ブログ「History Factory バックヤード」にご訪問いただき、
ありがとうございます!


※この 「ようこそHistory Factoryバックヤードへ」 は、最新の記事ではありません。
最新のものは、この下にあります次の記事で、そこから時系列で記事を表示します。




【ご挨拶】 

こんにちは。
若しくは、はじめまして。
イトー×aniです。

当ブログ「History Factory バックヤード」は、ブログタイトルのところにもあるとおり、
「北海道富良野市から発信してるコミュニティーFM「ラジオふらの」で
かつて放送していた「FURANO History Factory」(FHF)の番組アーカイブと、
番組ナビゲーター「イトー×ani」の身の回りを綴ったものです。

ですから、もともとは僕が、企画・構成・選曲・MCのすべてを担当をしていた
ラジオ番組の内容などを補完する形で、展開をしておりました。
が、僕が現住所に引越し、継続が困難になってしまい番組が終了した現在では、
番組の内容に関すること以外のコンテンツで、続いております。

かつてオンエアをした番組の内容や、それにまつわる歴史の話は「FHF」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

番組内で流した楽曲の感想や、解説については、「FHFの音楽」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

また、番組の中では、富良野がカレーの町であるということから、
「富良野印度化計画」のコーナー名で、カレー情報も流してきました、
この番組の中で流したカレーをはじめとしたB級グルメの情報と、
最近に至るまで、僕が行ったカレー屋さんの感想 (北海道内の店が多い) などについては
「印度化計画」というカテゴリーをクリックすれば見ることができます。

その他、直近で、僕が行った温泉 (ほとんど北海道) についての感想は、「温泉三昧」

鑑賞したライブ (梶浦由記さん関連のアーティスト多し) の感想や、
音楽に関するニュースをはじめとしたことは「音楽」

観戦に行ったスポーツのゲームの感想 (カープ戦 多し) や、
野球、サッカー、ラグビー、駅伝をはじめとしたスポーツに関連することは「スポーツ」

読んだり見たりしたマンガやアニメや本の感想とか、
参加した同人イベントなどの感想などは「マンガ・アニメ・本」

ライブや野球観戦や、同人イベント、もしくは巡礼(久住昌之作品・ワカコ酒などのマンガめし巡礼)などで
行った、カレー屋以外のお店とか、食べたものなどの感想や紹介などは「くいもん」

その他のニュースや、僕自身の身辺雑記は、
「ani」というカテゴリーでまとめています、


整理が悪くて恐縮ですが、カテゴリを利用してもらえれば、
知りたい情報に近づけると思いますので、活用していただけたら有り難いと思っています。



では、この下からが、更新をされた記事です。
よろしければ、おつきあいのほどよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
苫小牧で泊まりのお仕事が入りました。
が、苫小牧市内の宿がまったくとれませんでした。
私一人だったら、ネカフェでもまったくよいのですが、
同僚もいるので、とりあえずあちこち探して、
ようやく取れたのが、竹浦にあるホテルオーシャンさんでした。

国道36号線沿いの北のランプ停などからほど近くにあって、
全体がガラスで覆われているつくりが異彩を放っているホテルです。

今回は珍しく宿泊なので、まずはお部屋に行きます。
1人ずつで部屋をとったのですが、8畳弱の和室に一人。
フロントとかもそうですが、部屋の中も金庫とか、冷蔵庫とか
お茶セットとかからにじみでる昭和感です。

バイキングの夕食〔美味しかったです〕を終えて時間もあいたので
とりあえず、宿泊者専用大浴場へ行きます。

こちらは本館にある宿泊者専用大浴場と、新館〔カニカニ館〕にある
日帰り客との兼用大浴場の2つののお湯が楽しめるという寸法です。

ということで、夜は新館は日帰りの人もいそうなので、
までは本館の浴場へいきましょう。

脱衣場にいきますと、昭和40年代の温泉分析書が張られていますし、
レトロな体重計も雰囲気があります。
籠は全部空いています。貸切がありがたいです。

浴室に行くと、扇形の小さい湯槽と、L字形の大きめの湯槽があります。
まずは大きい湯槽に身を沈めると、
ああ、これは気持ちいいです。透明ながらほのかに褐色に色づく湯は
ぬるぬるっとしていて、お湯の中で肌をさわる感触が面白いです。
小さい湯槽も同じ感じ。これは、ここらへんの温泉ならではの
いいお湯です。

そして、浴室内に階段があるので、のぼっていくと、
ガラス張りの露天風呂でした。
ガラス張りなので、露天といってよいのかはよくわかりませんが、
気分気分。
浴室の中央に長細い四角い湯槽がありまして、
両端が浅くなっています。
こちらに身を沈めると、あああ、気持ちいいです。
お湯の質がいいのは変わりありません。

そして、ガラス張りなので、外を通るトラックのライトとかが入ってきます。
昼とかなら、海が見えるのでしょうか。
〔後日確認したら、しっかりと海が見えました。
ただ、湯槽に沈んでいるときは、下のほうのガラスが曇っていて無理でしたが、
そこまで見えたら、逆から丸見えってことですよね〕

と、いうことで大満足で、長い夜をすごしたのでした。





さて、朝、7時15分に苫小牧に行くということで、
6時30分に宿を出ます。

その前にお世話になったのが、新館のお風呂です。

まずは脱衣所へ。
さすがの早朝、かごはひとつも埋まってません。貸切です。
ロッカーは、お金が返ってこないタイプだと大書されています。

それでは浴室へ行きましょう。

右には少し大きめの四角い湯槽が一つありまして、
左側の方には小さな洗い場とサウナがありました。
銭湯みたいな雰囲気がいいです。
浴室のサウナもありますが、早朝はやってませんでした。

ということで、四角い湯槽に身を沈めます。
ああああ、染みますねぇ。きもちいいです。
虎杖浜~竹浦あたりの温泉ならではの、ぬるっとした感じ。
本館でもあじわったお湯です。

洗い場の端には、飲用泉の蛇口が設置されていました。
ほんのりとするナトリウムっぽい味わいが、温泉っぽくて、
前日することないので、つい飲みすぎた身にはありがたい。

しばし内湯を楽しんでから、露天風呂へいきます。

露天風呂はそれぞれ湯温が異なる浴槽が3つあります。

まずは岩風呂。
露天で、かつ湯温が内風呂より低いので、いい感じにまったりできそうです。
お湯が流れてくるところも、凝った作りです。

岩風呂と90度の角度で、超音波風呂がありました
こちらも四角い湯槽で、岩風呂風です。
そして、温度はかなり温めです。ぬるぬるも際立ちます。
あまり超音波感がありませんが、思って良く見ると、
端からジェット水流が出ていて、噴水のような湯口もありました。
この辺が超音波なんですかね。

さらに一人では入れる感じの五右衛門風呂。
こちらが熱い浴槽です。
そちらに体育座りしてお湯を楽しみますが、
五右衛門風呂の名は伊達ではない。これは長湯はできないですが、
こんな刺激も目覚めにはいいです。

露天風呂は一階にあるせいか、木製の柵に囲まれており、
ここではオーシャンビューなどの景観は望めません

と、一通り楽しんでから、外へでて、
仕事にそなえるために部屋に戻ったのでした。


ちなみにもう一泊したので、同じコースでまた温泉を楽しみました。
〔北のランプ亭で食べた炭火焼のせいで、体が燻されたせいでもありますが〕

やはり泊まりの温泉はいいです。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

では。(´・ω・)ノシ
今年、最初で最後のナゴヤドーム。
カープvsドラゴンズの決戦の日です。

この日は6時に起床、7時に1度宿を出て、近くのバス停からバスに乗り、飯田町へ。
そこから歩いて、名古屋の喫茶店モーニングをいただきました。
人生初の、名古屋式喫茶店モーニングです。
コスパにも優れて、しっかり美味しかったです。
感想はまた後日。

