fc2ブログ
ブログ「History Factory バックヤード」にご訪問いただき、
ありがとうございます!


※この 「ようこそHistory Factoryバックヤードへ」 は、最新の記事ではありません。
最新のものは、この下にあります次の記事で、そこから時系列で記事を表示します。




【ご挨拶】 

こんにちは。
若しくは、はじめまして。
イトー×aniです。

当ブログ「History Factory バックヤード」は、ブログタイトルのところにもあるとおり、
「北海道富良野市から発信してるコミュニティーFM「ラジオふらの」で
かつて放送していた「FURANO History Factory」(FHF)の番組アーカイブと、
番組ナビゲーター「イトー×ani」の身の回りを綴ったものです。

ですから、もともとは僕が、企画・構成・選曲・MCのすべてを担当をしていた
ラジオ番組の内容などを補完する形で、展開をしておりました。
が、僕が現住所に引越し、継続が困難になってしまい番組が終了した現在では、
番組の内容に関すること以外のコンテンツで、続いております。

かつてオンエアをした番組の内容や、それにまつわる歴史の話は「FHF」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

番組内で流した楽曲の感想や、解説については、「FHFの音楽」という
カテゴリーをクリックすれば見ることができます。

また、番組の中では、富良野がカレーの町であるということから、
「富良野印度化計画」のコーナー名で、カレー情報も流してきました、
この番組の中で流したカレーをはじめとしたB級グルメの情報と、
最近に至るまで、僕が行ったカレー屋さんの感想 (北海道内の店が多い) などについては
「印度化計画」というカテゴリーをクリックすれば見ることができます。

その他、直近で、僕が行った温泉 (ほとんど北海道) についての感想は、「温泉三昧」

鑑賞したライブ (梶浦由記さん関連のアーティスト多し) の感想や、
音楽に関するニュースをはじめとしたことは「音楽」

観戦に行ったスポーツのゲームの感想 (カープ戦 多し) や、
野球、サッカー、ラグビー、駅伝をはじめとしたスポーツに関連することは「スポーツ」

読んだり見たりしたマンガやアニメや本の感想とか、
参加した同人イベントなどの感想などは「マンガ・アニメ・本」

ライブや野球観戦や、同人イベント、もしくは巡礼(久住昌之作品・ワカコ酒などのマンガめし巡礼)などで
行った、カレー屋以外のお店とか、食べたものなどの感想や紹介などは「くいもん」

その他のニュースや、僕自身の身辺雑記は、
「ani」というカテゴリーでまとめています、


整理が悪くて恐縮ですが、カテゴリを利用してもらえれば、
知りたい情報に近づけると思いますので、活用していただけたら有り難いと思っています。



では、この下からが、更新をされた記事です。
よろしければ、おつきあいのほどよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



先日、宿に戻って見た。バファ☆ポンの負け絵が
閉店している、甘味処ビック襟の前で
プティポンタが立ち尽くし、ポンタが力尽きている絵でした。

甘味処ビック襟って

相変わらず面白すぎです、バファ☆ポン


と、いうことで、昨日見たゲームのお話です。

朝、5時30分頃起床してから、演芸図鑑を見ながら
うとうととぼーを繰り返しているうちに、気がついたら6時。
ニュースを見て、雲霧仁左衛門を見ている途中、
6:35分に部屋を出て、下へ降りてから、
いい香りをたてている朝食会場で、長蛇の列ができているのを横目に、
朝食のために外へ出ます。

この段階ですでに気温が23℃超、
空気はムッとしてますし、日差しの当たるところは
すでにアツいです。
宿の向かいにある太い道路を渡ってすぐのところにある
「松のや」さんに行って、玉子かけごはん定食の選べる小鉢を納豆にして、
さらに冷奴とコロッケをつけて、ご機嫌な朝食です。
店内は、ウェイな人たちで賑やかでした。
小倉の資さんを思い出したりして、

そして、宿に戻ったら7時20分。
引き続け漂い続ける宿の無料朝食のいい匂いを堪能しながら。
エレベータで自室に戻り、昨日のゲームについて、
ブログをカタカタしながら、
まずは腹ペコります。

そっかー、4人目のプリキュアは会長だったのかー
全然気が付かなかったー(棒)

にしても、あんこうさんチームのまこさおの2人が、
同じシリーズで揃ってプリキュアになるなんて、
胸熱な展開です。
今週は、平場でお願いされたら断られるの法則通り、
プリキュアになることを拒否されますが、
予告編を見ると、来週いよいよのようです。

と、いうか、今週バxダxのCMですでにネタバレしてるんですが…

でも、来週の日曜仕事なんですよねー、
なんとか抜けらんねーかなー。

さらに、ドンブラって、
(こっちも、ホロッとする展開あり、謎の新敵投入ありで
ますます目がはなせません。)から、

身体を浄めてから、本日の正装にして、戦闘服の
紺のバファローズTシャツと、黒の七分丈のカーゴパンツに着替えて、
出撃準備を整えながら、荷物を整理して、
10時55分に宿を出ます。

そとに出るとカッとする陽射しがお出迎え
気温は30℃超です。
キャリーケースを引いている人も
「札幌くると涼しいと思ったけど、こっちも暑いねー」
などと言ってます。
そんななか、地下鉄東豊線豊水すすきの駅まで歩いて、駅に11時到着。
11時05分発福住行きに乗ります。

昨日、30分前に行って、大変だったので、
この日は30分近く前に出ました。

地下鉄に乗ると隣に座っている学生風の2人連れが
ずっと、「映画 ゆるキャン△」の話しをアツくしてます。
やめろー、まだ見てないんだー、23か24まで見れないんだー、
などと思いながらも。良かったって話を熱弁していて、
チラ見したSNS評では、そこまで好意的ではなかったので
熱弁する人を見て少し安心したりして。

11時14分に福住駅着徒歩でドームを目指します。

地上に出たところで、赤と黒とのコンサの巨大ユニがあって、
そこを超えるとビルごしにドームが見えます。
人並み越しに次第に近づいてくるところは
やはり、テンションがあがりますが、
たぶんもう、何度も見えない景色ですかね。

そんなことを考えながらドーム前の歩道橋をわたります。
ここから見えるポプラ並木も、あと何度も見ることがない景色です。

そして、エスカレーターであがってから、
ドームにむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に、先日のゲームが面白かったお礼をして
この日のゲームが面白くなるように。
そして、今年度のプロ野球が無事完走できますように
お祈りします。

この日はライト側指定席なので南ゲートを目指して
いったんドームの中に入ったりします。
到着したのが11時33分。この日は昨日と違って、屋根のあるところで
待機することができました。周囲にはファイターズユニの人が多いですが、
南ゲートなので、バファローズユニの人も少なくないです。
45分に、シーズンチケットを持っている人の入場がはじまって、
四列でお並びくださいとのアナウンスが流れる中、
50分に、待機列が検温エリアの前まで動かされてから、
定時に入場開始です。

検温と消毒と手荷物検査を終えて入場。
今日は、ポッカサッポロ×サンリオキャラクター×ファイターズオリジナルクリアファイルをいただいて、
自席についたのが、12時05分です。

下では、バファローズの選手がバッティング練習をしていますが、
とりあえずは昼食の買い出しです。

早い時間だったことと、昨日に比べて観客が少なかったということもあり
まだ、どこも列はできていません。

と、いうことで、昨日は大混雑していた
THE PERFECT CLASSIC BARさんで、「THE PERFECT CLASSIC」を購入。

さらに歩いてから、「お〜い北海道」さんで、
「エスカロップ」と「ジンギスカン焼きそば」を購入です。

自席にもどって、3品とも美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

と、お腹がくちくなったところで、眦が下がります。
うとうとしていると、フリーバッティングをしていたバファローズが
シートノックをしています。
練習時間あと10分のアナウンスが入ってから
スタジアムDJ SATORUさん登場。
さらに13時10分には、北海道179市町村応援大使の
紹介映像が流れます。
本日は、根室市の渡邉選手、知内町の立野選手、室蘭市の五十幡選手です。

昨日は、ここらへんのイベントはすべて
カレーに並んでいたせいで、見られなかったのです。

その間バファローズの練習が終了。
グランド整備の最中に、両軍の先発メンバーが発表

先攻バファローズは、1番(右)杉本 、2番(中)福田 、3番(二)安達 、4番(指)吉田正 、5番(左)中川圭
6番(一)マッカーシー 、7番(遊)紅林 、8番(三)宗 、9番(捕)若月
先発ピッチャーは、山崎福也選手です。
スタメンは変わりませんが、打順を入れ替えてきました。

後攻ファイターズは1番(右)松本剛 、2番(二)石井 、3番(指)杉谷 、4番(三)野村 、5番(中)近藤
6番(遊)上川畑 、7番(一)清宮 、8番(捕)宇佐見 、9番(左)木村
先発ピッチャーは、杉浦選手です。
こちらは、外国人2人と谷内選手を外し、昨日代打でタイムリーを打った
上川畑選手や木村選手、さらに杉谷選手が三番DHです。
入り口のところでもらったファイルの裏面では
満面の笑みで微笑む杉谷選手でしたが、関係あるのかな

