ブログ「History Factory バックヤード」にご訪問いただき、
ありがとうございます!


※この 「ようこそHistory Factoryバックヤードへ」 は、最新の記事ではありません。
最新のものは、この下にあります次の記事で、そこから時系列で記事を表示します。




【ご挨拶】 

こんにちは。
若しくは、はじめまして。
イトー×aniです。

当ブログ「History Factory バックヤード」は、ブログタイトルのところにもあるとおり、
「北海道富良野市から発信してるコミュニティーFM「ラジオふらの」で
かつて放送していた「FURANO History Factory」(FHF)の番組アーカイブと、
番組ナビゲーター「イトー×ani」の身の回りを綴ったものです。

ですから、もともとは僕が、企画・構成・選曲・MCのすべてを担当をしていた
ラジオ番組の内容などを補完する形で、展開をしておりました。
が、僕が現住所に引越し、継続が困難になってしまい番組が終了した現在では、
番組の内容に関すること以外のコンテンツで、続いております。

かつてオンエアをした番組の内容や、それにまつわる歴史の話は「FHF」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

番組内で流した楽曲の感想や、解説については、「FHFの音楽」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

また、番組の中では、富良野がカレーの町であるということから、
「富良野印度化計画」のコーナー名で、カレー情報も流してきました、
この番組の中で流したカレーをはじめとしたB級グルメの情報と、
最近に至るまで、僕が行ったカレー屋さんの感想 (北海道内の店が多い) などについては
「印度化計画」というカテゴリーをクリックすれば見ることができます。

その他、直近で、僕が行った温泉 (ほとんど北海道) についての感想は、「温泉三昧」

鑑賞したライブ (梶浦由記さん関連のアーティスト多し) の感想や、
音楽に関するニュースをはじめとしたことは「音楽」

観戦に行ったスポーツのゲームの感想 (カープ戦 多し) や、
野球、サッカー、ラグビー、駅伝をはじめとしたスポーツに関連することは「スポーツ」

読んだり見たりしたマンガやアニメや本の感想とか、
参加した同人イベントなどの感想などは「マンガ・アニメ・本」

ライブや野球観戦や、同人イベント、もしくは巡礼(久住昌之作品・ワカコ酒などのマンガめし巡礼)などで
行った、カレー屋以外のお店とか、食べたものなどの感想や紹介などは「くいもん」

その他のニュースや、僕自身の身辺雑記は、
「ani」というカテゴリーでまとめています、


整理が悪くて恐縮ですが、カテゴリを利用してもらえれば、
知りたい情報に近づけると思いますので、活用していただけたら有り難いと思っています。



では、この下からが、更新をされた記事です。
よろしければ、おつきあいのほどよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
札幌市中央区ススキノ某所の前線基地で、
昨日のライブを思い出しながら、しみじみニヤニヤしとるんじゃ 
状態のイトーです。

もはや、お約束でありますが今回も、安定の素晴らしいライブです。
アコースティックということで、派手な演出や、スタンディングなどはなかったですが、
しっとりと音楽を楽しむことができました。

あー、このライブに参戦できてよかった。
昨日は完全燃焼しました。
本当にいいライブでした。

しかも、仙台もあるんだよなぁ、本当に今後も楽しみです。


この日は、仕事を早仕舞いしてから自宅で着替えて、
車で札幌に向かいます。
雪がふって凍結したのちに雨が降ったので、安全策をとって
一番安全そうな稲穂峠経由でむかいます。
道自体はまったくなんともなかったのですが、
余市の街中とか、小樽の街中で車がつまっていて、
結局札幌まで2時間以上かかりました。そんなこともあるんですね。

あと、雨降ってるのは、彼女らが来るからなんスかねぇ

その後宿で着替えをしたり、身を清めたりしてから、この日のライブ同行者
畏友p氏との待ち合わせ場所へ。合流したのちに会場へ向かいます。

開場15分前くらいに会場到着。
そちらで、畏友Tクンと合流。開場がはじまりましたが、
この日は三人とも席がバラバラなので、しばし旧交を温めるべく
お話に花を咲かせます。