宿に戻ったのが8時30分くらい。
そこで、喝!アッパレ!を見ながら荷物をまとめてから、シャワーで身を浄めて
赤いカープボクサーパンツ、赤いアンダーシャツ
赤いアンダーアーマーのハーフパンツになって、その上にカープアロハ2017を羽織り
出陣支度もバッチリととのえて、10時過ぎにチェックアウト。

10時11分発、大曽根行きのバスで大曽根を目指します。

途中、名古屋城の外堀の風情がある木々とか、
愛知県庁に名古屋市役所の帝冠建築、
そして名古屋の高級住宅街白壁の街などを通ります。
バスでの移動、大正解です。

そして大曽根駅からはゆとりーとラインでドームを目指します。
車窓からナゴヤドームがフライングで見えるのがいいです。

そして、ナゴヤドーム前矢田駅に到着です。1年ぶりのナゴドです。
にここまで来ると、アオいユニの人多し。
敵地に乗り込むうれしさを感じます。

野球の神様に、面白いゲームが見られて、かつ、カープが勝つように、
2礼2拍手1礼をしてから、球場の敷地内へ

ドアラショーを見たり、拙著の読者様にお声をかけていただいたり、
ドームの外周を一周したり、イオンで週ベを買ったりしてから、
出来た列に並ぶとると12時になりましたので、
ナゴヤドーム特有の入念な荷物の中の奧にまで手を突っ込まれる
手荷物検査を終えて、中へ入ります。

1年ぶりのナゴドに感動しつつ、。この日の席である内野B指定席へ。

前から2~3列目という、びっくりの良い席に満足をして、
カープ選手の打撃練習を見つつ、
アロハから「HIROSE 26」のビジターユニに着替えてから、食事を調達に行きましょう。

まずはエスカレーターに乗って5階へ。
向かったのは、PRESENCE(プレゼンス)さん、
こちらは、唐揚げとか、チーズボールとか、砂肝枝豆盛りとか
おつまみ系の食べ物や選手プロデュースメニューを売っていますが、
今回オーダーしたのは、「大島カレー」です。

店頭のポップには
大島選手がカレーを頬張りながら、
大島カレー ¥900
俺好みのビーフカレー ~チーズ・ソーセージをトッピング~
「辛さ控えめ / なので多くの方に / お楽しみいただ / けるはず!」
などと言ってます。

これは楽しみです。

ということで注文です。
「すいませ~ん、大島カレー一つ」と注文すると
「はーい、カレーひとつ~!!」と奧へオーダーされます。
「森の天使のため息、きのこたっぷりふわふわとろとオムライスデミグラスソースを添えて…」
と注文をしたら
「はい、オムライスっスね」と言われた気分です。
ま、いいですが…


さらにエスカレーターで2Fに降りてから、
コンコースにある「SNACK Third」さんで、「ヒッツまぶし巻」を
お隣の「Drink Third」さんで、「チューハイ倶楽部」をそれぞれ購入。


自席に戻り、続いているカープの打撃練習を見ながら、
まずはカレーをいただきます。


ドアラがプリントされた円柱形の容器に入っています。
Koboパーク宮城ののりもとんカレーとか青山ビーフカレーを思い出しますが
Koboバークのプロデュースメニューみたいに、
大島選手の顔がプリントされたパッケージではありませんでしたが
透明なふたから中の様子がよく見えます。

ほんのりと赤っぽい濃褐色の色合いのカレーに、
ソーセージが載っかっていて、たっぷりのチーズがカレーに溶けています。

では、大島選手のカレーをいただきましょう。
ふたを取ると、カレーのいい香りがぷんと広がります。
濃褐色のカレーがご飯の2/3をおおっていて、マーブル状の溶けたチーズが
いい感じです。よく見るとチーズはご飯の上でも溶けています。
いいですね、こういうの。

では、まずカレーの部分からいただきます。

カレーの味わいは、玉ねぎやその他の野菜などから出てきた自然な甘みとか
トマト系のさわやかな酸味がいいバランスを保ちながら
味わいの基本になっていて、そんな土台の上に展開しているのが
牛肉から出たエキスのような旨みとコクの味わいがいいです。
牛肉由来のしっかりとした味わいにトマトの酸味がくわわると
上質なデミグラスソースみたいにも感じられて、
欧風カレーのベースとしては、申し分なし。

そして、この甘さを生かしつつ、
甘めという設定なので控えめながらもキレがあるスパイス使い

全体的にホッとできる味わいです。

そして、カレーに溶け込んでいるチーズです。
マーブル状の部分を掬うと、盛大に糸をひきます。
口に入れると、濃いカレーの味わいを盛り上げる
チーズのあじわいです。
乳のまろやかな味わいがあって、
カレーの味わいを引き立ててくれる巧みさ。
もう、カレーの中のチーズ好きとしてはたまらないです。
掬っても掬っても糸を引くところもいいですし、
ご飯の上で溶けているところを食べても、
上質な味わいでうれしくなります。

ソーセージは、皮の噛み応えと肉自体の味わいの良さが、
カレーの中の肉の味わいとは別のベクトルが加わってうれしいのと、
たっぷりの肉滴が溢れてきて、
カレーの味わいをさらに複雑にしてくれます。
ソーセージのカレーって、ゴローちゃんが神宮で食べた
アレっぽくもあります。

カレーの中にはトロトロになっている牛肉もはいっていて
脂身の部分のトロトロな感じと、
赤身の部分の野趣にとんだあじわいの組み合わせ。
その濃厚な味わいもしっかりとしていますし、
カレーにとけこんだエキスが塊で口の中に入る快感。
やはりいいですね。

ホカホカなご飯にもあいますし、
ご飯にあう物はお酒にも合う
そして、このいちいちが酎ハイとあって最高です。
カープの練習を見ながら食べるカレーは最高です。

いままでナゴヤドームの客席でカレーを食べるとなると
球場に併設されているCoco壱で買うしかなかったので、
これはありがたいです。ありがとう大島選手。

ちなみに、HPには、
辛さを抑えたビーフカレーに、ソーセージとたっぷり
のチーズをトッピングしました。とろけたチーズが
ルーに絡めばさらにマイルドな味わいに!
幅広い年代の方におすすめのカレーです

普段からカレーをよく食べるという大島選手。

王道のビーフカレーに添えるトッピングには、大島選手好みのシュレッドチーズをたっぷり&食べやすいサイズのソーセージ。
辛さひかえめのカレーなので、多くの方にお楽しみいただけるはず!

なんて紹介されていました。

とはいえ、現在大島選手は、ケガで欠場中ですが…


あと、「PRESENCE」さんは、昨年は「福谷カレー」を出してまして
2年連続で選手プロデュースカレーを出しているということで、
もう、ずっとカレーを売ってもいいんじゃないかな。

なんて思ったりして。

ということで、ご馳走様でした。

と、満足をしてゲームにそなえたというわけです。



ゲームは、すすんで、途中まで、ドラゴンズにリードされていましたが、

それいけカープを歌ってからの、7回表 カープの攻撃で逆転をしました。

応援にも力が入って、小腹がすいたので、
ドラゴンズの7回裏の攻撃を見ながら
買っていた「ヒッツまぶし巻」をいただきましょう。
予め弁当を仕込んでおくと、ゲーム中に中座しなくていいですね。


「ヒッツまぶし巻」は、
渡辺保裕さんの「球場三食」(講談社 アフタヌーンコミック)の中で

中央にうなぎの身
うなぎのひつまぶしを太巻きにして 5つにカット
別パックで味つけうずら2個付き
「抗菌わさびシート」に包まれているのが心憎い

と紹介されて、主人公日下が

「どっ
 どえりゃあウマイがねーっ!!」

と感動したシロモノです。

それが目の前に。


青色が基調なが細長いパッケージは、
縦に、「ヒッツまぶし巻V」と書かれています。下1/3が微妙にくぼんでいて、
色が茶色くなっている。
これは、バットの形をしたパッケージです。
こういう遊び心にもニヤっとします。

でも、HPとかを見ても「V」は無いですが、それは気合いの表れですか。

他にパッケージには、
「うなぎのひつまぶし巻」と書かれていて、
バットを持ってヒットを持っている鰻と
黄色いポンポンを持って応援している鰻のイラストがかわいいです。

では、パッケージをあけますと、
おお、わさび抗菌シートに包まれた海苔巻が登場。
別の包装には茶色に染まったウズラの卵が二個です。
包装を解いていくと、わさび抗菌シートは二重になっています。

ようやくご対面です。

応援しながらでも食べやすいように、海苔巻きになっています。
太巻きサイズで、これまた食べやすいように、5つに着られています。
一つ一つも食べ応えがありそう。
この太巻きと、ウズラの卵の組み合わせ、
これはパッケージだけでなく、ウズラのボールを添えることで、
内側もバットであることをアピールしています。
いいです。こういうの。

ワサビのパックもついていますが、まずはそのままいただきます。

!