スタメン発表があったのちに、
選ばれしものは誰だがあってから、
本日のゲストです。
Tani Yuukiさんのスペシャルパフォーマンスがあってから、

50分にファイターズガールのパフォーマンス。
さらに、この日が、「アメリカンピーナッツデー」ということで、
賞品授与で、協会のモーガンさんとエンリケさんから
ヌニエス選手、アルカンタラ選手に賞品が授与されます。
モーガンさんもエンリケさんもピーナッツにゆかりのある
「11」番の背番号を着ています。
さらに、55分にメンバー表交換。
交換前に中島監督の持っているメンバー表を覗き込む
BigBossです。やりたい放題かな。
さらに、56分に、スタメンキッズとファイターズガールが出てきてから、
ファイターズナインが守備位置に散って、

さきほどのモーガン・パーキンスさんが始球式をしてから、
プレイボールです。

1回表 バファローズの攻撃
先頭杉本選手は、初球の142km/hのボールを打ち上げて、
清宮選手がファールゾーンでキャッチしてアウト
福田選手は、ボールカウント0-1から
142km/hのボールを引っ張って、ライトの右側を抜くあたりで
二塁打
安達選手は、ボールカウント1-0からの2球目
126km/hの変化球を逆方向に強いあたりで運んで
ボールはライト線を転々とするうちに、
福田選手が生還。さらに安達選手は二塁へ。
バファローズ5球で先制です。
続く吉田正選手、ライトスタンドは、ダンベルが揺れる中、
ボールカウント2-0からの145km/hをレフトへ打ち上げて
これが犠牲フライになって、安達選手が三塁へ。
中川圭選手は、ボールカウント1-0から
144km/hのボールを引っ張って、打球はレフトの頭上を超えフェンス直撃。
安達選手が還って、バファローズ追加点。
中川選手も三塁へすすむ、タイムリースリーベースです。
続くマッカーシー選手は、bssbでボールカウント2-2から
145km/hのストレートをライト前に運んで、
中川選手が還って、三点目です。
紅林選手はsbbsでボールカウント2-2から、
130km/hの変化球を空振り三振でチェンジですが、
バファローズ、この回だけで、4本のヒットを集めて、
3得点です。冒頭のこれはデカいです。


シャケupがあってから、
1回裏 ファイターズの攻撃
先頭首位打者松本選手ですが、bbssでボールカウント2-2から
144km/hのボールをファーストへの強いゴロで、マッカーシー選手がそのままベースを踏んでアウト
石井選手は、bsfでボールカウント1-2から、
127km/hの変化球をショートゴロ
杉谷選手は、sbsでボールカウント1-2から
133km/hの変化球を空振り三振、山﨑選手13球で三凡です。


bigbossチャンスがあってから、
2回表 バファローズの攻撃
先頭宗選手、ボールカウント0-1から、
141km/hの外角高めのストレートを右中間に飛ばしますが、
ライトの松本選手が軽くジャンプをしてキャッチしてアウト
若月選手は、sbsでボールカウント1-2から、
130km/hの変化球を空振り三振
杉本選手は、ボールカウント3-0から、
144km/hのボールを高く打ち上げて、
キャッチャーフライで、10球で三凡です。


ローソンプレゼンツ、ファイターズガールバズーカーがあって
2回裏 ファイターズの攻撃
先頭野村選手は、sbbfbffと7球粘り、
ボールカウント3-2までもっていきますが、
126km/hの内角低めの変化球に空振り三振
近藤選手は、sbbfbfでボールカウント3-2から
120km/hのボールを見送ってフォアボールで出塁
上川畑選手は、bsbfbff牽で、7球粘ってから、
117km/hのボールを見逃し三振で、
このボールでスタートを切った近藤選手ですが、二塁塁審のアウトのコールに対して、
セーフのジェスチャーをする近藤選手。ここでリクエストです。
映像が映し出されて、喜ぶライトスタンドしとため息がおこるスタジアムですが、
繰り返し映像が流されるうちに、近藤選手がスライディングをした逆足で
ベースをちょんと触れる様が流れて、その見事さに
拍手が起きたりします。
が、リプレー検証後判定変わらず、ダブルプレーで三人でチェンジ。
ただ、三人でチェンジながらも、この回、三人で32球投げさせることに
なりました。これが、チームとして、意図したものなのか、
そして、このあとのピッチングに与える影響は、
そんなのが気になるところです。


ファイターズガールが出てきて、タオルを上げてダンスします。
3回表 バファローズの攻撃
先頭福田選手、初球の125km/hの高めの変化球を打つもレフトフライ
安達選手は、ssbでボールカウント1-2から、
146km/hのストレートを見逃して三振
吉田正選手は、ボールカウント0-2から、
146km/hのボールを空振りして三球三振で、
8球で三凡です。


大正製薬 熱くファイト一発!!があってから
3回裏 ファイターズの攻撃
先頭清宮選手。初球144km/hの外角球を打ちあげて
センターフライ
続く宇佐見選手も、初球145km/hのボールを
ピッチャー返ししますが、山﨑選手が捌いて
ピッチャーゴロ
木村選手は、ボールカウント1-0から、
145km/hのボールをレフト前に運びます。
ファイターズ初ヒットです。
松本選手も、ボールカウント1-0から、
116km/hの変化球をセンター前に弾き返して1,2塁
続く石井選手は、初球の127km/hをライト前に運んで、
セカンドランナーの木村選手が還って、ファイターズ1点かえして
なおもチャンスが続きます。
ここで、マウンドに内野陣とコーチが集まります。
打席には、とんねるずの曲に乗って登場する3番の杉谷選手、
bsでボールカウント1-1で
山﨑選手が1塁牽制球を投げますが、このタイミングで
ランナーの石井ランシュがスタートをきって、
一二塁間で挟まれますが、
その間、三塁走者の松本選手が還って、ファイターズ1点追加。
石井選手は挟殺プレイでアウトになりますが、
ファイターズ1点差に迫ります。

狐ダンスがあって、今日の席は遠目ですが
正面でファイターズガールが踊っている様が改めていい感じです。
これは流行るよなぁ。と思いながら
4回表 バファローズの攻撃
先頭中川圭選手、ssbbbfでボールカウント3-2から、
148km/hのボールを見送って、フォアボールで出塁。
せっかく1点差に追いついてもらった次の回の
先頭バッターをフォアボールで出してしまうという。
そういうとこだぞ問題です。
続くマッカーシー選手は、牽制球を挟んで、ボールカウント0-1から
127km/hの変化球をサードフライ
で1アウトをとったあと、
続く紅林選手をsbb牽bのボールカウント3-1から
145km/hのボールを見送ってフォアボールで1,2塁
守備的にもリズムが作りにくいヤツで
コーチ、内野手がマウンドに集まりますが、
宗選手のボールカウント1-0から143km/hのあたりが
ショートゴロで、捕球した上川畑選手が、そのまま二塁ベースを踏んで、
一塁に転送してファーストもアウト。併殺打になりましてチェンジ。


ファンファンビジョンがあって、今日は動物に変身パージョンです。
4回裏 ファイターズの攻撃
先頭杉谷選手は、bsbでボールカウント2-1から
142km/hのど真ん中のストレートを打ちあげてレフトフライ
野村選手のボールカウント0-1からの2球目
143km/hのストレートはフラフラっと二塁と中堅の間にあがりまして、
センターの福田選手が必死に前進しますが、一歩及ばず
ワンバンでグラブにおさめてランナー1塁
ここで、内野陣とコーチがマウンドに集まります。
打席には、近藤選手。
bsbsでボールカウント2-2から、
129km/hの変化球を打ち上げて、ショートフライ
上川畑選手は、b牽sbbでボールカウント3-1から
140km/hのボールを見送って、フォーボールで出て1,2塁
ここで、ふたたびコーチがマウンドにむかってピッチャー交代
黒木選手がマウンドに上がります。
2アウト満塁のチャンスで、
清宮選手は、I Was Born To Love You に乗せて登場。
キヨジャンプが起きそうな札幌ドームで
さらにジンギスカンで盛り上がりますが、
bbsでボールカウント2-1から、ファーストへの強いゴロ。
これをマッカーシー選手が抑えて、そのまま一塁ベースを踏んで
チェンジです。
先発の山﨑選手、3回3/2を61球、被安打4与四球2ながら、
2点で凌いだのですが、この回で降板です。


happy anuiversaryがあってから
5回表 バファローズの攻撃
ファイターズもこの回から西村選手を
マウンドにおくります。
西村選手、面識はありませんが、大学の後輩です。
杉浦選手は、4回54球、奪三振4被安打4で与四球2と
山﨑選手と似たような成績ですが、初回の3点がデカかったです。
先頭若月選手、ssbbfbとボールカウント3-2から、
148km/hのボールを見送って、フォアボールで出塁
続く杉本選手、fbsbfbでボールカウント3-2から、
150km/hの高めのつり玉気味のボールを空振り三振で、
このボールでスタートした一塁ランナーの若月選手も
も盗塁失敗で二塁でアウト。ダブルプレーになります。
続く福田選手は、bbbsでボールカウント3-1から、
144km/hのボールを打ち上げてセンターフライ
3人19球でチェンジです。