すると畏友Sサンも合流。こちらのかたは前から三列目とのこと
ウラヤマシイです。

そして開演10分前くらいにいったんわかれて自席へ。
この日は2階席だったので、俯瞰の視点でステージが見られます。

いつもの梶浦曲のBGMが流れるなか、5分前にカリオンベルの音とともに
開演前の注意がながれて、時計が消えます。
ライブ前のフワフワした雰囲気を味わっていると
定時ちょっきりに暗転して、盛り上がり。ライブ開始です。

と、いうことで、ライブの感想やセットリストは
「続きを読む」の下に書きます。よろしければ。


じっくり聞かせる曲目が多く、音楽をしっかりと堪能してライブが終了。

その後は私、p氏、tクンの三人で、「Y」で
美味しいモツとかお酒に舌鼓を打ってから、
24時近い時間に宿にもどったというわけでした。


歌姫s 今野ストリングス&櫻田さん、スタッフの方々
本当にいいライブをありがとうございました。
参戦されて一緒にライブを盛り上げた方々、ごくろうさまでした。
お互いお疲れ様でした。


ってことで(´・ω・)ノシ



というわけで、ここからがライブのセトリなどです。


 ↓  続きはこちらから入ってください。



... 続きを読む
現在、札幌滞在中です。

「Kalafina Acoustic Tour 2017 〜“+ONE” with Strings〜」
札幌市教育文化会館 大ホール と、
ライブ後の打ち上げにそなえる前線基地で、
ライブに行く最終準備をしております。

6月の仙台以来、5ヶ月ぶりのライブです。

このところオシゴト(本職)が忙しくて、
土日は満足に休めませんでしたし、12月も土日のシゴトが
たくさん入りそうな感じですので、
冬の大お祭りにむけての気合い入れもかねて、
アコースティックライブなので、アツく盛り上がる感じではありませんが、
美しい音楽空間に身をゆだねる至福の時間としたいと思います。

このライブの模様は、また後日、当ブログで
報告させていただけたらいいなぁ。


さて、

みなさんは今年の大晦日をどちらでお過ごしになるのでしょうか。
私は、冬の大お祭りを無事終えた、ここちよい疲労とともに、
満足感と脱力感が混じる中、遠征の宿でうだうだ出来たらいいなぁ。

昨年も、一昨年もそんな感じでうだうだ過ごしながら
酒を飲みながら気付いたら落ちている。それが、いつもの年越しです。

そんな日を、より楽しくしてくれそうなニュースが入ってきました。


久住昌之さん・谷口ジローさん原作による「孤独のグルメ」の
ドラマ版新作エピソード
「大晦日スペシャル ~瀬戸内出張編 ~(仮題)」が、
12月31日の22時から23時30分まで放送されることが決定したのです。

やりました!!!


報道によりますと、
「大晦日スペシャル ~瀬戸内出張編 ~」では、
松重豊さんが演じる井之頭五郎が、今年最後の2日間、瀬戸内地方へ出張することに。
四国地方から瀬戸内海を渡り中国地方へ。師走に大忙しの五郎だが、
その間にも地元飯からパワー飯までたくさんのグルメを堪能する。
そして、大みそかの夜遅く帰京した五郎が、今年最後に食べる一品とは?
という内容だそうです。

しかも、1時間半のスペシャル版。

さらに、番組冒頭では、シリーズ開始以来初めての生中継として、
原作の久住昌之さんを迎えてのトークコーナーを展開するそうです。

これは生「ふらっとQusumi」ですかね。
原作コミックとドラマの『孤独のグルメ』について語る予定だそうですが、
当然、麦ジュースとか飲みながら上機嫌の久住さんの映像を
ライブで配信する可能性もあるということですか。