どっ…

どえりゃあ、ウマいがねぇえええええええええええ!!!

海苔の海を思わせるいい香りと味わい、それにごはんをくるむ
少し強い歯ごたえを味わっていると、
すぐにタレと刻まれているもののしっかりとうなぎならではの味わいを演じる
鰻の味わいです。
これは、スゴい。球場で鰻が食べられるのもスゴいのに、
それがしっかり美味しいのでしあわせになります。

鰻は三河一色産のものだそうですが、
淡白ながらも奧深い味わいと旨みを楽しむことが出来ます。
しかも、しっかりと香ばしい。この香ばしさは鰻を食べる時の楽しみの一つです。
ひつまぶし巻なので、鰻は刻まれてますが、
弾力があって、歯ごたえもしっかり感じる事が出来るうえ
柔らかすぎず、口の中で、ほろっとほぐれまして、
これは、いい鰻です。鰻の存在感がしっかりとしています。

甘じょっぱいたれは、醤油たれと比べて、甘みを感じます。
とはいえ、クドい甘さではなく、サッパリとして鰻の旨みを引き立てる甘さなのです。
隠し味が味噌とかつかわれていて、って名古屋ならではですか。
このスッとひく濃さが、みっちりと包んでいるご飯にも
海苔にもあうのです。
海苔巻きにして引き立つ味わいです。

夢中になって二きれ食べたので、3切れ目からは
パックのワサビを鰻の上にしぼっていただきます。

と、

ツンとするさわやかに花に抜ける辛味が、甘じょっぱいタレとか、
しっかりとした鰻の味わいや香ばしさに働きかけて、
別の楽しさを提供してくれます。
ワサビ、正解です。

そもそもひつまぶしは、刻まれた鰻が、刻み海苔が散らされたご飯の上に載った料理です
お櫃に入って、最初はそのまま食べますが、
2杯目は、ご飯にまぶして食べるので
櫃+まぶし でひつまぶしになったのです。
海苔もちらされて、ワサビものっかる。

それを大胆に海苔の太巻きにしてしまっただけでなく、
しっかりと美味しい。これはスゴいです。

しかも、味わいがすごくて、それだけで充分勝負出来るのにもかかわらず、
このネーミング。野球場だから、「ヒッツ」
それに、これまた野球城だから、バットを見立てた包装に、太巻きをバットに見立てた
(そもそも太巻きをバットに見立てる発想もスゴいです)のを
強調するうずら卵添えです。
このコテコテが名古屋センスです。
大好きです。この偉大なるB級感。

パットとくれば、ボールですが、
最初は燻製卵かと思ったのですが、
こちらもほんのりと優しい甘さがあります。
こちらは味噌煮でした。これも名古屋だなぁ。

というわけで、一気に五個たべて、ごちそうさまでした。
ひつまぶしのシメはお茶漬けなので、
残り1個を出汁で食べてもいいかもね、
というか、お土産に買っていって、
家でそういう食べ方をしてもいいかも。

などと、朝食で食べた「花ごよみ」さんの冷やし茶漬けを思い出したりして。

途中、この回から登板した一岡投手から、
35億京田選手にヒッツを打たれますが、
4凡で終わりまして、こちらも食べ終わってごちそうさまでした。

球場で食べるご当地グルメはいいですね。
とくにナゴヤドームは名古屋飯系のメニューが多いので、
次来た時も、名古屋飯球場グルメを楽しみたいなぁ、
と思ったというわけです。


では。(´・ω・)ノシ
九月上旬のナゴヤドームでの3連戦を、3連勝でしめました。
魔境といわれる鬼門ナゴドでの3連勝が、カープの今のイキオイをあらわしてます。

私的にも今年最初で最後のナゴド観戦を、勝利でしめました


ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



そんなゲームとか、遠征とかの振り返りです。

前日9月9日は、午前中お仕事だったので、それを終えてから
自宅に戻り、カープアロハに着替えて移動。
ラジオでは、飛行機各社の新千歳出発便の満席便の情報が流れますが、
満席便が多くないですかね。
直前に新千歳の駐車場情報見たら、AもBも満車でしたし…

ま、とにかく行って見ますか。

14時丁度くらいに駐車場周辺に着。
途中、ロングターム駐車場に空きがあるのを確認してから
まずC駐車場は満車。そして、A駐車場もB駐車場も、案の定満車です。
が、A駐車場の入り口に並んでいる車が7台くらいだった。
今回は、行きはエア・ドゥ、帰りはANAなので、これはA駐車場です。

7台なら、行けるかな? と待っていると、20分位待って、駐車場に入れる事が出来ました。
帰ってくるのが、夜9時を回るので、空港駐車場に駐めたいと思っていたのですが、
これはラッキーさんでした。

そして、搭乗手続きと、手荷物検査へ。
手荷物検査も長蛇の列が出来ていましたが、それを終えて、
フライトまで時間があるので、富川製麺所のふらの餃子でビールをいただきます。
昼食を食べていなかったのですが、名古屋ではしっかりいただく予定なので
軽めにおさえました。餃子は皮がモチモチで肉滴もたっぷり美味しくて
ビールにもあっていい感じです。

そしてKalafinaオススメBoccaの飲むヨーグルトを飲んでから
新千歳発 15:20分 中部国際着 17:05分のウエ・ドゥ 136便機内へ。

機内では通路側の席だったので、前回に忘れたネックピローを早速膨らませて
テイクオフの前から軽く睡眠をとります。

そして、目が覚めるとシートベルト着用のランプがついています。
下はどう見ても木曽川揖斐川長良川の木曽三川ではないですか。
こうやって見ると、三つの川が合流したり、州を作ったりと、
複雑な川の様子がよくわかっていいですね。
「風雲児たち」にも出てきた宝暦治水のことも思い出したくらいにして。

機窓の右が伊勢湾、左が知多半島という感じで、地上が近くなって
無事到着です。1年ぶりのセントレアです。
空気がムッとして熱を感じます。これが本州です。
今年は東日本こそ、冷夏傾向ですが、西日本は普通の気温です。
ああ、いいですね、この空気感。

その後μスカイで名古屋駅へ、地下鉄桜通線に乗り換えて丸の内で下車
そこから徒歩で、この日の宿にチェックインをしたのが18時30分頃。
少しだけぼっとしてから、街へ出ますが、
栄へ行くと、アカいユニの人が多いです。表情も楽しそうな人が多いので、
勝ったのかな?と思いながら、明日の観戦に期待をしつつ、
錦で絶品のカレーうどんをいただきました。
感想はまた後日。