文化シヤッタープレゼンツ、フレップに騙されるな があってから
5回裏 ファイターズの攻撃
先頭は前の回で強肩を見せた宇佐見選手ですが、
bbffbfでボールカウント3-2から、
139km/hの落ちる変化球に空振り三振
木村選手は、ボールカウント0-1から、
150km/hのボールを逆方向へ強いあたりを打って
打球はフェンスの上の方に当たる二塁打です。
さらに松本選手は、fbでボールカウント1-1から
139km/hのボールをレフト前ヒットで1,3塁
ここで、マウンドに内野陣とコーチが集まります。
打席には、石井選手。fbから空振りをして、13塁ランナーがスタートをきりますが、
木村選手を三本間に挟んでアウト。
松本選手は二塁へ進塁しますが、石井選手はさらにボールを一球挟んでから
141km/hのボールをセカンドゴロでチェンジです。


YMCAで、ファイターズガールのダンスで盛り上がってから、
他球場の途中経過。
ズムスタでは、カープがジャイアンツに追いつかれました

6回表 バファローズの攻撃
この回から、ファイターズは、ロドリゲス選手をマウンドにおくります。
先頭安達選手、bssbでボールカウント2-2から
140km/hの変化球を見逃し三振
吉田正選手が、fbでボールカウント1-1から
139km/hの変化球を転がして、
セカンドの左を鋭く抜いて、セカンドはグラブを出しますが
届かずにセンター前ヒット。
中川圭選手は、ボールカウント0-2から
153km/hのボールを空振り三振
マッカーシー選手は、bssでボールカウント1-2から
154km/hのボールを見逃し三振で、15球でチェンジです。


真剣♪じゃんけん♪SHO HIN KEN♪があってから
6回裏 ファイターズの攻撃
この回からバファローズは、阿部選手をマウンドにおくります。
先頭杉谷選手、bssbfでボールカウント2-2から
136km/hの高めのボールを打ち上げてレフトフライ
野村選手は、ボールカウント0-1から
148km/hの外角高めのストレートを打つも
ライトフライ
近藤選手は、bsbbでボールカウント3-1から、
134km/hのボールを見送り、四球で出塁しますが
上川畑選手は、ボールカウント0-2からの3球目
148km/hのボールを打ち上げて、ファーストフライ
4人16球でチェンジです。


SKYが流れて、この日も面白いボードを探します。
ボードはありませんでしたが「古長拓」元選手のボードを掲げている集団がうつります。
あと、「心臓がもたん」と書かれたタオルを掲げている人発見。
オフィシャルで売ってるのでしょうかね。
7回表 バファローズの攻撃
ファイターズはこの回からルーキーの北山選手をマウンドにおくります。
テレビでは見たことありましたが、生でははじめてです。
先頭紅林選手、ボールカウント0-2から
138km/hの落ちる変化球を見逃して、三球三振
宗選手は、sbbffbfと7球粘って
8球目の150km/hのボールを見送ってフォアボールで出塁
ここで野村選手がマウンドに行って声をかけます。
若月選手の打席、牽fb牽bでボールカウント2-1からの
4球目で宗選手が盗塁を企画しますが、セカンドタッチアウト。
ただ、このあと、fbでボールカウント3-2から
149km/hのボールを見送り、フォアボールで出塁です。
ここで、杉本選手、初球の150km/hのストレートを
引っ張って、ショートの左を鋭く抜ける
レフト前ヒットで二死ながらも1,2塁で、
前の日マルチヒットの福田選手です。
ファイターズの内野陣とコーチはマウンドに集まります。                                                                                    
ライトスタンドはタオルダンスで盛り上がります。
そして、bsfbでボールカウント2-2からの五球目が
ワイルドピッチとなって、ランナーの杉本、若月両選手は進塁
さらに、福田選手はこのあとも、138km/hの沈む変化球を見送って、
フォアボールで出て、ランナー満塁です。
ここでファイターズは北山選手から玉井選手にスイッチ。
打席には、安達選手がはいります。
安達選手はfbでボールカウント1-から、
145km/hのボールをセカンド左のゴロで、
セカンドが横っ飛びしますが届かずボールにライト前に。
その間ランナーの若月選手が還ってバファローズ突き放します。
さらに4番の吉田正選手ですが、fbでボールカウント1-1から
143km/hの変化球をセカンドゴロでチェンジです。


ファイターズ讃歌の専務バージョンを聞いてから、
7回裏 ファイターズの攻撃
バファローズ、マウンドに近藤選手をおくって
バッターは清宮選手です。bfbでボールカウント2-1から
バット一閃。きれいな弾道を描く打球はみるみる外野にむかい、
スタンド中段に飛び込むホームランになります。
続く宇佐見選手は、初球の138km/hの変化球を打ち上げて
ファーストのマッカーシー選手がファウルゾーンでがつかんアウト
木村選手は、bssでボールカウント1-2から
138km/hのボールをショート左へのゴロですが、
これを紅林選手が深いところで逆シングルでキャッチして、
遠投一番アウトにします。
松本選手は、sbbsでボールカウント2-2から
151km/hのストレートを空振り三振でチェンジです。


アメリカンナッツのプレゼントが発表されて
8回表 バファローズの攻撃
ファイターズは、この回から堀選手がマウンドにおくられます。
先頭中川圭選手。fbfでボールカウント1-2から
136km/hのボールをショートゴロ
マッカーシー選手は、ssbでボールカウント1-2から
123km/hのボールを空振り三振
紅林選手は、bssでボールカウント1-2から
124km/hのボールを打ち上げて、12球で三凡です。


この日の観客が14240人と発表されます。
昨日の半分以下です。
江南スタイルに乗ってファイターズガールが踊ると
8回裏 ファイターズの攻撃
バファローズは、ファーストのマッカーシー選手を退けて
ファーストにはレフトの中川選手、レフトにはセンターの福田選手、
センターには、佐野皓選手が入ります。
先頭石井選手、ボールカウント0-1から
138km/hのボールをショートゴロ
杉谷選手は、bbsbsでボールカウント3-2から
154km/hのボールを強振し、セカンド左へ強いあたりが飛びますが、
安達選手が逆シングルで捌きます。
野村選手は、sfbfbでボールカウント2-2からの
140km/hのボールを空振り三振で、14球で三凡です。


CLAP your HANDSがあって、
9回表 バファローズの攻撃
ファイターズは、石川直也選手をマウンドにおくります。
先頭宗選手は、ボールカウント0-2から
133km/hの変化球を空振り三振
若月選手は、ffbbでボールカウント2-2から
遅いストレートにボテボテの内野ゴロ
これを野村選手がランニングキャッチをして投げますが
若月選手の足がまさって、内野安打。
杉本選手は、bsbbでボールカウント3-1から
150km/hの低めのストレートをレフトへ弾き返して、 1,2塁
杉本選手には代走の小田選手がおくられます。
続く福田選手は、bssでボールカウント1-2から
135km/hのワンバウンドした変化球を空振り三振し
2アウトまでこぎつけますが、
安達選手は、bsbbでボールカウント3-1から
134km/hのボールを見送ってフォアボール満塁
ここで、主砲の吉田正選手。
マウンドに集まる内野陣です。
bssbでボールカウント2-2から、
134km/hの変化球をライトに運び、この打球が
前進守備をとっていたライトの頭上を越えて
走者一掃となるタイムリーツーベースになります。
吉田選手には、代走の宜保選手がおくられて、
バッターは中川圭選手。fbでボールカウント1-1から
148km/hのボールを打ち上げて、ガリガリの
野村選手の声が響いて、サードフライでチェンジす。



ファイターズガールが逆転サヨナラを煽る中、
9回裏 ファイターズの攻撃
バファローズは代走ででた小田選手がそのままライトにはいって、
マウンドには、セーブシチュエーションではないですが
守護神平野選手をおくります。
先頭近藤選手は、fbbfbでボールカウント3-2から
134km/hの低めの変化球をうまく掬いますが、
レフトフライ。
上川畑選手は、fsでボールカウント0-2から
140km/hのボールを逆方向へ
当てるだけのバッティングでサードゴロ
清宮選手は、初球147km/hのボールを打ち上げて
セカンドフライでゲームセットです。

バファローズは初回と9回の攻撃で勝負をキメた感じですし、
2番手で登板した黒木選手が勝利投手になりますが、
4年ぶりの勝利だそうです。おめでとうございます。

ファイターズは、先発杉浦選手の初回と
石川選手が誤算でしたかね。


そんなことを考えながら、ドームをあとにします。

出口のところでドームにむかって、
野球の神様に二礼二拍手一礼

今日の面白いゲームのお礼と、今後のカープの勝利
さらにこれからも野球が無事開催されるようにお願いしてから

福住駅まで徒歩で移動。この道を歩くこともあと何度なんだろう
などと思ったりしながら、17:56分発、栄町行きの東豊線に乗って豊水すすきのへ。
宿に戻って、洗濯したり、「孤独のグルメ」を見たりしてから、
宿の向かいにある、「もぐら」さんで、美味しい味噌ラーメンをいただいてから
再び宿にもどって、鎌倉殿にそなえたのでしたZzz


