。
そこから、北側に10分弱歩いて、周囲はほぼ住宅地で
お店がちらほらある感じですが、
そんななかにあるのが、「常」さんです。
こちら調べたら朝6時30分から営業という有りがたいお店です。

外には、めし とん汁 と大書された看板が色あせて雰囲気ありますし、
店外には手書きのメニューが描かれています。
ファザードのテントに描かれたイラストもとぼけた味があります。

暖簾をくぐってガラガラと扉を横開き。中へ行くと、お店の方と
常連さん風の方が壁側のカウンター席で談笑されています。

店内には対面式のカウンター席があって、
その真ん中にあるガラスケースの中に
「このケースの中は百円物です」「二百円物です」とかかれた表示ともに
おかずがずらりと並んで待っているといます。
これは、ウレしいヤツです。

壁にも品物が書かれた短冊が貼られています。
色々美味しそうです。

ということで、狙いをきめて「あの~目玉焼きを~」
と言うと、「あー、おかず取ってくださーい」と言われました。
と、いうことでカウンター前のガラスケースからおかずをとりだし
これも、なんだか実家に帰った感があります。
そして、さらに、ご飯中と納豆と店外の看板にも大書されていた
とん汁を注文します。

改めて店内を観察すると、お料理の入ったケースの下に
調味料が隠れています。これもいいですね。

と、まつことしばしで、登場しました。
で、受け取ると、目玉焼きのお皿は、熱々です。これはいい。
まずは、野菜分の補充と、お店の看板に敬意を表して
熱々のとん汁から行きます。

あ、しみます。美味しい。
味噌の素朴ながらも深い味にが、前日夜更かしした身にはしみます。
さらに、豚肉も赤身・脂身のバランスが良くて
しっかりといい味しています。
食べやすい大きさにカットされている大根や人参やこんにゃくや牛蒡も
しっかり煮込まれていて、柔らかく
中まで染みた汁とともにいい味です。
葱もシャキシャキでこの深くも素朴な味に
メリハリをつけます。このとん汁だけでもお酒いけそうです。

そして本丸の目玉焼きですが、
こちらも素朴な味です。
お皿がアツアツな位なので黄身はほぼ固まってますが
ほんのり半熟部分もあります。
まずは白身にお醤油をかけて
それで食う飯が美味です。
しんなりしたキャベツもかるくシャキっとして
ほの甘く醤油によくあいます

納豆はいつものように丁寧にまぜてから一気に頂きます。
米、納豆、とん汁、卵 日本の朝食です。
で、納豆ご飯が2/3食べたタイミングで
卵の黄身です。半熟部分がトロッとしているところに
お醤油をかけて、ご飯、納豆とともに口の中へ。

これはいいです。

とん汁で胃の腑におさめて、ごちそうさまでした。

こういう飯やさんは大切ですね。

ご飯も豚汁もすごいボリューミーで

実家のご飯を思いだしました。
いい朝食です。
こういうお店は大切にしなければいけません。

あと、自分的に、こういうお店では、
お酒はマストなのですが、今回はタイミング的に逃しました。

と、いうことでまた来年のナゴド連戦、きっぷがとれて来る機会あったら、
必ず再訪したいと思います。



そして、ナゴヤドームでは、ゲーム前に台湾カレーをいただいたのですが、
この日、一人打ち上げの会場に選んだのが、
名古屋に支店が数軒ある中華の人気店、味仙の今池本店です。

毎年のようにナゴヤに来るようになってから、いろいろと
ナゴヤグルメは食べていたのですが、味仙さんはタイミングが合わずに
まだ来ていません。

ちなみに、ナゴヤ飯本で、参考にする頻度が高いのが、
当ブログで何度か紹介していますが、
「ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく名古屋」
コミック森下えみこさん 旅の案内人 大竹敏之さん 共著
KADOKAWA 刊
です。

こちらで、森下さんがふつうのラーメンのようにすすって
ケホッとむせていたのが印象的。

コミックでは名駅前でしたが、せっかくなので本店です。
スタジアムから新栄にある宿の途中にあるので都合もいいです。
と、いうことで、ナゴヤドーム前矢田駅から名城線
さらに本山で東山線に乗って、今池駅へ。

降りてしばらくあるくと大通りから一本入ったところに
お店があります。ゲームが終わったところなので
陽も傾きかけていて、薄暮のなかにお店が浮かんでいます。

店外には、長蛇の列ができていますが、当然並びます。
列には、赤い人が集団でユニフオームのまま来てます。
私は、一応アウエイということで、遠慮して
ナゴヤドームで着替えて来ましたが、
そのままで良かったんだ。