あの笑顔で年末を締めくくることが出来るだなんて、
すごいなぁ、テレ東。攻めますね。

ここ数年、大晦日の夜にテレビ東京は「年忘れにっぽんの歌」と共に
スポーツ中継や報道番組を放送することが多く、
昨年はボクシングの世界戦を中継し、平均視聴率は
3・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)でした。

そんな、今までの構成を変えるのは、
「今年の年末年始はテレ東を代表するコンテンツをそろえて勝負していこうという方針の中、
深夜ドラマの顔とも言える作品を大みそかに放送することにしました」とのことだそうです。

テレ東好調の象徴ともいえるドラマが「孤独のグルメ」

こちらのブログに来ているかたには説明不要でしょうが、
ドラマ版は2012年から始まって、気が付けば、計6シリーズが放送されていますし、
その人気の原因となったのが、松重さんが美味しそうにメシを食べるシーン。
深夜に食欲をそそられる禁断の“メシもの”であることから
「飯テロ」「夜食テロ」の概念をも生み出しました。
そして、番組終了後、舞台になったお店が、いわゆる聖地巡礼客で
ごったがえすというのも、お約束となっております。

ま、ワタシもそんな一人として、アチコチ(旭川、仙台、大阪、日間賀島、福岡も含む)
食べ歩いたりしたのですがww

それほどの人気番組があるというとでの、異例の編成となったようです。

川村庄子プロデューサーは
「2年連続で年始にスペシャルを放送させていただきましたが、
今回はいよいよ最強番組がそろう“大みそかの夜”と聞いて、
スタッフ一同に一瞬緊張が走りました。
とはいえそこはいつも通り気負わずに、ほっこり至福のおいしい時間をお届けします」

とコメントし、
年末らしく、楽しさ、おいしさ、驚きをてんこ盛りにしていく予定だそうです。


ここまでなら、普通の番宣なのですが、一筋縄ではいかないのが孤独のグルメ
松重豊さんのコメントがいい感じなのです。


Q.「孤独のグルメ」が大晦日の夜 10 時から放送されると聞いていかがですか?

A.大晦日の夜の10時に「孤独のグルメ」
普通は「紅白」ひねって「ガキ使」
テレ東はこの時間帯を捨てたなと思いました。


Q.舞台となる瀬戸内エリアの思い出やイメージ、楽しみにされていることはありますか?

A.年越し蕎麦の時間ですが、うどんの美味い処がある。
井之頭五郎は下戸ですが、お酒の旨い場所がある。


Q.視聴者へのメッセージをお願いします。

A.もし大晦日のその時間に、
この番組を見てお腹が空いても、
開いてる店はほぼありませんからね、悪しからず。


「テレ東はこの時間を捨てた」という自虐やら、
「蕎麦の時間にうどん」「下戸の主人公に酒所」と、ウイットに富んだコメントと
「開いてる店はほぼありませんからね、あしからず」
と、視聴者の夜食テロ、飯テロに備える準備喚起まで、
番組が好きなんだな~、というのが伺えて
ほっこりします。

当然、私は、ガキ使でも、紅白でも、格闘技でもない年越しですよ。
テロが直撃したら、宿の向かいにあるコンビニに走りますよ。
飯テロ上等、バッチこい!! です。

これで、大晦日の楽しみが増えました。


あと、気になるのは、まずは出演者。

光石研さんとか、ピエール滝さんとか出てくれたら、
シン・ゴジ者として、歓喜ですね。

更に、舞台は瀬戸内ということですが、
広島とかには行くのかな?