7/3(SUN)ファイターズvsバファローズ@札幌ドーム
Bs 7 - 3 F

勝利投手 バファローズ 黒木 (1勝2敗1S)
敗戦投手 ファイターズ 杉浦 (3勝6敗0S)
本塁打 ファイターズ 清宮 8号(7回裏ソロ)

観客数 14,240人 試合時間 3時間31分






ということで (´・ω・)ノシ
昨日から、札幌市中央区某所に隠棲中。

朝食を終えて、身を浄めて、はらペコって、どんぶらってから
着替えも済ませたというところで、
これから札ドである、バファローズ戦のために動きます。

本当ならば急遽由宇に飛んで、
秋山選手の勇姿の一つも見たかったところですが、
当ブログでも報告したとおり、
先週は、九州とハマスタをハシゴ。
来週の土日はお仕事ですが、その代休となった平日に
未だ訪問したことない豊橋市民球場のゲームがあったので、
チケットを確保して愛知遠征決定。
さらにその週末は東京ドームでのカープ戦と、遠征が続くので、
この週末は落ち着いて地元の高校野球でも見よう
と思ったところ、
ご贔屓が負けてしまったので、それもなし。

と、いうことでダメ元でロッピーを操作したら、
あっさり入手できたので、
今年初の札幌ドームでのゲーム観戦にしました。

しかも、参議院議員選挙です。
4月1日付で引っ越したので、現在の居住地で投票ができず。
投票日は前述通りお仕事なので投票に行くことができない。
ならば、前の住所で期日前投票をしよう。

あと、散髪もしていないし

なんてことをまとめて処理する週末にしました。




前日は、お仕事が少し伸びたので、18時に地元を出まして、
HBCラジオファイターズナイターの、
ガンちゃんヤマちゃんコンビの実況を聞きながらのドライブです。

国道235号線・237号線の重複区間を走ります。
大狩部牧場のところで裏道に入って、日高厚賀インターへ
ここから日高道にのって、さらに苫小牧東インターから
道央道で、まずは輪厚パーキング。
手前で、北広島・札幌南間で事故の知らせがあります。

輪厚パーキングのレストランで夕食のゲソ丼をいただいて、お腹を満たしてから
高速へもどると、事故のあとしまつは終わった様子。
そのまま札幌南インターで降りて。南郷通などを通って、
中央区某所の宿へ。

こちらは、新型コロナ宿だったのでしばらく泊まれませんでしたが、
その間、リニューアルしたみたいで、1Fのレイアウトとかがかわってます。
1Fに新しく客室もできてます。

と、いうことで、自室に入ってジャイアンツvsカープ戦で
カープが勝利する様子とか
まちカドまぞくの最終回とか見ながら、この日はZzz。


翌朝は5時15分に起床して、
NHKの「うまい!」とかみながら、しばしぼーっとします。
その後、「おはよう日本」を少しだけみてから6:35分に外出。
1Fは朝食のよい香りが満ちています。

NHKラジオR1の「マイあさ」を聞きながら石狩街道を北上してから、
札幌北ICで札樽道に乗って、そのまま小樽インターへ。
フェリー乗り場近くの「なか卯」さんで、
納豆朝食に牛小鉢をつけて、ご機嫌な朝食です。
そして、理容店へ。「マイあさ」は、「週末歴史散歩」のコーナーで、
ペリー荻野さんが、後白河法皇の話をしてます。
久々です、このコーナーでペリーさんの声をきくの。
そして、理容店へ。こちらは8時開店と書かれていますが、
実は7時台から営業しているのがいいところ。

とはいえ、行ったら開店15分前なのに、すでに駐車場には
4台車が止まっています。
ま、こういうこともあります。
結局8時20分に散髪を終了。

このあとは、STVラジオ「ごきげんようじ」を聞きながら
国道393号線のドライブです。この道は3ヶ月以上ぶりに走ります。
そんな久々の毛無峠とか、継立トンネルを通って、
倶知安には9時30分に到着。
新しくなった役場庁舎の3階が期日前投票の会場なので
そちらで投票をすませてから1Fに降りると、
役場につとめている知人にあいます。
久しぶりなので挨拶と近況をかわしてから
このあとの予定があるのでわかれて、札幌をめざします。

国道276号線を走って喜茂別へ。
喜茂別町内では裏道をはしってから230号線に出ます。
ここらへんを走るのも3ヶ月ぶりです。

峠の上は濃霧でしたが、これはSTVの交通情報で言われていたので
予期していました。
そして、230号線の何箇所かで道路拡張工事が行われてるのをみながら
札幌に戻ってまいりました。
11時20分に宿に戻ってきたので、そちらで
バファローズのTシャツに着替えてから出陣です。

宿近くの豊水すすきの駅で
11:28分初の東豊線、福住行きに乗ります。
ユニの人やグッズを持っている人が流石に多いです。

11:38分に福住駅着。徒歩でドームを目指します。

地上に出たところで、ビルごしにドームが見えますし、
人並み越しに次第に近づいてくるところは
やはり、テンションがあがります。

そして、エスカレーターであがってから、
ドームにむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に、横浜スタジアムでカープが勝ったお礼と
この日のゲームが面白くなるように。
そして、今年度のプロ野球が無事完走できますように
お祈りします。

この日はライト側指定席なので南ゲートを目指して
いったんドームの中に入ったりします。
到着したのが開場5分前、すでに長い列ができているので
そちらに並びます。というか、階段の上のドームのすぐ横まで列が伸びています。
四列でお並びくださいとのアナウンスが流れる中、
定時に列が動き出します。が、列が動いたり、とまったりとすんなり入場できません。
ようやく並び始めて25分くらいのところで、
検温と消毒と手荷物検査を終えて入場。

入り口のところで、この日はレディースデイなので、
女子限定でレプリカユニの配布をしてますが、そんなのを横目に中へ。
すでに列のできている飲食店もあります。
そして、席についたら12:20です。
この日の座席は、ライト側外野指定席。
アルキタのボールのすぐ近くですが、
バファローズのビジター応援席よりは少々遠く、
バファローズTシャツが浮いています。

一週間前くらいにチケットを買ったにも関わらず、
前から8列目。通路から中の席ではありますが、好席です。

席を確認したので、昼食をゲットに行きます。

まずはぐるっと外周を一周しますが、どこの店舗にも
列ができています。
前回訪問したときに「銀だこ」さんに列ができていて
ビッくりした旨書きましたが、今日は、プリンスホテルさんにも
ケンタッキーさんにも、モスバーガーさんにも
それぞ列ができています。すげーな。

さらに、レプリカユニのネーム入れコーナーとか、
縁日のコーナーとか、とにかくいたるところに列ができていて、
ゲーム開始1時間30分前とは思えない賑わいです。

翌日主食にするものの目星もたったので、
本日の目的地である「頑固オヤジのカレー」さんですが、
こちらの行列が本日目にした最長の行列です。
とはいえ、ここで食べると決めたので大人しく並びます。

そして、並ぶこと30分にして、店舗横のメニューが見えますが
そこには、選手プロデュースカレーは準備中とのこと。
ま、近藤選手の8き肉カレーは以前食べたことあったので
いいのですが…

さらに5分並んで、番が来たのでチーズカレーを注文します。

そして、さらに出来上がりを5分待ってから、カレーを受け取ります。

こちらでは結構な頻度でカレーを買っていますが、
ここまで待つのははじめてですし、
球場飯で40分待ちって、他の球場でもないですね。
球場入場のところでも時間がかかっていましたし、
来年がないとはいえ、少しなんだかなー、って思いました。

で、せっかくの札ドなので、サッポロクラッシックの生でも飲もうと思ったのですが、
こちらのワゴンにも長蛇の列。
と、いうことでビールはあきらめて自席に戻ります。

ま、自席に来てくれるかもしれないし、

(と、思ったのですが、サッポロクラッシックはおろか
カレーを食べている間は、一切売り子さんは来ませんでした。)

あと、カレー待っているときに気がついたのですが、
ホットドックパークは営業してませんでした。
前回来たときなかった、
3Fに上がるところとかに、掲示がされていました。

と、13:20分にスタメン発表です。
カレーを食べながら聞きます。

先攻バファローズは1番(中)福田 、2番(二)大城 、3番(三)宗 、4番(指)吉田正 、5番(左)中川圭
6番(一)マッカーシー 、7番(右)杉本 、8番(捕)若月 、9番(遊)紅林
先発は山本由伸選手です。

後攻ファイターズは1番(二)石井 、2番(中)近藤 、3番(三)野村 、4番(右)松本剛 、5番(一)清宮
6番(指)ヌニエス 、7番(左)アルカンタラ 、8番(捕)宇佐見 、9番(遊)谷内
先発は伊藤大海 選手です。

と、このタイミングでカレー食べ終わりました。
やっぱりカレーはさいこーだなー。

40分、スタジアムDJのSATORUさんが登場
「選ばれたものだ〜れだ」があってから、
今日、FIGHTERS GIRLS SERIES 2022関連で、サンリオキャラクターの
ミニステージがあるのですが、
そこに出演するキャラが登場して、
ファーストピッチセレモニーをします。
ピッチャーがクロミちゃん、キャッチャーがシナモロール
バッターがキティーちゃん、ボールガールがリボンちゃんです。

て、ピッチャークロミちゃんって、どこのカープですか?
にしても、カープのクロミちゃんは元気でやってんですかね?