列に並ぶことしばしで呼ばれましたので中へ。
中は広いです。あとで調べたら200席以上あるとか。
私が通されたのは、大きめのテーブル席で
いろいろな人とご相席になります。

で、オーダーしたのは、台湾ラーメン。
昼は台湾カレーなので、台湾がかぶってしまった。
でもいいんです。
さらに、青菜炒めと生ビールです。

オーダーして早くにビール。ビールがしみます。
そして、青菜炒めが登場
こちら、小松菜を強火で一気に炒めたもので、
緑色が目に鮮やかですし、ちらされたにんにくが色的にもアクセント
もうもうとたつ湯気もにんにくの香りがします。

口にすると、緑の濃厚な味が口いっぱいに
広がります。これはいいです。
香り通り、ニンニクの味がしっかりきいていますし、
塩味もパンチあります。青菜に塩、いいです。
青菜から出た汁とか、調味料とかの汁で
半透明な汁で下のほうがひたひたになっているところもいいですし、
これは、立派な前菜です。
ビールも進みます。

そして、小ぶりのどんぶりで登場したのが、待ってましたの台湾ラーメンです。
白い丸いどんぶりの中には、茶色がかった赤褐色の少しとろみついた
ひき肉と、ちらほら見える赤い唐辛子
さらには上に散らされたニラです。
この赤っぽい色味に、ニラの緑がいい色です。

ではスープに箸をつっこんで、麺をすくいます。
麺はシンプルな中太ストレート麺。
色も淡いクリーム色で、そこまで黄色くありません。

唐辛子とかの香りを堪能しながら
いただきますと、美味しいです。複雑なうまみ、
肉のエキスがたっぷりで、まだひき肉は食べてませんが、
この時点で食べてるみたいです。
ただ、そこまでの辛さではないかな。
で、軽くすすりますと、
あ! 来たきた。辛い成分が早速のどを刺激します。

ああ、このことですね。

だいたい激辛って時間差で辛さが来ます。
辛いものは数多いただいているのでよくわかります。
これは危険なヤツです。
思い切りすすって、うっかり気管にはいったら
大惨事間違いなしです。
と、いうことで、ここからは用心モードで丁寧にすすります。

スープは醤油ベース。
そして、ひき肉・にんにく、そしてがっつりと唐辛子で
味が引き締められています。

このひき肉と油が良く絡みますし、
ひき肉の旨みたっぷりで刻んだネギ、
そしてニラの組み合わせが抜群で、唐辛子の辛さが浮きません。
濃厚な旨みが辛さとタッグを組んで押し寄せてきます。
とはいえ相当辛い。

向かいの席の小柄な女性のかたは
台湾ラーメンとともに、青菜炒めとご飯をオーダーしてましたが、
ラーメンの丼が小ぶりなのとあいまって、これはご飯、あうやつです。

チェイサーがわりのご飯。ありです。
ま、私はビールと青菜がチェイサーがわりです。

が食べ進めれば食べ進めるほど、汗が全身から吹き出ます。
外は暑いけど、中はもっと暑かった。
そして額から汗を滴らせながら、
麺を丁寧にすすりながら、
普段、麺食べるときって、無造作にすすっていたんだなぁ。
なんてことに気がつきつつ。

辛~い でもウマ~い
そう、辛いはうまいです。ひーひー。
って感じで、最後の一滴までも汁を残したくないので
完食いたしました。

あー、美味しかった。
少し、翌日のお尻まわりを気にしつつも


次は手羽先・子袋・台湾ちまき・チャーハンも食べたいです
と、いうことで再訪決定です。

と、思いながら宿へ向かいました。

台湾ラーメンは、昭和40年代にこちらのお店が
軽い気持ちで名づけたのが「台湾ラーメン」と名づけたそう。
ちなみに台湾では名古屋式拉麺といわれているとか。


その後は例によって宿でうだうだしておりました。

そして、25日。朝は、近場のお店で厚焼き玉子の定食で朝食をいただきました。
こちら、某食いしん坊サイトでは、7時開店とかかれていたのですが
看板はでていなく、でも併設されているホテルの人が
食事をしているので、ホテルの中からいったら食べさせてもらえました。