そして、20時30くらいに宿に戻って、スポーツニュースを見たりしながら
夜を過ごしました。

翌朝は6時に起床、7時に1度宿を出て、近くのバス停からバスに乗り、飯田町へ。
そこから歩いて、名古屋の喫茶店モーニングをいただきました。
人生初の、名古屋式喫茶店モーニングです。
こちらも、コスパに優れてしっかり美味しかったです。
こちらの感想もまた後日。

宿に戻ったのが8時30分くらい。
そこで、喝!アッパレ!を見て荷物をまとめて、シャワーで身を浄めて
赤いカープボクサーパンツ、赤いアンダーシャツ
赤いアンダーアーマーのハーフパンツになって、その上にカープアロハ2017を羽織り
出陣支度もバッチリととのえて、10時過ぎにチェックアウト。

10時11分発、大曽根行きのバスに乗ります。
速いのは地下鉄ですが、地上の景色を見ながら行きたかったので
バスで大曽根を目指します。

途中、名古屋城の外堀の風情がある木々とか、
愛知県庁に名古屋市役所の帝冠建築などを見る事が出来ます。
地下鉄では味わう事の出来ない名古屋感です。
バスでの移動、大正解です。

そして大曽根駅に到着、ここからはゆとりーとラインでドームを目指します。
アカいユニフォームを着た家族とか、アオいユニフォームを着ている親子連れが
バスを待ってます。ここで気分が揚がってきますし、
乗ってすぐにビル越しのドームが見えます。
この景色もいい感じで、ゆとりーとラインの選択も大正解

そして、ナゴヤドーム前矢田駅に到着です。1年ぶりのナゴドです。
さすがにここまで来ると、人が多いですし、ホームアオいユニの人多し。
敵地に乗り込むうれしさを感じます。

ただ、この日の入場予定は12時で、この時10時50分と、
まだ1時間以上前で、この人数なので、
ひょっとして入場開始時間が早まったかな、と思って球場に向かいます。

野球の神様に、面白いゲームが見られて、かつ、カープが勝つように、
2礼2拍手1礼をしてから、球場の敷地内へ

まず人だかりが出来ているところにむかうと、
ドアラショーでした。

これが、ベタな寸劇と、キレキレの殺陣のアンバランスが
なんとも面白かった。何度も爆笑が巻き起こります。芸達者ですね、ドアラ
時間があっという間にたちました。

まだ、開場まで時間があって、ナゴドの外周を回ったことないので、
球場をぐるっと一周しましょう。

今回、球場内で「大島カレー」を食べる予定なのですが、
いずれ、ここのカレーも食べなきゃダメかな?と、coco壱番屋を除いていると
「あの~、すいません」と声をかけられました

「 ?? 」
知り合いはいないはずなのに、と、思いつつも、笑顔で「はい?」とふりかえると、

「あの~、すいません、夏コミで、球場カレーの本を売ってませんでしたか」
「あ、…はいっ!!」

なんと、拙著の読者様でしたか。
「やはり、あの、おヒゲの感じとかがそうかなーなんて、
あ、僕、夏コミの時は今永のユニ着てて」
「あー、そうなんですか~」
なんて話しから、しばし野球の話しで盛りあがったりして、
こういう出会いも楽しいです。

そちらの方が、5F席、ワタシが内野席ということで、
では、またどちらかの球場で。と別れました。

ビックリです。こんなの初めてです。
少しだけ人気作家気分です。(盛大なカンチガイですが)
でも、こういうのも、ぐるっと回らなければ、なかったことです。

そして、途中でスタジアムの係の人が
「入場開始予定時間は12時です~」とアナウンスしています。
本日はいるゲートの前も30人くらいしかならんでませんし、
まだ15分くらい余裕があるので、イオンに行って
まだ買っていなかった、今週週ベを買ったりして
開場時間5分前に球場に戻ります。

と、列は3重くらいにおりたたまれて、いて、ほぼ赤い人ですが、
そちらに並んで開始時間を待ちます。

去年は11時50分には球場に入れて、12時に座席に入ったのですが、
今年は、厳密に12時開場みたいです。
そして、12時になりまして、ナゴヤドーム特有の入念な荷物の中に手を突っ込まれる
手荷物検査を終えて、中へ入ります。

ああ、1年ぶりのナゴド。
「球場三食」(講談社アフタヌーンコミックス 渡辺保裕さん作)で、
役場とかイオンっぽいと評されていたのを見てから、見ると
確かにそのとおりだな、などと思いつつ、座席へ。

この日は内野B指定席ですが、見ると、
三塁側フェンスが目の前です。
レフトのボールボーイ用の椅子が3mくらい先のほぼ目の前にあります。
これはいい席だ。
カープの選手が打撃練習をしています。そんなのを見つつ
アロハから「HIROSE 26」のビジターユニに着替えてから、まずは昼食を調達に。

最初にエスカレーターに乗って5階へ。
このエスカレーターっても、イオンとか役場っぽいねぇ、と思いつつ
向かったのは、PRESENCE(プレゼンス)さん、
こちらは、唐揚げとか、チーズボールとか、砂肝枝豆盛りとか
おつまみ系の食べ物や選手プロデュースメニューを売っていますが、
今回オーダーしたのは、「大島カレー」です。

さらに2Fコンコースにある「SNACK Third」さんで、「ヒッツまぶし巻」を
お隣の「Drink Third」さんで、「チューハイ倶楽部」をそれぞれ購入して、
自席に戻って、続いているカープの打撃練習を見ながら、
まずはカレーをいただきます。

カレーの味わいがいいです
カープの練習を見ながら食べるカレーは最高です。

いままでナゴヤドームの客席でカレーを食べるとなると
球場に併設されているCoco壱で買うしかなかったので、
これはありがたいです。ありがとう大島選手。
カレーについて、詳細の感想はまた後日。

とはいえ、現在大島選手は、ケガで欠場中ですが…

それにしても、札幌ドーム以来のドーム球場の野球観戦なので、
打球音がよく響きますし、
ティーバッティングの打球がシートにあたる音がすごく響きますし、
このドゴォって音もど迫力です。

あと、この場所って、防球フェンスに張り付いている人が多いです。
サイン色紙を差し出している人も沢山います。
確かに、外野でアップをしている投手が、
用具を持ちながら3塁側ベンチに戻る時に
目の前を通りますので、納得です。

さらに自分のまわりは3人以外ほぼ真っ赤な人で、
会話も盛りあがっています。なかでも、
「セ×ンチケット一般売りの朝10時に行ってもつながらなくて
10分後、ようやく繋がったと思ったら、外野がダメでここしか捕れなかったんです」
「あ、ワタシ10時丁度に繋がったんですが、外野とれなくって」
「ワタシもです」なんて会話で盛りあがっています。
ここって、そんな人ばかりですか。
ワタシも、同じシチュエーションでこの席でした。

他にも、カープの濃い話しで盛りあがっていますし、
「先週、神宮に行ったんですけど、一塁側まで赤かったですよ」
「あー、神宮は東のホームですから」(笑い)なんて会話も聞こえてきます。

ああ、先週のゲームが思い出されます。

そして打撃練習が終わり、今度はドアラが登場。
アカいファンにもサインをしています。ファンサ、いいですね。
そういえば、本日はドアラデーだそうです。

さらに、直前の守備練習に備えて、キャッチボールがはじまります。
このキャッチボールも席からに近いです。
松山選手と野間選手、西川選手と岩本選手、そして、
丸選手がバティスタ選手とキャッチボールしてます。
ってことは、何か今日の先発にあるんですかね。

ここから守備練習。

目の前のレフト守備位置につくのは、松山選手、天谷選手、上本選手です。


13時25分にスタメン発表。
7番ライトバティスタ選手、6番キャッチャー磯村選手に盛りあがる三塁側。
そして、ドラゴンズのスタメン発表。
今年改修されて設置された、オーロラビジョン(106ビジョン)を
フル活用してのスタメン発表がど迫力です。
これはスゴい。