で、ファーストピッチセレモニーも無事終わり、
続いて手越祐也さんが登場して、「OVER YOU」を歌います。
このスペシャルライブがあるから、スタメン発表とかが
早まってました。

50分にファイターズガールと、ファイターズダンスアカデミーのちびっこが
わらわらと登場し、グランドいっぱいにひろがって
パフォーマンスをして
55分に記念品贈呈、メンバー表交換があって、
ファイターズの守備陣が守備位置ついてから、
ホクレンの副会長による始球式があってから、プレイボールです。



1回表 バファローズの攻撃
先頭福田選手、BSSから、
146km/hの外角低めいっぱいのストレートを見逃し三振。
大城選手が、BBSBから、
145km/hのワンバンする145km/hのボールを見送って
フォアボールで出塁しますが、
宗選手が、牽sからの
146km/hの内角高めのストレートを引っ張って
強いあたりを打ちますが、ファーストライナー。
清宮選手がそのままベースを踏んで、
飛びてていた大城選手もアウトで、11球でチェンジです。


鮭upがあってから
1回裏 ファイターズの攻撃
浪漫飛行に乗って、石井選手。
てっきり、石井つながりでこの曲を選んだんだと思ってましたが、
実家が米農家なので、米米CLUBの曲を選んだとか、
ファイターズナイターで知りました。
bbssでボールカウント2-2からの5球目
152km/hのボールを見逃し三振。
SHINeeのいつもの曲で登場した近藤選手は、
sbでボールカウント1-1からの3球目
153km/hのストレートをきれいにセンター前に弾き返します。
続く、ジェームス野村選手
fffでボールカウント0-2からの4球目
151km/hのストレートを右中間に運んで、
ワンバンでセンターがおさえて、1,3塁
ここで首位打者松本選手
ボールカウント0-1からの二球目をサードゴロ。
ただ、宗選手の送球が少しそれてセカンドが体勢を崩し、
1塁ランナーの野村選手はアウトになりますが、
ファーストへの送球が少し遅れて、松本選手はセーフの判定。
その間近藤選手が還っているので、先制点。おーい北海道で盛り上がります。
ここで、バファローズ中島監督がリクエスト
リプレー検証の映像が出ますが、ファイターズファンが盛り上がってます。
結局出てきた審判の両手が水平に上がり。
ゴロの間本塁に生還した近藤選手の得点が認められて
ふたたびおーい北海道が流れます。
銀河鉄道スリーナインで登場した清宮選手は、
ボールカウント0-1から、142km/hの変化球をひっかけて
ピッチャーゴロ。16球でチェンジですが、
不運な形で失点してしまう山本選手です。


bigbossチャンスがあってから、
2回表 バファローズの攻撃
先頭吉田正尚選手
ライトスタンドで、黄色いダンベルが揺れるなか
sbbsでボールカウント2-2から、147km/hの内角の球を
打ちあげてセンターフライ
中川圭選手は、sfでボールカウント0-2から
131km/hの変化球をセカンドゴロ
続く、前日の試合で気を吐いていたマッカーシー選手
sbbbでボールカウント3-1になったところで、
伊藤選手に拍手がおくられて、5球目
146km/hのボールをショートゴロ、ショートの前でイレギュラーして、
バウンドがかわりますが、谷内選手がジャンプしてキャッチ
そのままファーストにおくって13球で三凡です。


ファイターズガールのバズーカーがあって、札ドはバズーカー
復活したんですね。
2回裏 ファイターズの攻撃
先頭ヌニエス選手
bbsfでボールカウント2-2から
123km/hのワンバウンドした変化球を空振り三振
アルカンタラ選手も、sbsbbffと7球粘り、ボールカウント3-2から、
124km/hのワンバウンドした変化球を空振り三振
宇佐見選手は、ボールカウント0-1からの二球目
151km/hのストレートをショートの頭上をライナーで抜き、
ショートがとんでも届かずにレフト前ヒットで出ますが、
谷内選手が初球の120km/hの変化球をサードゴロにして
16球でチェンジです。


3回表 バファローズの攻撃
先頭ラオウ杉本選手
sbsbbでボールカウント3-2から、
129km/hのボールを見送って、
フォアボールで出塁
若月選手は、牽牽bから
146km/hのボールをバントの構えからバスターにかえて
セカンドゴロですが、結局送った形になって
ランナーは2塁
紅林選手は、初球の109km/hの変化球を
サードゴロ。ランナーは動けず。
福田選手は、初球の128km/hの変化球を
セカンドの右を抜くライト前ヒットで1,3塁
一打逆転のチャンスで大城選手
ssbfからの5球目で福田選手がスタートを切りますが、
大城選手はボールなので見送り、
ボールは二塁におくられて、さらにセカンドベース前で
スピードをおとす福田選手で、結局アウト。
サインミスにしても、これはなかなかないプレイです。


大正製薬ファイト一発があってから
3回裏 ファイターズの攻撃
先頭石井選手、
初球の141km/hのボールを右中間へ飛ばしますが、
私からのフェンスの死角になったところで、
ラオウ杉本選手がキャッチ。
ウオーニングゾーンまで飛んだんですかね。
にしても、杉本選手近いです。
近藤選手は、bbbssでボールカウント3-2から
125km/hの変化球に体勢を崩しながらあてますが、
セカンドゴロ
野村選手は、ボールカウント0-1から
124km/hの変化球を引っ掛けて
ショートゴロ。9球で初めての三凡です。


きつねダンスがあって、先程ミニライブを行った
手越祐也さんもピンクユニフォーム着て、耳をつけて
キレキレで踊っています。
終わったあとの拍手も大きいです。

4回表 バファローズの攻撃
先頭大城選手、ボールカウント0-1から
137km/hのボールを打ち上げて、
宗選手は、sbbbfでボールカウント3-2から
145km/hのボールを見送って、
フォアボールで出塁しますが、
吉田正選手は、ssbでボールカウント1-2からの
146km/hのボールをサードへのファウルフライ
中川圭選手は、ssbでボールカウント1-2からの
149km/hのボールを打ち上げてライトフライで
16球チェンジです。


ファンファンビジョンがあってから
4回裏 ファイターズの攻撃
先頭松本選手は、初球の146km/hのストレートを
ファーストゴロ
清宮選手は、bsfでボールカウント1-2からの
152km/hのストレートを空振りし三振
ヌニエス選手も、bsbfbでボールカウント3-2からの
153km/hのストレートを空振りし三振
11球で三凡です。


happy anuiversaryがあってから
5回表 バファローズの攻撃
先頭マッカーシー選手は、bsbffでボールカウント2-2から
146km/hのストレートを空振り三振
杉本選手は、ボールカウント0-2から
147km/hのストリートを空振り三振
若月選手は、bsbでボールカウント2-1から
111km/hの変化球を体勢崩して打ち上げて
センターフライ。13球で三凡です。


5回裏 ファイターズの攻撃
先頭アルカンタラ選手は、ssbでボールカウント1-2から
122km/hの沈む変化球を見逃し三振。
ここで、ビジョンのカウントは2-2になってました。
宇佐見選手は、初球の143km/hのボールを
ショートゴロ
谷内選手は、ボールカウント1-0からの
148km/hの外角球を打ち上げて、セカンドフライ
7球で三凡です。
ここらへん、ゲームはサクサクすすんでいます。


YMCAで、ファイターズガールと、ダンスアカデミーの大所帯が登場
ダンスで盛り上がってから、明日の予告先発。
ファイターズは杉浦選手、バファローズは山崎福也選手です。
さらに他球場の途中経過。
ズムスタでは、森下選手と菅野選手の投げあいが続き0-0です。

この時点で時刻は15:23分。サクサクとゲームがすすみ
6回表 バファローズの攻撃
先頭紅林選手 ssでボールカウント0-2から
129km/hの外角低めのボールを打ち上げてライトフライ
福田選手は、初球の144km/hのボールを
センター前にきれいに弾き返しまして、出塁。
福田選手、マルチヒットです。
続く大城選手
牽制を挟んで、bbbでボールカウント3-0から、
145km/hのボールを見送り出塁で1.2塁
ここでマウンドにいく宇佐見選手です。
ここからバファローズはクリンナップ。
ライトスタンドのビジターエリアでは
タオルダンスで盛り上がります。
宗選手は、ボールカウント1-0からの
145km/hの内角高めのボールを鋭く弾き返しますが
セカンドライナー。福田選手はすぐにベースに戻ります。
さらに吉田正選手、ボールカウント0-1からの
146km/hの外角低めのストレートを打ちますが、
レフトフライで、12球でチェンジです。