と、いうことで、お店の名前は、伏せます。

釜炊きごはんがと、焼きたてのふわふわ卵焼きが美味しかったです。
大根おろしもたっぷりで、ふわふわ卵焼きと大根おろしの組み合わせは
最高です。いま星が生まれた カッ!! です。
卵焼き、ご飯、おみそ汁、漬物、小鉢という
日本の朝食です。ご飯もほかほかでいいなぁ。
お漬物の茄もようしみとる。

と、いうことでご馳走様でした、

ちなみに、メニューはほかにも
・Aセット:トースト&ゆでたまご
・Bセット:トースト&サラダ
・Dセット:サバの塩焼き&玉子焼き
があって、ごはん、みそ汁のおかわり自由でした。



そして、ゲームを終えて、名鉄のμスカイで
中部国際空港へ。

そちらでいただいたのが、

ひやしきしめんです。


しかも登場時間が迫っているので、制限区域内にある
ウィンク•ブルースカイ中央ゲート店です。

手荷物検査場を出て正面のお店で、
土産物メインですが、メニューは少なめながらも、
きしめんとうどんなど軽食をいただくことができます。

ちょい飲みもできますが、このあと北海道で車の運転が待っているので
当然自重。次や次!!

出汁は透明感ある淡い色合いで、ひらぺったい麺がたっぷりです。
かまぼこ、ほうれん草、たっぷりの鰹節が美味しそうです。

まずは平ぺったい麺をすすると、ツルツルっとした食感に加えて、
平べったさからニュルッとした感触があるのが面白いです。
食感だけでなく、程よいコシとか弾力のありますし、
のどごしもいいです。
なにより、麺が平たいので、麺にからむ出汁が麺を美味しくしてます。

そんな出汁は鰹ベースで淡白な見た目に反して、
ベースのかえしはほんのり甘く、しっかり鰹が効いています。
冷たいので、麺のこしが寄り感じることができます。

と、思いながら、つゆまで飲み干し完食。ご馳走様でした。

ちなみに、きしめんを食べるたびに、カーラ教授こと
川原泉さんの「空の食欲魔人」の中の短編
「カレーの王子様」(白泉社/花とゆめコミック)で弘文君が
「きしめんはなにゆえ平べったいのだらうか?」
と「きしめんの殿様」化したのを
思い出すのですが…



蛇足。
この日は疲れていたので千歳から苫小牧へいって
そちらでビバーク。

月曜は定時で仕事だったので、
宿を朝5時に出てマルトマ食堂にむかいました。

納豆 卵 ウインナー 刻んだお新香
たちかま入った味噌汁 ご飯で 470円

5時20分なのに、ほぼ満席ってすげーな。



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、東京都文京区某所に隠遁中
レギュラーシーズンのカープ一軍戦、最後の参戦になります。

がんばって応援します。


と、いうことで、ここからがタイトルの記事です。



先日のファイターズvsバファローズ戦でいただいたものです。

ドームの南入口に、12時05分に到着しました。
が、まだ入場待機列が伸びていますので、そちらで待つことしばし。
結局入場できたのが12時20分頃。
この日は外野自由席なので、通路側の席を確保してから
次はご飯です。

今年になって(というか、昨年の7月以来)行ってなかったのが、
頑固オヤジのカレーさんです。
だいたい札ドに行ったら、頑固オヤジさんと、他のお店と
交互にカレーを食べることにしていましたが、
今年は「フレップのキーマカレー」とか、「ファイターズ選手サロンカレー」とか
そそるメニューが多かったということで後回しになってしまって
結局この時期しかいけませんでした。

と、いうことで、2F通路、三塁側ファールゾーン後方のいつもの店舗に
長蛇の列が出来ていますが、ここは、おとなしく並びます。

オーダーしたのが、中田翔のスタミナしょう(翔)が焼き カレー
中田“しょう”にちなみ、豚の生姜焼きを
たっぷりのせたスタミナ満点のカレー!
と、書かれています。

生姜パワーでSHOW TIMEのポップがいい感じ。

ファイターズは、選手プロデュースメニューは
基本一年限定で、こちらのカレーの選手メニューも
毎年変わります。

で、昨年は、骨付きチキンレッグがごろんと丸ごと入った
大田選手プロデュースの、ぶちウマ チキンレッグカレーを
一昨年は、串刺しされた五平餅が一本まんま入った
大野選手プロデュースの、五平餅カレー
その前の年は、焼肉がたっぷりと入った
近藤選手プロデュースの、近ちゃんの8き肉カレー