3番遠藤 4番福田 5番藤井と発表されて
「ゲレーロいないねぇ」「昨日のヤツだねぇ」などと周囲がザワザワっとします。

スタメン発表が終わってから、登場したのが、
中京大中京高校のチアリーディング部「SPIRITS」
圧巻のパフォーマンスが繰り広げられます。

「磯村の後輩ガンバレ~!!」「堂林じゃないんかい!」などと周囲のアカい人。

そして、オープニングダンスでは、
「チアドラゴンズ2017」と「チアドラキッズプレミアムクラス」による
「The Blue」のコラボレーションダンス。これも迫力でした。
ドームならではの、残響とかを味わいながらの、パフォーマンスがあって
メンバー表交換。そして、ドラゴンズの選手が守備につきます。

ドアラの耳をつけたチビッコの始球式を経てプレイボール

この日の先発は、カープは、大瀬良投手
ドラゴンズは小笠原投手です。



1回表 カープの攻撃
前回の神宮では、1塁側内野席ということで、ユニフォームも着ず、
カンカンも持たずに、手拍子と声だけで応援をしていましたが、
周囲も応援モード全開なので声を出していきますよ~。
と、気合いが入りますが、

先頭広輔選手、ショートゴロ 菊池選手 空振り三振  丸選手セカンドゴロであっさり8球で三凡です。


1回裏 ドラゴンズの攻撃。久々の1軍先発の大瀬良投手の立ち上がりはいかに!!

先頭の京田選手。登場テーマが流れます。ブルゾンちえみのあの曲にあわせるドラゴンズファン。
おー、これが生「35億」だと感心しますが、
京田選手の打球がサードを強襲。安部選手がファンブルして出塁です。
「安部~っ! 小学生でも捕れるぞ―、と後の人。確かにイージーに見えたんですが。
スピンとかかかっていたのかもしれません。
続く亀澤選手をレフトフライに討ち取りますが、
遠藤選手の打席で、磯村捕手が:パスボールをして、京田選手は2塁へ進塁。
ここで遠藤選手の打球はレフト前に落ちます。ああああああああ
続く福田選手ファーストフライ 藤井選手がサードへのファウルフライで後続を断ちますが、
序盤で失点してしまいました…

エラー絡みなので自責はつかないとはいえ、25球を要した嫌な立ち上がりです。
それにしても、ドラゴンズファンの応援がよく響くこと響く事。
この威圧的な声量と、響くドームの相乗効果が
ナゴヤドームを魔境と言わしめるほどの勝率にしているのではないでしょうか。

あらためで、ナゴヤドームアナドレマセン。


2回表 カープの攻撃
先頭松山選手が、センター前に弾き返します。ナイスアンパンチ。
ただ、続くエルドレッド選手、そして早々の2文字応援でおくられた安部選手と
さらに、バティスタ選手と三者連続空振り三振でチェンジです。
あああああ


2回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭松井佑選手をセカンドフライ、続く周平選手をショートゴロとあっさり2アウトとりますが
武山選手をフォアボールで出します。
ただ次はピッチャーの小笠原選手。ここは空振り三振できってチェンジです。

なんとか、1回みたいなバタバタはなくなりました。
このピッチングが続いてくれ~と思いながら
売りに来た「レモンチューハイ」を注入します。
ちなみに、このレモンチューハイ。普通の酎ハイに
棒にささったレモンアイスを入れて
溶かしながら飲むタイプです。こういう遊び心もいいですよ。

3回表 カープの攻撃
先頭の磯村選手のライトの右側を襲う当たりが、ツーベースになります。
続く大瀬良選手は送ろうとしますが、バントが小フライになって1アウト
広輔選手の打席で飛ばすチャンスが流れます。ひぃろっしまぁ!!!
ただ広輔選手はファーストゴロ、菊池選手がレフトフライでチェンジ

なかなかホームが遠いカープです。


3回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭京田選手をサードゴロ  続く亀澤選手をファーストゴロ
先ほどタイムリーを放った遠藤選手を見逃し三振で三凡です。
大瀬良選手、ようやく調子を上げてきました。

大瀬良投手の好投に報いるか、
ドアラバズーカ―などがあってから、

4回表 カープの攻撃
先頭丸選手がフォアボールを選び出1塁
続く松山選手の打席で、ドラゴンズの小笠原投手のワイルドピッチでランナー 2塁へ。
松山選手はセカンドゴロですが、この間丸選手は3塁に進塁。
エルドレッドが四球で出塁して、1,3塁
さらに安部選手の打席で、小笠原投手、二つ目のワイルドピッチでランナー2,3塁
安部選手は、チャンススーパーに応えるようにショートへの強く深い当たり。
これをショートが逆シングルで追いつきますが弾いて内野安打。
この間丸選手がホームに還って、同点に追いつきます。
宮島さんじゃぁあああああああ。「バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ」
と周囲の人と、カンフーバットをカンカンします。
さらに、ランナー1,3塁から、バティスタ選手がファーストへのファウルフライに倒れて
打席には磯村選手。ここで、ふたたびチャンススーパーです。
ここで・決めろ、いっそむらぁ!!!
ただ、磯村選手が敬遠ぎみのフォアボールで歩かされ満塁。
まだ続くチャンススーパー。ここで・決めろ・おーおっせらぁあああ!!
ただ、大瀬良選手は空振り三振でチェンジです。

でも早い段階で追いつけました。小笠原選手が調子よく感じた分、
二つのワイルドピッチはありがたかったですね。

ドドドンアッペッ! ドドドンアッペッ! のコールに帽子をとって1礼する安部選手に盛りあがります。
いーぞーいーぞーアッ ベ~!!


4回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭福田選手、空振りの三振から、藤井選手のレフト左を抜くあたりは二塁打に。
さらに、松井佑ライト前の当たりがタイムリーになって、ドラゴンズ勝ち越しです。あああああ
さらにリンダリンダが鳴り響くなか、周平選手もセンター前ヒットで出塁します。
が、武山選手のあたりはサードゴロで5-4-3のダブルプレー。チェンジです。

なんとか最少失点で凌ぎます。

「本日、満員御礼」とアナウンスが流れます。
「でも、5階席とか空いてるじゃん」と後の人。


5回表 カープの攻撃
先頭広輔選手セカンドゴロ、菊池選手サードゴロから、
丸選手、松山選手と、連続してセンターへ弾き返します。
盛りあがるレフトスタンド、三塁側スタンドですが、
エルドレッド選手が空振り三振です。ああああああああああ


5回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭小笠原選手空振り三振、続く京田選手見逃し三振から、
亀沢選手の叩きつけた当たりがファーストの前で高く弾んで内野安打。
しかも、続く遠藤選手の打席で大瀬良投手がワイルドピッチでランナー2塁。
さきほどの小笠原投手のワイルドピッチからの失点が頭をよぎりますが、
大瀬良投手が遠藤選手のバットをへし折って、
ボテボテの当たりを菊池選手が軽快に捌いてチェンジです。

ここで、本日はドアラデー。
「ドアラと対決大玉転がし!!」がありまして、
小学生チームにドアラが敗れました。

ま、この時ワタシはオシッコに行っていたので、
音声だけで情報を得たのですが。


6回表 カープの攻撃
先頭安部選手、空振り三振
続くバティスタ選手がスリーボールからレフト前へ弾き返します。
「バティのヒット久々に見た」と後の人。
磯村選手が空振り三振で、 2アウトから、
今度は大瀬良選手がレフト前ヒットで出塁します、
「ナイスジエンゴー」「ジエンゴはカープPの宿命やからな」と後の人。
ここでチャンススーパーが響いて、ここで、決めろ、コーオッスケェエエ!!!
広輔選手はフォアボールを選んで満塁。
そして、菊池選手の打席ですが、空振り三振!ああああああああ。

「エルとキクチが調子悪いのが、効いてるよね~」などと後の人.