真剣♪じゃんけん♪SHO HIN KEN♪があってから
6回裏 ファイターズの攻撃
先頭石井選手、ボールカウント0-2から
124km/hの変化球にタイミングがあわず空振り三振
続く、近藤選手は、初球の148km/hのボールを
ピッチャー返し、由伸選手のグラブにはとどかず
そのままゴロで二遊間をぬいてセンター前ヒットです。
ジェームス野村選手は、ボールカウント0-1から
143km/hのボールを打ち上げてレフトフライで2アウト
松本選手の打席、ボールカウント1-0からの2級目で
近藤選手が盗塁を成功。場内にジンギスカンが流れて盛り上がります。
さらに、bfでボールカウント1-2の4球目138km/hの変化球を
左中間に運んで、レフトがおさえて1,3塁
続く清宮選手は、I Was Born To Love You に乗せて登場。
思わずキヨジャンプが起きそうな札幌ドームの外野席です。
牽fb牽からのボールカウント1-1からの3球目で
松本選手がスタートをきります。
セカンドベース手前でわざと減速して、
キャッチャーの送球を誘うなど芸が細かいですがキャッチャーは投げず
盗塁成功で2,3塁
その後、bsfでボールカウント3-2から
147km/hのフォークを見送ってフォアボールで出塁し満塁
マウンドに内野陣とコーチが集まります。
ここで、この日ノーヒットのヌニエス選手に
上川畑選手が代打に送られます。
とボールカウント2-0のタイミングで、
大城選手がマウンドそばまで行って声をかけます。
上川畑選手は、続く、153km/hのボールを強振し
引っ張りますが、ライナー性の打球はジャンプして
手をのばすファーストのグラブの上
そのままボールはライトへてんてん
近藤選手、松本選手が還って、ファイターズ追加点です。
なおもランナー2.3塁
アルカンタラ選手は、ssbbbでボールカウント3-2ですが、
126km/hの変化球を空振り三振でチェンジです。
ファイターズにとっては念願の追加点、
バファローズにとっては、チャンスのあとにピンチありを
体現するイニングにしてしまいました。


SKYがあって、ファンの掲げるボードで、
この日が田口コーチの誕生日であることを知りますww
7回 バファローズのラッキーセブンです。
ファイターズは代打の上川畑選手がそのままDHに入り、
さらにアルカンタラ選手にかえて、レフト淺間選手です。
先頭中川圭選手。ボールカウント0-1から
137km/hの沈む変化球を打ち上げてセンターフライ
マッカーシー選手は、bssでボールカウント1-2から
145km/hのインコースのボールをライトフライ
杉本選手は、ボールカウント1-0から、
146km/hのボールを三遊間のゴロですが、
野村選手が軽快に捌いてランニングスロー、
8球で三凡です。
追加点を与えたあとのこのあっさり攻撃です。


だーれがな☓すーかー♪と専務verの
ファイターズ賛歌があってから
7回裏 ファイターズのラッキーセブン
先頭宇佐見選手 fbbでボールカウント2-1から
144km/hのボールを強振。
ボールがぐんぐん近づいてきて、すぐ横の巨大ボールの
奥に飛び込むホームランです。
続く谷内選手は、ボールカウント0-2から
120km/hの変化球をショートゴロで、
紅林選手がランニングスロー。
石井選手は、ボールカウント0-1から
120km/hの変化球を引っ張って
ライト前ヒットで出塁
本日マルチヒットの近藤選手に対しては
sb牽で、ボールカウント1-1から
143km/hのボールをセンターフライ
野村選手は、bsでボールカウント1-1から
149km/hのボールを強振し、ボールがどんどん近づいてきますが、
目の前でフェンスに当たった様子。
福田選手から中継でサードへもどしますが、
その間、石井選手が還って、だめ押しの追加点
さらに野村選手は二塁にすすみます。
バファローズは、マウンドにコーチが向かい
ピッチャー交代。K-鈴木選手がマウンドに上がります。
山本選手は、6回2/3 100球 8奪三振がありながらも、9安打 1四球で
ファイターズ戦自己最悪の5失点という結果でした。
松本選手は、bsbsでボールカウント2-2から
153km/hのストレートを空振り三振でチェンジです。


宇佐見選手と野村選手に拍手が送られて、野村選手は帽子をとって一礼して応えます
8回表 バファローズの攻撃
先頭若月選手、ボールカウント0-1から
126km/hのボールを引っ掛けてセカンドゴロ
紅林選手は、ボールカウント1-0から、
126km/hのボールをレフト左へのツーベース
ここで、本日二安打の福田選手ですが、
bffbbでボールカウント3-2から
147km/hの高めのストレートを打ちあげて
大城選手にかえて、T-岡田選手がおくられて
ライトスタンドがもりあがりますが、
bsbでボールカウント2-1から
146km/hの高めのボールを打ち明けげて
センターフライでチェンジです。

ここで、本日の来場者が30223人だと発表されます。
今シーズン最多の入場者数です。
8回裏 ファイターズの攻撃
バファローズ、マウンドに張奕選手を送ります。
さらに、代打のT岡田選手がファーストに入って、
ファーストのマッカーシー選手がレフト、レフトの中川圭選手がセンター
センターの福田選手がセカンドにはいります。
先頭清宮選手。登場曲が999に戻ってます。
初球の151km/hを強振、引っ張って
強いあたりになりますが、T岡田選手の正面。
捕球して、そのままファースベースに入って1アウト
上川畑選手は、sbsでボールカウント1-2から
152km/hのボールを見逃し三振
淺間選手は、ffbでボールカウント1-2から
144km/hの低めの変化球を打つもショートライナー
9球で三凡です。


9回表 バファローズの攻撃
先頭宗選手、bbsfでボールカウント2-2から
143km/hのストレートでつまらせてショートフライ
続く吉田正選手は、ボールカウント1-0から
145km/hのストレートをセンター前に弾き返して、出塁
代走に小田選手です。
中川圭選手が、sbsでボールカウント1-2から
132km/hの変化球を空振り三振
マッカーシー選手は、ボールカウント2-0から
145km/hのボールを逆方向へ強いあたりを飛ばして、
レフトオーバーフェンス直撃のツーベースで2,3塁
ファイターズは、コーチがマウンドへむかい、
内野手もマウンドに集まります。
ここで杉本選手に代打安達選手がおくられます。
bsでボールカウント1-1から、147km/hのボールをセカンドゴロで
ゲームセットです。

伊藤選手は、119球被安打5与四球4ながらも、奪三振4で無失点
完投完封です。
インタビューでは、「山本選手に勝つには完封しかない」
と語ったそうですが、先日の千賀選手との投げ合いといい、
エース級相手のピッチングは特にキレがよくなる印象です。

ちなみに、バファローズは
2022年札幌ドームでの勝ち越しの可能性が消滅して、
2002年から21年連続札幌ドーム勝ち越しなし。
2004年の日本ハム本拠地移転から1度も札幌ドームでのシーズン勝ち越しなしが
確定したそうです。

この後、勝者のセレモニーで盛り上がるなか、
ドームをあとにします。

出口のところでドームにむかって、
野球の神様に二礼二拍手一礼

今日の面白いゲームのお礼と、遠い土地でおこな分けているカープの勝利
さらにこれからも野球が無事開催されるようにお願いしてから
福住駅まで徒歩で移動して、17:05分発、栄町行きの東豊線に乗ってさっぽろへ。
こちらで、ハンズ・三省堂でお買い物をしてから、
最初は豚丼チャーハンを食べるつもりでしたが、
18時閉店ということで、コロンボさんのカレーも惹かれましたが、
昼がカレーだったので、結局「餃子とビールは文化です!」の看板にヤられて
近くのダンダダンさんで、スタジアムで飲めなかった生ビールで
餃子と麻婆豆腐で夕食です。ごちそうさまでした。

そのまま地下鉄ですすきのにもどって宿についたら、
ブラタモリの時間でしたが、軽くお酒がまわっていたせいか、
見ながらヲちてしまって
起きたら神クズアイドルの時間だったので、
そのままナナニジ・リコリス・くのいちつばきあたりを
堪能してからヲちたのでしたZzz






7/2(SAT) ファイターズvsバファローズ @札幌ドーム

Bs 0 - 5 F
勝利投手 ファイターズ 伊藤 (6勝6敗0S)
敗戦投手 バファローズ 山本 (8勝4敗0S)

本塁打 ファイターズ 宇佐見 4号(7回裏ソロ)

観客数 30,223人 試合時間 2時間39分






ということで (´・ω・)ノシ
2022.07.02 そこ笑わない!
今日、由宇の、ウエスタン・リーグ、カープvsドラゴンズ戦は、
1160人、入場者があったそうです。

それは、秋山翔吾選手が、カープ実戦デビューの日だったからです。
スタメン三番レフトで、
初打席は1回裏カープの攻撃。
ドラゴンズの先発左腕橋本選手との対戦で
1ボールからの141km/hの外角直球を弾き返し、
左中間を深々と破り、ワンバンでフェンスに当てるツーベースで、
フォアボールで出塁した、広輔選手をホームへ還す
タイムリーとなりました。
さらに、5番長野選手の打席のときのワイルドピッチで三塁に進塁し、
センター前ヒットで、自身もホームを踏んで、
この回の2点すべてに絡む活躍です。

それにしても、1番田中広輔、3番秋山翔吾、5番長野久義って、
すごい豪華なメンツですし、こうやって結果を出すところもすごいです。

二打席目は三回裏、1アウトランナー1塁から
フォアボールを選んで出塁します。
さらに長野選手がレフト前ヒットで満塁になりますが、
6番の林選手がセカンドゴロでこの回は特典ならず。