さらに、中田選手の出身高校と背番号にちなんで
タコ焼きが6個入っている、翔のスラッガーカレーといった、

どちらかというとブッ飛んだメニューが多い中、
今年の生姜焼きカレーは少しオトナシメかな、と思って
この時期まで食べなかったのですが、

球場グルメは一期一会。頑固オヤジのカレーは尚更です。
今シーズン、多分ラストの札ドなので、これでしめますし、
8き肉、五平餅、チキンレッグはそれぞれ食べていますが、
たこやきカレーは食べることができなかったので
ここで、プチリベンジです。

並ぶ間、否応なしに鼻孔内を刺激し、胃袋までをも刺激する、
漂う濃厚なカレーの香りを嗅ぎながら、
三角屋根の屋台風店舗の上にあるメニュー表を改めて見ます。

主なカレーメニューは、
頑固オヤジのカレー 750円 
チーズカレー 830円
カツカレー 880円
くりやまコロッケカレー 850円
親子カレー 830円
ほうれん草カレー 830円
ハンバーグカレー 880円
えびフライカレー 880円

見たところ、餃子カレーが無くなっています。


オーダーしたのは、『中田翔のスタミナしょうが焼きカレー¥980」
と「くりやまコロッケ¥240」

お店は、今日も女性店員ばかりで頑固オヤジの姿はありませんでしたが
そんな店員さんが、丸い容器に手際よくご飯を乗せて、
カレーをかけてから、ご飯の島に、たっぷりの翔が焼きがのります。
この生姜焼き、器からトングで採る段階ですでに、ベロンとたれさがり
そのお肉のデカさがわかります。
その上に、おろし生姜を添えるのも、芸が細かいです
そして、頑固オヤジのカレーさん名物のゴロンとしたジャガイモです。

福神漬けがのせられて、透明な蓋が置かれてから、
「頑固オヤジのカレー」のシールがはられたのちに白い平たい箱に入って登場です。

さらにお願いした「くりやまコロッケ」と、デュワーズのハイボールとともに携えて、
外野自由席へ戻ります。

ビーフシチューとかにも近い、明るい茶褐色のカレーをまとって
四角くカットされた牛肉や、ジャガイモ、 にんじんなどのがみえて、
見るからに美味しそうです。
福神漬けも下品にならない程度にたっぷりと入っています。

さらには存在感があるのが、しょう(翔)が焼きです。
表面がテラテラに光っています。
トロトロなタレをたっぷりとまとっている
たっぷり肉のボリューム感がいいです。
ジャガイモも存在感たっぷりです。

丸い透明なふたをとると漂ういつものカレーの香りにまじって
生姜の香りがぷーんと周囲に。これは、追いおろし生姜がきいてます。

では、まずカレーから。
ほんのりとした玉ねぎの甘みとか、野菜の旨みが
肉系の濃いコクや味わいにしっかりと働きかけて、重層的に絡み合います。
この複雑で濃厚なコクと旨味がいいです。
複雑な味わいのカレーのベースになっているのが、
明るい茶色の原因はトマトならではの軽い酸味に、しっかりとした旨み。
これが、他の具材から出てきた味を盛り上げます。

このベースに支えられたカレーのスパイシーさが、食欲を増進します。
球場カレーは万人向けにするという縛りがあるので
刺激こそは抑えめですが、食べ進めていくとジワジワと効いてくる感じですし、
球場カレーとしてはスパイシーな感じですし、
ベースがしっかりしていないので、辛味が浮かずに
カレーの味の一部としてしっかりと機能しています。
口にいれたら、またほしくなる味です。
これは「球場三食」(渡辺保裕さん著 講談社 アフタヌーンコミックス刊)の
主人公日下も、絶賛するわけです。
ちなみに、「球場三食」の中では

ジャンクでは / ありつつも
野菜の旨みを / 溶かし込んだ奥深さが / 感じられ 例えるなら
超極上のボンカレー (最大級のホメ言葉)
ウマすぎる……!!

うん、わかるわかる。

そして、しょう(翔)が焼きです。
プラの先割れスプーンでつまんでも、べろーんと
下に垂れます。肉はスライスされていますが
一切れ一切れがデカいです。
そして口にするとブタならではのほの甘さが感じられつつも
これがまず柔らかいです。
赤身部分もスッと歯が入りますし、脂身部分はトロットロです。
赤身部分と脂身部分のバランスもいい感じで、軽く噛むだけで
しみ出てくる肉滴もいいです。
この柔らかい肉に、とろみがついた、醤油ベースの濃いタレの味が
たっぷりと絡んでインパクトあります。
タレの中には、みりんとかガーリックとかが
隠し味に入っていそうな濃い味で、豚肉を盛り上げますし
ぴりっとパンチを与えるのが、タレの中にも入っていて、
さらに追いがけされた生姜です。
生姜のピリ辛さが、濃いタレにも、美味しいお肉にも
良く働きかけて、ただでさえ美味しいのに
ますます美味しくなって、ご飯がすすむ肉になります。
ご飯にもたれは染みを作っていますが、
その部分だけたべても美味です。