6回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭福田選手がレフト前へのヒット。私たちの目の前でワンバンしました。
続く藤井選手はサードゴロで、この間福田選手が2塁へ
松井佑選手は空振りの三振で2アウトになりますが、
周平選手の当たりがまたまた目の前にぽとり。打球にイキオイがなく、かつ三塁線へと
ころがったので、これがタイムリーツーベースになります。あああああ
ただ、武山選手は空振り三振でチェンジになります。

チャンスを生かしたドラゴンズと、生かせないカープという
じれる展開でゲームは終盤へ。

それいけカープを歌ってからの、7回表 カープの攻撃
先発の小笠原選手に代えて、ドラゴンズは岩瀬選手をマウンドへ。
ここで×神岩瀬投手ですか。
小笠原投手にイマイチあってなかったカープ打線。
岩瀬投手とカープ打線の相性が、小笠原投手より良いことを期待です。

と、おもったところで、先頭の丸選手がフォアボールを選んで出塁からの
松山選手の打球が視界から消えます。で、盛りあがるレフトスタンド。
あああ、ホームランです。
あとでテレビで確認したら、ライト4F席に届く、特大ホームランでした。
うぉおおおおおおおおおお、すげぇええええええええ!!!!!
ここで、本日2度目の宮島さんです。「ワッショイワッショイ」
そして、周囲の人とまたまたカンフーバットカンカンします。

ドラゴンズは、岩瀬選手にかえて、又吉選手をマウンドへ。
さらに、近藤選手をセンターへ。センターの遠藤選手をレフトにまわして、
松井祐選手を下げます。
又吉選手は、エルドレッドを見逃し三振でアウトをとってから、
安部選手を歩かせます。バティスタ選手は見逃し三振で2アウト
カープはこの日ツーベースを打っている磯村選手にかえて、
昨日のゲームでの殊勲者の一人、岩本選手を代打におくります。
すると岩本選手の打球はセンター前に落ちます。これで2アウトながら1.3塁。
ピッチャーの打席なので、代打に出たのが西川選手。
飛ばすチャンスで盛りあがるレフトスタンド。ひーろっしまぁあああああ!!
西川選手の難しいセカンドゴロで、セカンドは躊躇なくベースカバーのショートに
トスをしますが、岩本選手のあしがまさって、審判の腕が水平に開きます。
その間サードランナーの安部選手がホームに帰って逆転です!!!

うぉおおおおおおおおお、にしかわすげぇぇええええええええええ
ここで、またまた宮島さん&カンフーバットです。バンザーイバンザーイバンザーイ!!!
カープは2塁走者の岩本選手に代えて、代走に野間選手。
チャンススーパーで盛りあがって登場した広輔選手が
ストレートのフォアボールで満塁になります。
ただ、菊池選手が空振り三振でチェンジです。


ま、逆転しましたから、ヨシとしますか。
まっつーやまー! まっつーやまー! のコールに帽子をとって応える松山選手と
にっしぃかわー! にっしぃかわー! のコールに帽子をとって応える西川選手です。
いーぞーいーぞーまっつーやまー!
いーぞーいーぞーにっしぃかわー!


燃えよドラゴンズが鳴り響いたあとに、7回裏 ドラゴンズの攻撃。
小腹が空いたので、「ヒッツまぶし巻」をツマミながらの観戦です。
カープは大瀬良選手に代打が出たので、一岡選手をマウンドへ。
キャッチャーは石原選手、代走の野間選手がライトへ、代打の西川選手がサードに入って、
サードの安部選手がファーストに入ります。

先頭の近藤選手ショートフライから、続く京田選手の打球はまた、レフト前に落ちて、
レフト線に切れる打球でツーベース。
「こんなあたりさっき見たよねー」「足速ぇなぁ、あいつ」と周りの人。
亀澤選手の当たりは、一岡選手のグラブを弾きますが、菊池選手が軽快に捌きます。
セカンドランナーの京田選手は3塁にすすみますが、
遠藤選手のピッチャーゴロでチェンジ。ここで、石原選手と握手する一岡選手がいいね。


8回表 カープの攻撃
先頭丸選手、空振り三振、松山選手レフトフライから、
バッターはピッチャーの一岡選手なので、代打天谷選手。
盛りあがるレフトスタンドですが、空振りの三振でチェンジです。

又吉投手もいいですね
.
8回裏 ドラゴンズの攻撃。
カープは一岡選手に代打が出たので、マウンドに今村大臣をおくります。
これで、大瀬良~一岡~今村のカピバラリレー完成です。
うしろの、カープ×自×粛×が、「きゃー、いまむらだって~こわい~」などとヌカしてますが、
ここは信用しろよ、ネガなこと選手の近くで言うんじゃねぇよ!!

そして、代打で出た天谷選手がレフトに入り、松山選手が退きます。
先頭、4番でヒットも打っている福田選手がショートゴロ
藤井選手空振りの三振、又吉選手の代打:阿部選手も空振り三振で、三凡です。

さすがいまむー。素晴らしいピッチングです。


9回表 カープの攻撃
又吉選手に代打が出たので、ドラゴンズは皇帝田島陛下をマウンドにおくります。
陛下! 陛下! って展開になるとええねぇ。
先頭安部選手はピッチャーゴロ、続く石原選手はショートゴロから
野間選手の打球はイイ当たりでいたがセンター正面でチェンジ。
さすがの田島選手です。

9回裏 ドラゴンズの攻撃
カープはここで、守護神中崎選手をマウンドにおくります。
先頭はタイムリーも打っている周平選手ですが、セカンドゴロで 1アウト
続く武山選手の代打に工藤選手。すっかり、ハム時代のユニの姿より、
ドラゴンズのユニ姿を見た回数のほうが多いなぁ。と思っていると
工藤選手は空振り三振
さらに近藤選手に代打で先日決勝ホームランを打った谷選手ですが、
空振り三振でゲームセットです。


宮島さんのあとにハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑

そして、松山選手のヒーローインタビューです。

特大のホームランについて
「人生で一番飛びました。完璧でした 最高に気持ちよかったです」と応えて盛りあがり、
4番での活躍についても「何故かわからないですけど、よく出来てます」と応えて盛りあがり
マジック5については「9月全部勝つつもりで、今まで全部勝っているので、
このまま全部勝って優勝決めたいっス。マツダで決めたいと思っているので、
明後日からみんなで頑張って一勝一勝積み重ねていきたいです」と応えて盛りあがり
ファンに対して「毎日スタンドを真っ赤に染めてくださってありがとうございます
僕たちのすごく力になっています、ありがとうございます」と応えて盛りあがり。

ここまでは、普通のヒーローインタビューでしたが、
ここで、インタビュアーさんがが、「いつものは?」と「鹿児島のジイチャン」を細則しますが、
それに対しては「マツダだけにしてください」と固辞してから
「優勝はやく決めたいんで、また明後日からもしっかりした試合して、
 早く優勝決めたいと思いますありがとうございます」と締めました。

そうですか、鹿児島のじっちゃんばっちゃんは広島限定ですもんね。

ああ、いい物を見る事が出来ました。


そして、選手の応援歌メドレーを聴きながら球場をあとにして、

17時48分のゆとりーとラインに乗り込んで、大曽根から17時58分の中央線で金山へ
金山から、18時24分のμスカイで中部国際空港駅へ行きます。
途中フレアスタックが見えます。

空港には18時48分着。停まっている新可児行きの準急には、
イケメン化している織田信長が描かれています。
今年、織田信長が稲葉山城に入り、岐阜と命名して
450年記念だそうで、盛りあげているのだそうです。