そして、5回表のドラゴンズの攻撃のときに
正随選手と交代で、この日は終了です。

ドラゴンズが、6回ブライト選手のホームランで
同点に追いついたので、勝利打点とはなりませんでしたが、
6回裏で、ヒット出でた長野選手を木下選手がタイムリーヒットで還したのが
決勝点となってカープが勝利。
打つ方は、「しっかりとつかまえられた」
守備では、ドラゴンズの平田選手の、レフト前ヒットの処理。
この日をまとめて、
「3打席、4打席立って、9イニング出たときに次の日の体調や疲れも出てくる。
イニングを伸ばして、調整していきたい。
けがなく終わったので、第1段階としてはよかった」と評価しました。

今日、ファンが集まったことについても、
「期待もされていると思う。またいいプレーが見せられるようにやりたい」
と感謝を口にしたそうです。

良いデビュー戦となりました。

佐々岡監督も「さすがの打撃」と安打を評価した上で
「走攻守そろった選手。1カ月近く(試合を)できていないので、
走攻守ができた中でGOサインが出るんじゃないか」
と時間をかけて調整させる方針を示しました。

秋山選手は、6/16に、パドレス参加3Aエルパソチワワズを対談し、
19日に日本球界復帰を決断し、20日に帰国。
22日にライオンズと交渉、23日にホークスと交渉をした後に、
24日にカープと交渉。
26日に入団決断の報告をして、27日に契約
30日に入団会見をしてから、練習に合流と、
ここ2週間で激動の動きをしていました

が最初の一週間は、普通によそのチームのこととして捉えていました。

が、26日深夜の新聞報道。
最初は飛ばしだと思っていたのですが、翌日カープ球団から正式発表があって、
今日に至るという感じです。

入団交渉にあたった鈴木本部長は、
『えっ、マジ!?って言ってしまった。
(頭が)真っ白になってしまって、
どう降りて、どう改札に入ったのか覚えていない。
弁当を買い間違えたかな』のリアクションです。

佐々岡監督も似たようなリアクションでしたし、

それは、ファンもそうですよ。

それにしても、今回のことで、また鈴木球団本部長有能伝説が増えました。

日米通算2000安打について、鈴木本部長との交渉の中で話題となり
「フロントの方からそういう言葉が出てきたことがうれしかった」と
秋山選手が語りまして、これが決めての一つになったようです。

秋山選手は、ライオンズ時代に1405安打をマークし、
メジャーでは2シーズンで71安打。
2000本まであと524本に迫っています。

さらに、この日の会見前には松田オーナーから
「ボロボロになっても2000本を打ってくれ」との言葉をもらい、
秋山選手は「チームを強くする責任のある人たちが、
個人の記録を気にして言ってくれるのは選手にとって幸せなこと。ありがたい」
と語ったとのこと。

ここがポイントとしてデカかったのでしょう。

ちなみに、鈴木本部長は、タイガースを退団した
新井さんの復活にも一役買ってますが、
そのときも。
鈴「帰ってこい」
新「どの面下げて帰ればいいんですか」
鈴「あんた、ワシの言うこと聞かんで出ていったんやから、
  今度くらいはワシの言うこと聞け。ええから、帰ってこい。大丈夫じゃ」
というやり取りがあったとか。

さらに、27日、ニッポン放送の番組「ナイツ ザ・ラジオショー」で、
秋山選手と懇意にしているナイツ・塙宣之さんが語ったところによると、
秋山は広島入りを発表する前、塙さん宛てにこんな内容のLINEを送ってきたそうです。

どこの球団に行くとは言わず、
「決めさせてもらいました。巨人を苦しめることになります」という内容の文面で、
巨人ファンの塙さんは「ソフトバンクに行く」という意味だと思ったそうですが、
カープ入りの報道を聞いて「巨人と同じセ・リーグで戦う」という意味だったと知り、
驚いたそうです。

球辞苑の出演を通じてそこまで仲良くなっていたとは。

さらに塙さんは、
會澤選手、菊池選手の存在もあげました。
翼選手は、同学年で、菊池選手は1学年下。
侍ジャパンで戦った仲で、菊池選手がイジる様子が
ニュースで報道されていました。

だから、カープの選手と合流したときに、
「秋山です。よろしくお願いします」
「“アキ”と呼んでください。よろしくお願いします」といったときに
「そこ、笑わない」と逆に菊池選手をイジっていました。

菊池選手といえば、いろんな選手をイジるのが真骨頂。
古くは、野間選手の登場曲を「恋のマイアヒ」に勝手に変えたりとか、
先日ヒーローインタビューをうけた羽月選手が
たまの知久寿焼さんのような髪型で登場しましたが、
それも「菊池がやらせたんじゃないか」ともっぱらの噂
新井さんや松山選手など年上の選手もイジるところもおくしない。

と、いうことで、侍ジャパン時代のような仲良しっぷりがまた
見られるのかというのも楽しみです。


あと、
前田健太選手も秋山選手とは同学年の親友で、
28日、さっそく自身のインスタグラムに、こんな投稿を寄せました。

『アメリカで対戦出来なくなったのは寂しいけど新しくプレーする環境が決まり嬉しい気持ちも。カープでアキの野球に取り組む姿勢や技術をたくさんの選手に伝えてほしい』

~前田健太 インスタグラム(2022年6月28日付、本人書き込みより)

この投稿には、ツインズの本拠地球場で撮った
秋山選手との2ショット写真が添えられていまして、
前田選手は、自分がカープ入団を後押ししたわけではない、
と語っていますが、彼も古巣カープへの愛は人一倍深く、
盟友の秋山が入団してくれたことは嬉しい出来事だったでしょう。

誠也選手もそんな投稿をしていました。


とはいえ、
ライオンズのファンには、正直申し訳ない気持ちもあります。
黒田の件でなれてしまいましたけど、
マエケンが、セイヤが他所のチームへ…と考えたら辛いです。

が、こうなった。ということで、
ライオンズファンのぶんまで秋山選手の応援をするしかないです。


インタビューの一部をニュースで見ましたが、
背番号9、似合いますね。
カープの9は、緒方、○と、攻守巧打の選手の系譜ですので、
タカヨシはその次でええじゃろ。
これは、ユニもタオルも買わないと。
AKIYAMARU に改造可能って、しかも、写真とかSNSに上げている人もいますし。


ちなみに記者会見の一問一答で
 ―レッズでも赤いユニホームと「C」のロゴだった。
「どの球団から戻ってきても新しい環境でやる緊張感の方が強いので別物。
中央大とか智弁からカープに来ても環境は変わる」

というやり取りがあったそうで、
この切り返しもいい感じです。



そして、「歴史書」による、秋山選手歓迎の儀の
一部始終がこちらです。


「こんな真夜中にどこへ行くんね!?」
「広島駅じゃ。秋山がわしらの熱意をきいて夜行列車で広島に来るんじゃ!
 カープに入団するんじゃ!しっかり迎えてやらんとのう。」
「なにもこんな真夜中に行かんでも…」
「ばかたれっ。歓迎せんとわしの気持ちがゆるさんわい。」
「あきれた!」

…広島駅

…シュー シュー

「きたきた。秋山が来たぞ!」
「あんたこんな深夜にラッパを吹くのはやめんさい。他のお客の迷惑になるけえ。」
「うるへー!文句を抜かすとぶっ殺すぞ!
 あっ秋山じゃ!秋山がおるぞー!」
秋山 バ ン ザ ー イ ! バ ン ザ ー イ !
秋山ー!よう広島へきたのう!待っとったぞ!

歴史書。と言われてましたが、
このバンザーイバンザーイといい、
ユニの改造といい、
そういうのが好きなファンがいるチームなんですね。

改めて、このチームの気質好きです。







ということで (´・ω・)ノシ
先日のベイスターズvsカープ戦でいただいたものについてです。

ハマスタは、外装とか外野の通路などのリニューアルがあって、
ぐるっとまわるには、なかなか楽しい感じですが、
一周した感じでは、店舗はあまり変化がないです。

レフトウィング席の濱星樓さんくらいですかね。
こちらも気になっているのですが、
今回は別のお店へ。

むかったのが、1塁側BAY SIDE「ベイカラ」さんです。
ただし目的は唐揚げではなく、目玉チャーハンです。

と、ブースのところで、「目玉チャーハンはこちらでいいですか」と聞くと、
「売店裏に食券が売られていますので、まずそちらで
食券をご購入ください。」とのこと。

そちらにまわりますと、目玉チャーハンと、青星寮グリーンカレーの食券が
お隣で売られていて、両方とも、私がハマスタにいけなくなってから
デビューした新メニューなので、今回の候補のメニューでした。
正直迷います。

が、迷った時は両方買います。
球場メシは一期一会です。

ということで、食券を2枚購入。
まずは、こちらも1塁側ベイサイドにある「BLUE STAR HOTEL」さんのブース前にいって、
軽く人がいるので後ろに並んでから、食券を出してカレーを受け取ります。