この追い生姜、すごいです。

そんなお肉ですが、カレーと一緒に食べても
濃いカレーに負けずにしっかりと良さを発揮しますし、
溢れる肉滴とかしょう(翔)が焼きのタレが、
カレーに働きかけて味をさらに複雑にしてくれます。

昨年食べたカレーは、広島出身の大田選手にちなんで
オタフクソースがついてきて、味変させるタイプでしたし、
一昨年食べた五平餅のカレーは、カレーの上から、
予め味噌ソースがかけていて、独特の味でしたが、
このタレとカレーのミックスも面白いです。

カレーとしょう(翔)が焼きとで口の中が濃くなったところで、
威力を発揮するのが、 頑固オヤジのカレー名物にして、
札幌ドームに遠征をしている他チームのファンをもトリコにしている
ゴロンと一個丸ごと入ったジャガイモです。

いい塩梅にふっらと蒸かされていて、プラの先割れスプーンでも簡単に割れますし
口の中にいれると、大地の滋味あふれるウマさに一瞬でヤられます。
ほっくりとした味わいとほんのりとした甘みがベースになった
素朴ながらも深い味に、優しい気分になれます。
これが、北海道のジャガイモの実力です。
カレーの濃い味を鎮めるために、そのまま食べてよし、
カレーをつけながら食べてよし、崩してカレーと混ぜて食べてよし
バリエーションをつけた食べ方ができて、ここもいいです。

北海道つながりで言うと、コーントッピングとかも、北海道らしいですし、
遠征組の方は喜んでくれるのかな?

ちなみに、前述の「球場三食」の中でも日下は

行列のできるほどの / 人気メニューだが
目を引くのは / この丸ごと1個の / ジャガイモだ

北海道の代名詞 / ともいうべき食材
つまり好素材を / 「どうだ!」と / 丸々預けられたに / 等しい
「高卒ドラ1を / 育成するが / ごとく……」

まずは / そのまま   4分の1…いや / 5分の1程度    ぱく
んー…
芋類には / 一家言ある俺だが / このホクホク具合は / 筆舌に尽くしがたい
ほくほく
舌でマッシュして / 旨味成分を分解し
のみ込めば / デンプン質が / 体中に行き渡るのを / 実感できる
ごく

などといいながら食べ進めていきました。
ワカルワカル


名物ジャガイモがあって、さらにしょう(翔)が焼きがたっぷり乗っているのに、
さらにカレーの中に大降りにカットされたじゃがいもがゴロゴロと入っていまして、
これはカレーがしっかり染みこんでいて、これまた旨い。
肉も、赤みの少し歯ごたえのある部分と脂のトロっとした部分が
いいバランスの角切り牛肉がいっぱい。
にんじんもほんのり甘いです。

トッピングに工夫がされたカレーだと、
カレーには、具が入っていない場合が多いのですが、
この具沢山のところもこのカレーの美味しさと
サービスの良さを物語っています。
カレーだけでも充分美味しいのに、美味しいしょう(翔)が焼きと
美味しいジャガイモも同時に味わえる贅沢なメニュー

さらに、この日はお楽しみが。

それが、「くりやまコロッケ」です。

細かく挽かれたパン粉がびっしりついていて、
綺麗な狐色に揚がっていますがサックリとした
食べ口のあとに、ビックリするようなアマさがきます。
この甘さはスゴいです。さきほどのゴロンと一個
まるごとジャガイモよりも甘い。しかも自然な甘さで
優しさを感じます。
ガッツリ甘口くりやまコロッケです。

このまろやかな味は、いいジャガイモをつかい
丁寧に調理されているのが容易に想像できますが、
シャッチョコバラずに、暖かい気持になれる家庭の味です。
この濃いカレーとコロッケをハイボールで流し込む快感。
いいですね~

添えられている名物じゃがいもに、カレーの中の角切りジャガイモ
さらに、別注でコロッケまでいただいて、イモイモイモのジェットストリームアタック
でしたが、それぞれちがう味で楽しむ事が出来るのが、スゴいです。