そんな写真をとってから空港にむかって搭乗手続きをしますが、
「20時20分までに…」と、書かれていて、
え?フライト時間20時15分なのに…



と、思って見ると、使用機材遅れで、フライト時間が20分遅れに変更になってます



なら、もう少し球場に居れたねぇ



ま、いいですか。

手荷物検査を終えて、「おんな城主直虎」を見ながらまつことしばし、

かえりの全日空の便はさほど混んではいませんでしたが、
アカいユニや、ユニは着ていないもののグッズをもっている同士が
12人ほどいました。

北海道からこれほどの人が行っていたのですね。
カープおそるべし。

そして、結局、飛行機は40分遅れで飛んで
新千歳の駐車場を出る時は22時50分。

その後、スマギャンとか東京ブギーナイトで眠気を飛ばしつつ、
道の横で草とかを食んでいる鹿にビビりつつ、自宅についたのが0時25分。

BSジャパンで、孤独のグルメの「ふらっとQuzumi」を見てから
スポーツニュースのハシゴ。
現地ではよくわからなかった、松山選手の
特大ホームランをみたりしているうちに、
1時をまわったのでここで就寝。

翌日は5時30分に起床してから、朝の準備をすませて
眠い目をこすりつつ、職場にむかいますが、
セブンイレブンで買ったハンバーガーで朝食すませていると、

毎朝聞いている、ラジオニセコの「おはようニセコ」から
オーオオッオッオッオーオーオオオオー♪
と、昨日さんざん叫んだ曲が。

Superflyの「愛をからだ に吹き込んで」です。
一発で目が覚めました。


と、ここまでが遠征だったんだなぁ、と思いつつ
お仕事にむかったのでありました。


それにしても、9月まけなしの9連勝でマジック5です。
魔境ナゴドを3連勝で乗り切って、貯金も35
さらには、今季39度目の逆転勝利 です。
カピバラリレーを中崎が締めて大瀬良選手に勝ちがつきました。

ああ、本当にいいことしかなかった名古屋遠征でした。




ってことで。(´・ω・)ノシ
名古屋滞在2日目です。

初めての名古屋の喫茶店モーニングに舌鼓を打ってから宿に戻って、
本日のゲーム観戦の準備をしているところです。

ところで、昨年の9月10日は、カープが7度目のセ・リーグ優勝を
東京ドーム決めた日です。

中崎投手が投げた球を亀井選手がショートゴロ
これを広輔選手がなんなく捌いてゲームセット。
抱き合う中崎、石原両選手と、ウイニングボールを持って走る新井さん、
そして、黒田選手が新井さんと抱き合って喜びあう。
男泣する黒田選手ともらい泣きする新井さん
緒方監督がカープのセ・リーグ優勝回数と同じ
7回の胴上げをされたあと、流れる涙をおさえながらの
黒田選手の胴上げに、新井さんの胴上げが
機能のことのように思い出されます。

CSの出場はすでに決まって、マジックも6
本日も勝利を積み重ねることができるように、
がんばって応援をしたいと思います。

今日も、勝つぞ、カープッ!!!!



ここからがタイトルの記事
先日の神宮球場の連戦でいただいたものです。



羽田で食べたHitoshinayaの肉膳。
ビックリする位上質で、かつ美味すぎたので
一気呵成にいただいたのですが、これが意外とボリューム有って
3時間以上過ぎても、まだ胃の腑に残っています。

と、いうことで、球場についてから、中をブラブラしながら
腹を減らすのにつとめます。
神宮球場は、作りそのものは、外装の遺跡のような佇まいといい
内装の武骨な作りといい、昔ならではの球場の雰囲気を色濃く残した、
昭和の野球場ですが、入っているお店の外装とかの色合いなどの
リニューアル感が新しい球場にも負けないいい感じで、
伝統と新しさのいい感じのマッチングを見せていて
ぐるっとするだけで楽しいです。

そうこうしているうちに、小腹が空いてきたので、
向かったのが、Banh Mi ☆ Majesticバインミー マジェスティックさんです。

昨年の遠征の時に見つけて、揚げ春巻きをいただいて、
サクサクの食感と、ベトナムっぽい米粉っぽい薄めの皮
さらに具の挽肉、椎茸、筍などの具の味わいのエスニックな感じと
バランスの良さを堪能しました。

その時は、欅さんのカレー牛丼と一緒にいただいたので
揚げ春巻きより重いものは入らなかったのですが、
揚げ春巻きがきちんと美味しかったこともあって、
次回こちらでは、バイン・ミーをいただきたい。と思っていたので
お店を目指します。

バインミーは、ベトナムのバケットサンドウィッチです。
ベトナム料理が食べられる球場って本当に珍しいですし、
バインミーは、ラズヴェル細木さんとか、水谷さるころさんのマンガの中で
両氏とも美味しそうに食べていた姿が印象的でした。

この日は1塁側内野席の高いところで、そこからまず1回側の通路に降りてから
三塁側の通路を目指します。
ゲームも40分前ということで、通路が全体的に賑わっています
そして目的地に到着。
お店の前には列が出来ています。人気があります。

店舗前の色鮮やかなメニューを見ると、
前回頂いた揚げ春巻き、狙っていたバイン・ミー以外にも、
フォーもあります。いよいよ本格的です。

そして、バインミーは、焼肉のバインミー、アボカドとベーコンのバインミー
豚肉と野菜のバインミーがあるので、
今回は「豚肉と野菜のバインミー」をオーダーします。
すると、すぐに外国の新聞っぽい包み紙で
オシャレにラッピングされたものが出てきます。
ほのかに暖かいところがいいです。
自席に戻って、売り子さんが来たのでビールを購入してからいただきます。

コッペパン型のフランスパンが中央で二つに割られて、
たっぷりの野菜と豚肉が入っているのが見えます。
軽く漂う香りもエスニックです。
では、いただきます。

かぶりつきますと、パンはソフトタイプのフランスパンで
表面はフランスパン独特のカリカリサックリした感じがありつつ、
噛み応えもしっかりしていますが、
中は、柔らかめのところが食べやすい。
香ばしくて軽く噛むだけで伝わってくるイーストの味わい。
そしてほんのりとアマイですし、柔らかさの原因になっている、
パン生地にあいているたくさんの発酵穴。
イーストを感じる事が出来ますし、空気多めなところがいいです。
生地もしっかり小麦の味がして、美味しいパンです。

そして、具ですが、
具の厚切りの豚肉は白い色がきれいですし、肉自体もしっとりしていて美味しいです。
これは、煮豚ですかね、沖縄のスーチカーをも想起させてくれます。
肉自体も美味しいのに加えて、ニョクマムで軽く甘しょっぱい味つけがされていて
いい感じです。大根や人参のほんのりとした酸味がいい感じで、
肉ともパンともあいますし、上に乗せられたレタスや中に入ったキューリも
新鮮でシャキシャキな味わいが清涼で、なますとは別の食感に味わいで、
バインミーを盛り上げてくれます。

隠し味のようにほんのりただよう、レバーペーストの味わいとか、
パクチーの香りもベトナム気分を盛り上げてくれますし、
食べ進めていくと端になってくるので、
噛み応えがしっかりとしてくるパンもいいです。
ガシガシたべるパンも美味しいです。

もう少し、レバーペーストとか、ニョクマムをしっかり効かせたり、
パクチーなどのクセの強い野菜が多くても、いいかもしれませんが、
球場で食べるごはんということで、味つけを万人向けにしているのでしょう。
ま、しっかり美味しいのですが。

そしてこれをビールで流し込む気持ちよさ。
そこまでアツくはないですが、とにかく西日がキツくて
汗も噴き出していますので、美味しいものをいただいて飲むビールが
本当に美味しいです。