広島に行ったとしたらカープ戦とかで広島にむかった時に
巡礼場所が増えるので嬉しいですかね。

でも、この番組のことですから、一筋縄ではいかないところに
行くんだろうな~


鉄道で行けない新潟と長野の県境とか…

伊豆の山中とか…

知多半島の沖合に浮かぶ島とか…


実際、来月、Kalafina仙台ライブの時に、石巻に巡礼をするのですが、
これも、1日数便のバスしか走っていないところなので
難儀しそうな予感が…
(ゴローちゃんはレンタカーで移動をしていました)


ということは、また瀬戸内の小島とか、軽トラすら難儀そしうな道しかない
うどんやさんとかに行ったりするのかねぇ。




とまれ、たのしみが増えました。



ということで。(´・ω・)ノ

油断大敵。

「今年はなかなか雪ふらないね~」が。最近のあいさつになっていましたが、
イキナリの吹雪です。

洗礼を浴びました。
これが北海道ですよね。

しかも、先日まで出張で函館に行っていたので、猶更ギャップを感じます。
気が付けは羊蹄山麓は、20センチ超の雪です。

ああ、これは根雪になりますかね。



あと、コンサドーレですが、
14位清水との敵地での対戦に勝利して、残留圏内の14位以上が確定。
残り2試合を残して、自力で16年ぶり2度目のJ1残留を決めました。
岡田監督時代以来です。

残留の原動力となった、ク・ソンユン選手は来期も契約決定。
ジェイ選手の契約はどうなのか気になります。

残ってくれたら、来期も中位以上が狙えそうですが。

どうなることやら。






ところで、先日も少しだけ書きましたがカープのファンクラブ2018の申し込みです。

ちなみに、今年の名前は「最高のコイの見つけ方。」

入会する方法はパソコン・スマホからのアクセスか、
Loppiで申し込むかの3通り。

しかも、今年からファンクラブの定員を5,000人増やし
35,000人へ拡大しました。
昨年の12,000増ほどではないですが、今年も増加
一昨年までは、継続会員でやめた人が出ないと入れないという難関でしたが、
今年こそ、入れるのか


11月17日(金)の12時から受け付けということでしたが、
この日は仕事が入っていました。
うまくいけば、仕事は12時前に終わりそう。

と、スタンバイをしていましたが、仕事は終わらず
「再開は13時からです」とのことで、昼休み30分では、ロッピーに行けませんし、
当然パソコンの操作ができません。

と、いうことで、
なくなくあきらめました。


ホームページからの申し込みは、12時9分に定員に達したとのこと。

ただ、ロッピーでは、その後も申し込みが細々とできた模様。

ツイッターでは14時台に、諦めていたけど、申し込めた
という書き込みがありましたし、

ホームページには、

11月17日(金)12:00より開始しておりました、2018年度カープファン倶楽部の新規入会は、
11月17日(金)12:08頃に受付を終了いたしました。(ローソンでの受付は18:29頃に終了いたしました。)

とかかけていました。

18時29分なら行けたねぉ、ローソン。


ということで、私は今年は申込すらできなかってので
今年もファンクラブに入れずです。残念。

ま、来年またチャレンジします。



にしても、来年のチケット争奪戦も激しくなりそうです。
どうなることやら。




では。(´・ω・)ノシ
☆「郷の駅ホッときもべつ」(虻田郡喜茂別町喜茂別30-3)

オシゴト(本職)の用事で、喜茂別町へ。
自宅からは車で30分弱。
札幌と行き来するときも、苫小牧と行き来するときも
たいてい素通りするのですが、この日は喜茂別に用事があります。

と、用事をすませると時間は午後1時過ぎ。
ちょっと腹が減ったなぁ、と思って走っていると、
道道230号沿いのほぼ喜茂別市街の郷の駅が目に留まります。
ここも、比較的スルーするポイントですが、
空腹にはかなわないので、新店開拓です。