カレーの中に入れても美味しいです。

と、いうことで、うっすらと額に浮いた汗をぬぐって大満足です。

ごちそうさまでした。

五平餅とか、タコ焼きとか、チキンレッグとか
頭オカシイ(ホメ言葉)メニューが多い中で、
今年は大人しいじゃん。もっと攻めれば??
などと思って、この時期まで後回しにしていた自分の不明を恥じます。
ああ、もっと早く食べておけばよかった。

そんな、選手プロデュースメニューのクオリティーも高い
頑固オヤジのカレーさんです。


で、本当はここでさらに数品いく予定だったのですが、
頑固オヤジのカレー さんで並んだのが結構な時間だったので、
すでに1時を大幅にまわっていて、まもなくスタメン発表。
と、いうことでここでのもう一品購入は断念しました。



そして、ゲーム中小腹が空いたタイミングで、
本日の外野ライトポール近くの自由席からは
ちょうどど反対の、三塁側内野席奧1F通路にある
「おお~い北海道」さんに行きます。

ヒイキチームのゲームでないとここらへんフリーダムです。

「おお~い北海道」さんは、
以前、「球場三食」(渡辺保裕さん作、講談社 アフタヌーンコミックス刊)
で日下が絶賛していた「おつまみネギ塩ジンギスカン」を購入したり、
ジンギスカン丼を購入して、それぞれ美味しくいただいた記憶があるので、
選手プロデュースメニューが数ある中で、目指したのは、
こちらの「玉井大翔のジンギスカン唐揚げ」です。

さらに、近くの「サブウェイ」さんで
中田翔のデカビタハイボール。を購入。
カレーに続いて、ハイボールも中田メニューで
どんだけ中田推しだよ、と思われそうですが、
今年の選手プロデュースドリンクは、
今までの札幌ドームではあり得なかった趣向なのです。

それは、あの、何飲んでも同じカップしか出てこない
札幌ドームで、はじめてオリジナルデザインのカップが
登場したのです!!!!!
(ま、企画は当然ファイターズ球団でしょうがww)
このカップに惹かれて選手ドリンクです。

そういえば、ナゴドに行った時も、
何飲んでも(以下略)なナゴドで、選プロドリンクだけ
違うカップなので、又吉選手のマンゴーサワーを飲んだ記憶が。

こういうデザインがあるだけで、テンション上がります。

と、いうことで、円筒状紙容器に入った暖かいジンギスカン唐揚げと
ハイボールとを持って自席に戻ります。

では、まずはジンギスカン唐揚げから。
つまむと、肉は大きめです。厚めの肉は、
箸ごしに肉の重さを感じます。
焦げ茶に近い濃い茶色の衣がいい感じで
囓るとカリカリクリスピーな衣
衣からしてスパイシーですが、
その中の肉が軟らかいです。
漂う香り通りの羊独特の獣の味わいと、
繊細な肉の甘みがいいバランスで出ていますし
食べ進めていると羊独特の味が
蓄積されてきます。
羊の野趣に富んだ味わいが口中に広がりますし、鼻にぬける香りもこみで
羊食べている感が満たされます。
この独特な風味が豊かですし、
癖のある味わいが旨みに昇華しているところがたまりません。
肉に付いている下味も旨みを引き立てます。
そしてやわらかいということは、軽く噛むだけで
肉滴があふれます。これはたまりません

さらに、衣のしっかりとスパイシーさに塩分多めなところが
肉を盛り上げます。

ラム肉が平気な人は気に入る1品でしょうし、
酒飲みの好きな味です。これ。
さらに、唐揚げではなく「ジンギスカンザンギ」に名前をかえたら、
道外遠征者ホイホイになるのでは
などと考えたりして。

そう、酒飲みの好きな味、いっしょに飲んでいる
デカビタハイボールにもなまらあいます。

ハイボールをデカビタCで作ってしまうという
大胆なカクテル。中田選手をイメージする
黄金色が綺麗です。

そして、デカビタの味が以外とアルコールにもあいまして、
飲み口は少しケミカルな甘さですが、
飲み進めていくと蓄積されるアルコールの
良い飲み口になっています。

ジンギスカンも旨ければ、ハイボールもいい感じ。

あ~札幌ドームあなどれません。
ああ、美味しかった。こちらも一気にいただきました。
ごちそうさまでした。

と、大満足をして、野球観戦に戻ったというわけです。



ただ、この日、中田選手と玉井選手がイマイチだったのは、
私がこれらのメニューを食べているからですかね。


ってことで。(´・ω・)ノシ