と、いうことで食べ終わって、ごちそう様でした。

このまま、パトリックさんと、つば九郎のパフォーマンスを
見て野球の気分をアゲるのでした。



そして、翌日。

この日は、小竹向原で、孤独のグルメ巡礼をしたり、
仕事で必要なもの買うために、湯島や秋葉原で買い物をした後、
15時10分に球場入り。

東京メトロ銀座線の外苑前駅から歩いてくると、
途中で、沢山の店頭でおつまみを売っているので
気分が揚がるとともに、かるく小腹も空いてきていいです。

まずは丸選手や広輔選手やエルドレッド選手がバッティング練習をしているので
その様子をボーッと見ながら時間を過ごします。
そして、バッティング練習も後半になってきたタイミングで
この日は外野の売店にむかいます。

再入場口のところで、ブラックライトで光るスタンプを
手の甲に押してもらってから外へ。
2年ぶりの外野の売店へむかいます。

通路は昔ながらのコンパクトさですが、
お店が華やかな色合いで、お客さんも楽しそう。
途中、キリンビールの売り子さんが、
次々客席に出陣して行く様子もみることが出来ます。
こういうバックヤードを見ることができるのもいいなぁ。

そして、外野も歴史のある人気店舗がたくさんありまして、
ウィンナー盛りのルゥジャパンさんは、今日も大混雑。
こちらも惹かれるのですが、今日は他のものを食べるのでガマン。
次回来る時の楽しみにとっておきます。

むかったのは、センターのバックネット裏です。
ラーメンや丼や鶏鉄板焼きが有名な、「マックドウ」さんにも行きたいのですが、
今回はこちらもガマンして、お隣の「後楽」さん。
こちらも混んでいます。

こちらは、名物の焼きそばをはじめとして、
タコ焼きとかフライドポテトとか夜店や縁日を思い出させてくれる
ラインナップが嬉しいですが、今回買ったのは、「焼き鳥」です。
大振りの焼き鳥が2本で350円です。
プラの四角いパックに入れて貰って暖かいやつをもって、再び内野スタンドへ。

戻る時に丁度、スワローズの選手がクラブハウスから球場に入る時間。
たくさんのスワローズファンが入り待ちをしています。
こういう楽しみがあるスワローズファンもいいです。

そしてむかったのが、前日もお世話になった
Banh Mi ☆ Majesticバインミー マジェスティックさんです。
昨日バイン・ミーを買っている時に気になる張り紙がありました。
そこには「ココナッツカレーのフオ― ¥600」と書かれていました。

昨日神宮に来る前は、
カレーとラーメンが名物なあの店で、カレーラーメンを食べようと思っていたのですが、
お店の前に行くと、カレーラーメンがメニューからなくなってました。
あらら、残念。

ということで、そちらで串かつをトッピングしたカレーでも
食べようかとも思ったのですが、
新しいカレーメニューがあったら、そちら優先です。

ということで購入。
今日も行列ができています。
ということで並んでしばしでオーダー。
待つことしばしで登場。
ほかほかの発泡スチロール容器を持って自分の席に戻ります。

両手が塞がってしまったので、飲み物は買えませんでした。
途中、ジャックダニエルを、さまざまなバリエーションで飲ませてくれるお店とか、
カープ戦限定のレッドビールカクテルなどもあって、気になったのですが、
そちらはガマンして、自席に戻ってから、売り子さんからビールを購入。

まずは焼き鳥を1本いただきます。

透明なプラパックを開くと漂ういい香りです。
見た目は昔ながらのいい表情の焼き鳥です。
表面に軽く焦げがついていますし、たっぷりまとわれている濃いタレもいいです。
タレたっぷりなので、下に垂れるのに警戒しながら頂きます。

口元に近づけると、より漂ってくる
タレと肉と炭で炙られた香ばしい焦げの混ざったいい香り。
これだけでいい味わいであることがわかりますが
口に運ぶと、うん、美味しいです。

まずは鶏肉自体のしっかりとした滋養あふれるような味わい。
しっかりと弾力もあるプリプリさで、かつ肉滴もたっぷりで、
遠赤外線で熱されているのか、内側からしっかり熱されているのも
つたわってきます。

そして、表面の軽い焦げも香りを良くしてくれるだけでなく
味わいも複雑にしてくれて、いいです。

そして、こちらの焼き鳥って、所々鶏皮がサンドされていますが
鶏皮も美味しいです。
その食感もよければ、柔らかさだけがいいのではなく
しっかりと美味しいですし、コラーゲンを感じます。

そして、しっかり食感のプリプリ鶏と、柔らかさを感じる皮の
バランスも悪くないですし、食べ進めていくと
タンパク質で満たされます。

このお肉を盛り上げてくれるタップリタレですが、
甘ショッパくて濃厚ですが、くどくなく、すっきりとしているのが、老舗の味わい。
総じていい焼き鳥で、人気があるのも分かります。

以前は、ソーセージ盛りと、この焼き鳥が神宮外野の定番グルメ。
こちらは神宮で創業して40年だそうです。
さすがの味わいで、売り子さんから買ったEBISにもあいますし、
まずは満足をしてから、ハシゴをします。



赤い発泡スチロールの丸い丼型容器を満たす、
明るい黄褐色のスープと、スープの色合いに染められた
麵や、ジャガイモや玉葱やもやし
それらを引き立てる緑色が目にも鮮やかな
レタスや香草。これだけで、まず美味しそうです。

麺を箸で掬います、半透明の平たい麺がいいです。
一啜りしますと、

あ、これ好きな味です。

麺は薄く平べったく、啜るとその柔らかさが分かります。
ツルツルっとした食感がいい感じで、するするっと入っていきます。
表面のツルツルと、麺自体の柔らかさに穏やかな味わいが米の麺ならではで、
麺の後味もさわやか、もったりとしない感じが良い。
この独特の味わいがまずはエスニックです。

さらにスープですが、口に近づけると、ココナッツミルクの香りと
スパイスの香りで気分が上がります。
さらにハーブの香りもいい感じ。
そんな、香り通りのココナツのやさしい甘さがまず最初にきます。
ココナッツミルクのほのかに甘く穏やかな味わいに癒されると、
しだいにしっかりとした鶏肉などから出た旨みやコクなどの
味わいも感じられます。
単純に甘いのではなく、ベースになる旨みやコクがしっかりとしているので、
濃さもいい感じですし、塩分もしっかりと利いています。
トロトロな見た目通りの、しっかりとした味わいです。

そして、そんな旨みやコクもあるのですが、脂分が少ないせいか
飲み口がアッサリとていて、
すっきりとした感じでいただくことができます。
これが、フォーとよく合うのです

味わいで見ても、香りで見ても、そのビジュアルも
すばらしいコントラスト。
ココナツミルクやスパイスが突出しているわけではなく、
ほどよく調和しながら、さりげなく主張しているのです。

ベトナム料理なので、食べなれているわけではないですが、
食べるときに郷愁を覚える味わいです。

具のチキンも、小ぶりながら、口の中に入れると柔らかさとジューシーさがあって
淡白ながらもしっかりとした美味しさがあって、
スープに溶け込んでいる味わいを塊で楽しむことができていい感じ。
肉滴もスープになじみます。

モヤシのシャキシャキも麺とは違う硬さで歯に小気味いいですし、
たまねぎのココナツミルクとは別のベクトルながらも
馴染んでいる甘さとか、セロリのほろ苦さもいい感じ。
レタスや香草のフレッシュな青い味わいも素敵で、
サッパリとしたスープや麺にもよく会います。
そして、ビールもすすみます。
ああ、美味しい。

ただ、ここにご飯を入れたら、またまた美味しいだろうなぁ、
などと思いながらも、米麺だから、いっか、と自分を納得させて
完食いたしました。

そして、残る焼き鳥一本も完食いたしまして、ご馳走様でした。

ラーメンやそば、うどんなどは、球場で食べる定番ですが、
このフォーは、球場麺の新たな展開が予想されます。

神宮球場って、伝統のあるお店の中に
このような球場ご飯に新たな一石を投じるようなお店が出てきて、、
いよいよ目が離せない感じです。

なんとことを思いながら、野球の応援に入ったのでありました。


では。(´・ω・)ノシ