カレー部分の底が熱いです。この熱さは頼もしいです。

さらに、「ベイカラ」さんのブースにもどってから、
食券と引き換えで、目玉チャーハンの長方形の箱状の容器を
いただきます。

主食系二品でニコニコです。ただ手がふさがっているので
飲み物は一旦パスです。

自席に戻ってまずは、カレーからいただきます。

こちらは2019年にデビューした球場メニューです。
横須賀市にあるベイスターズの若手選手寮「青星寮」で、
若手選手に大人気なメニューだそうです。

黒い楕円形で、ライス・カレー・ピクルスが入るところが区切られたプラ容器と
それを覆う透明なプラの蓋で、蓋にもおしゃれなロゴで
green curryと書かれています。

透明な蓋をとると瞬間広がるいい香りです。
ベースはココナツミルクの甘さがありながら、
ハーブやスパイスの刺激的な香りが混ざり、
これをかぐだけで、豊かな気分になれますし、
これだけで球場のカレーというカテゴリーを超えています。
さらにこれ、間違いないやつです。

ほの淡く緑がかった象牙色ベースの非透明系カレーは
スープっぽい感じで、表面には黄色っぽい脂の粒がウていてます。
そして、具がゴロゴロです。

ついてきた黒いプラスプーンで、カレーからいただきます。
これは美味しい。甘い食べ口は、香りとイメージ通りの
豊かなココナッツミルクのベースです。
このやさしくマイルドな甘さに、カレーのベースになっている、肉系の旨味とか
様々な具から出てくるコクがしっかりしていて、
濃い味の土台の上の甘い味が単純に甘いのではなく、
カレーの旨さの大切な要素として、いい感じで機能しています。
そんな旨みの複雑さをさらに盛り上げるのが、
ハーブの個性的な香りと味、
さらにはスパイスの刺激です。

このじわじわ効いてくるスパイスが、
食べ口の甘さとあいまって、さりげなく主張しています。

このさりげなく主張しているというところが大切。
それぞれ突出してないけど仕事をしている感。
だから、美味しいグリーンカレーを食べるたびに感じるのですが、
そんなに食べ慣れてる料理ではないくせに、
大昔から食べているかのような、家庭料理的な郷愁を感じる仕上がりです。

そして、ゴロゴロ入っている具ですが、
チキンは、1つ1つがそこまで大きくカットされているわけではないですが、
量はたっぷり。口に入れるとしっかりとしたヤワラカさと、
ジューシーさで、淡白ながらしっかりとした美味しさがある肉滴があふれてきて、
肉滴がスープのとろみに馴染みます。

シメジの独特な歯ごたえとともに、
軽く噛むだけで溢れてくる旨みの塊で、
パプリカの青い味と適度な歯触りがいい感じ。
たけのこのシャキシャキさも心地よいですし、
玉ねぎの甘さは、ココナツミルクとは別ベクトルの
甘さがいい感じです。

ここらへんの脇役も、それぞれメインをはれる逸材です。

そして受け止めるライスも、インデカ種の香り米で、
エスニックなカレーを食べる気分を盛り上げます。
ターメリックライスで食べさせる球場カレーはありますが、
インデカ米ってのは珍しいところです。

しかも、ピクルスも、定番の小さいキュウリだけでなく、
カリフラワーと人参のピクルスもあるところが
本当に芸が細かいです。
甘酢とそれぞれの具の組み合わせがいいなぁ。


球場カレーでグリーンカレーというと、
ペイペイドームのAsian Delikitchenさんをさきがけとして、
神宮とか東京ドームでも食べられるようになりましたが、

これはそれらのカレーより後発とはいえ、
味で一気に先頭ランナーまでいった感じ。
なんでもことらは、牧選手がお気に入りだそうですが、
気にいる気持ちよくわかります。

しかも、選手寮なら、これ食べ放題って、
うらやましすぎます。

やはり、カレーは素晴らしい。

「♪カレー街道まっしぐら!へい!インド!ミャンマー!タイ!スリランカ!!
ネパール!シンガポール!イギリス!日本!!
うれしい!たのしい!!おいしい!ハッピー!♪」
と、頭の中でフルーツタルトが歌いまくってます。


と、いうことでまずはグリーンカレー、ごちそうさまでした。


続いて、本日の目玉、目玉チャーハン(目玉だけにw)です。

四角い箱には、アメリカンテイストの黄身に顔が描かれた
目玉焼きの絵がポップです。
目玉チャーハンのロゴもいい感じです。
箱を開けると、半熟黄身が2個、黄色く輝く目玉焼きが
威風堂々です。
見た目だけでなく、葱などの香りもいいです。

ではまずチャーハンから。

しっとり系のチャーハンは、旨味がしっかりしていて、
塩分のバランスも丁度いいです。
応援したり汗かいたりするこの日としては
塩分が頼もしいです。さりげなくたっぷりはいっている
玉子のやさしい味との組み合わせはホッとできますし、
歯ごたえとか味に変化をつけている
刻まれたナルトとか、シャッキリした感触をのこした
香り高い葱とか、刻まれていてもしっかりわかる
肉の味に濃いタレの味のバランスが良いチャーシューと。
全体的に具のクオリティーも高いですし、
ふんわりただよう隠し味の紹興酒の香りがニクいです。
シンプルなチャーハンですが、
技とこだわりが見え隠れするところが
中華街の横のスタジアムでチャーハンを食べている
そんな気分が満たされます。

そして、本日の目玉は目玉焼きです。
黄身が2つあるので、1つ目はオーソドックスに崩してからいただきます。
とろっと流れ出した暖かめの黄身が、白身の上で
さらに温められて、味が深くなります。
これがチャーハンに混ざると、チャーハンの中に入ってる
玉子との相乗効果で濃く感じます。これはすごい。
そして、黄身だけに気を取られますが、
白身の厚みも頼もしいですし、ぷるんとするところもいいです。

チャーハンの具としての目玉焼きって
ありです。これは。

あー美味い美味いと食べススメていくうちに、
のこりわずかそして、目玉焼きの黄身がまるごとひとつ残っていますので、
ここは、如月食いです。
ということで、のこったチャーハンと目玉焼きの黄身を
一気に口の中に入れて噛み締めます。

ああ、この至福。最高ですか。

ということで、こちらもぺろりです。ごちそうさまでした。


ちなみに、こちらは、横浜スタジアムの関係者食堂で
30年以上前から多くの選手・関係者から愛されてきたメニューで、
多くの選手が目玉焼きをのせたことをきっかけに生まれたそうです。

三浦監督も、本日の始球式谷繁さんもお気に入り。
そんな情報を聞くと、ますます美味しく感じます。

青星寮カレーもそうですが選手が普段食べている味が
ファンの人も食べることができる。というのが、
選手を身近に感じられて嬉しい企画です。



さて、お腹はくちくなりましたが、気温30℃超のなか
汗がダラダラで、喉も乾いてきます。

ということで、自席から、売店に行く途中でチェックしていた、
「崎陽軒」さんの、横濱月餅アイスと、冷凍レモンハイボールを購入です。
崎陽軒さんの看板は、横浜駅とかで見るあれです。
さらにレンガっぽい外観が雰囲気ありまのす。

というわけで自席に戻って、まずはハイボール。
染みます。ハイボールのスッキリとした飲み口が
レモンによってさらに爽やかになります。
ハイボールに氷の代わりに冷凍レモンがゴロゴロはいっていて
氷が溶けて薄くならないところもいいです。
でも、のどが渇いているせいもあって、
これはスイスイいけて危険なやつです。

そして、月餅アイス。
「崎陽軒
 横濱月餅
 アイス」
と、モダンな書体でかかれている洒落たフタをとって、
さらに中蓋のビニールシートをはずすと、

本当に小さい月餅がまるごと一個、アイスの上に乗っている。

このシュールな絵面がまずはいいです。

で、本当にまるごと一個なのか
(セxンxレxンみたいに半分に切っているのを
あたかも一個まるごとのようにディスプレーをしていないか)を確認するために、
月餅を割りますと、
これが柔らかいです。
アイスの上なので硬いことを予想していましたが、
スッとスプーンがはいります。
そして、アイスの接地面にも皮がある。
まるごと一個入ってます。

ではまずは月餅からいただきますと、
美味しい月餅です。しっかりとゴマの香りがする餡が
たっぷりはいっていて、その周囲には
バターの香りがする皮がいい感じ。
このバランスがまずはいいです。

アイスはアイスでさっぱりとした食べ口ながらも
まろやかでコクのある味。
食べる感じ、乳脂肪分が多そうなコクがありながらも
アイスクリンに通じるさっぱりさを両立させているのが、いい感じです。
これはアイスだけ食べても美味しいやつです。

ただ、ここに月餅があるんです。
一緒に食べると、これは、美味しい。
ゴマ風味のこし餡とアイスの組み合わせっていいですね。
和風アイスがツボな身としては、
旨いことは予期できていましたが、
予想を上回る旨さです。

バター風味のサックリとした皮も
アイスの中でいい味を出していますし、
3つ同時に口の中に入ったときの愉悦といったら。

たまりません。

冷凍レモンハイボールも、スッキリとした味で
アイスで甘くなった口がレモンの酸味が爽やかになります。

これは、いい組み合わせです。
さすがの崎陽軒さん。

ただ、この日は前述通り30℃超なので、
さっさと食べなければ溶けてしまうというのと、戦いながら、
ごちそうさまでした。


まだまだ食べ尽くせないです。ハマスタ。

今年中にまた来たいです。







ということで (´・ω・)ノシ