こちらは、新しい雰囲気で道の駅ではなく郷の駅です。
名前は「ホッときもべつ」。以前さる会合で利用して以来です。

黒いモダンで個性的な外装のなか、喜茂別名産のアスパラガスのキャラクター
黄色い”アスペーラ”が異彩を放っています。
顔出し看板もアスペーラと徹底しています、

駐車場が広いので、ゆったりとめることができるのがありがたいです。
そして、店内へ。
内部は、喜茂別町や羊蹄山麓はもとより、
後志各地の名産や産地直送品を扱うショップがあります。
新鮮そうな野菜に人が群がっています。

さらにはお土産も売られていて、人気な感じです。

奥へ行くと、カウンター型の厨房があって、そのさらにおくには
広々としたフードコートがあります。
店頭や自販機を見ると麺類・丼物、定食などメニューも豊富です。
この日はカレー気分なので、農村カレーの食券を購入。
平日昼というのに混雑しているのが、こちらの人気店たるゆえんかと。

カウンターに出すと、「およびするので少々お待ちください」とのこと
お隣のお客さんは、アジア系のお客さんですし、
待っている人は、お年よりも多く、さまざまな世代の人に
愛されている様子です。

待つことしばしでいい香りとともに登場、
トレーに乗った丸いお皿にのったカレーは、
黒に近い漆茶色と白のライスのコントラストがいい感じですが、
それ以上に目を引くのか、鮮やかで色とりどりな
素揚げされた野菜です。

かぼちゃの黄色、ジャガイモの茶色
にんじんの橙色、ピーマンの緑、
なすの紫がパレットの上の絵の具のごとく皿とカレーを飾りますし、
福神漬けもいい色合いです。
となりに添えられている味噌汁もいいです。

トレーを持って奥にいくと、広々としたスペースがあって、
いすとテーブルがあるので、2人がけのテーブル席に腰を下ろして
まずはカレーからいただきますと、
美味しくて、深い味わいです。

最初は軽い甘みが来まして、これは、たっぷりのたまねぎが
カレーに溶け込んでいる作用でしょうが
すぐに深いこくと旨みが来ます。

ここもカレーに溶け込んでいる野菜や肉の作用で、
しっかりとした味わいがうれしいです。
黒っぽい色合いの見た目どおりの複雑な美味しさ。
こんなベースで軽くピリ辛なスパイスの味わいも
うれしいです。

そして本日のメインはお野菜です。
まずはお芋から、これが新じゃが独特の軽くねっとりとした甘みがありつつも
ホクホクな食感で、滋味あふれる優しさがいいなぁ、

にんじんは自然な甘みで素揚げされているおかげで、
その甘さが引き立てられていますし、
かぼちゃは、本当に甘い。お菓子のような糖度で、
ピリ辛な味わいによく会います。

なすは、油わたっぷり吸って劇的に美味しくなっていますし、
軽くかむだけで、油とともに、なす滴があふれてきていて、
カレーの中でも存在感を示していますし
ピーマンも、青い味わいがさわやかで、
この軽い苦味がカレーにアクセントをつけてくれます。

たべすすめていくとカレーの中にお肉も発見。
お肉も味わいもワイルドでいいですし、
味噌汁が出てくるところも、
このカレーのやさしくも家庭的な味わいとともに
実家でカレーを食べるときのことを
思い出させてくれます。

そして、これらのいちいちが、ふっくらと炊かれたご飯にあうのが、
いい感じです。
ご飯も美味しい季節です。

と、いうことで、完食いたしました。
ご馳走様でした。


メニューには、「うどんは豪雪うどんではありません」と書かれていました。
以前は豪雪うどんを使っていた記憶がありますし、
こちらは、豪雪うどんで有名な倶知安のホテル第一会館が
営業をしたているので、何かあったのな?

などと思いながら、満腹をかかえて、地元へと戻ったのでした。



☆「郷の駅 ホッときもべつ」
(虻田郡喜茂別町喜茂別306-3)
◇営業時間◇ 9:00~20:00
(フードコートは10:00~15:00)
◇定休日◇ 無休 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇ 0136-55-5130




かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、見ることができます。


よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノ